超劇場版3見てきたよ!

2008年03月02日 23:17

 今日は朝起きるなり娘にせがまれて、公開二日目の超劇場版ケロロ軍曹3を見てきました!
 家を出たのが開始30前とかなり凶悪な状態です(笑)

 前回たまごっちの映画を見た時に今回の映画の前売り券を買っていたので、チケットに関しては不安無し。劇場も同じ109シネマズを選びました。

 さて、今日が公開二日目とあって、子供中心にかなり混んでます。ただ、満席までは行きません。それでも行ったのが遅かったせいか、前から3列目の右端と、なかなか辛い位置となりました。
(ライブだったら喜んだだんけどなあ)

 で、まず感想。
 おもしろかった! もう1回見たい! 以上!

 いや、そうでなくて。
 詳しい感想はネタバレになるので下に隠して書くとして、話自体はかなりシリアス調でなおかつハデと僕はかなり好きな部類です。それに、ギロ夏描写も多かったし、ドロ雪が好きな人にも、ケロモアな人にも見所たくさんです。
 今回のテーマは「信頼」と言うことだそうで、「友情」「家族」と来た映画版もこれにて一通りテーマが回った感じです。

 とにかくね、戦闘がハデですごくよかったのです。
 今回もガンダムのパロが随所にあってね。
 本当に笑ってしまいましたよ!

 あとね、ギロロとドロロが格好良かった!
 初めてケロロがまじめに戦ってるところ見たし!

 ま、見えるところで書けるのはこれくらいなので、あとは下のネタバレで。

 ほんと、面白かったですよ。
 もう1回見たいなあ。

 え? 武者ケロ? うん、おもしろかったよ、これも。


 で、映画とは全く関係ない絵を投下(笑)
g67202.jpg

パワード夏美描こうと思ったんだけどね、僕のつたない技術ではまだ無理でした(時間もなかったし)。
で、制服+パワード夏美のシールド+飛行ユニットなんていうトンデモ状態(いや、僕はこれが好きなんだけど)になってます(笑)


 以下、ネタバレですので、見たくない人は回れ~耳っ!
 それでは、ネタバレ込みで始めましょうか。

 まず結論からですが、今回、超劇場版1と同じ、物語の元凶はケロロです(笑)

「信頼」というのがテーマだけあって、ケロン人と各パートナーとの繋がりがものすごく強調されています。だからこそ、ものすごく見応えがあって。
 ギロ夏信奉者から言わせてもらえば、今回ものすごくギロロに見応えがありました。
 新キャラのドルルはかつて訓練所時代にギロロと因縁がある相手。ギロロから理性を外した破壊魔です。ギロロがドルルに敵わないのではと悩んでいるシーンは本当によかったです。声をかけながらそれに気づかない夏美と、夏美に声をかけられたことによって、決意を新たにするギロロとか。
 そして、ギロ夏的にもっとも見応えがあるのが最後の戦闘シーン。
 ケロロがダークケロロと、タママと桃華がシヴァヴァと戦っている間、ギロロと夏美はドルルと戦います。その最中、ドルルの攻撃で夏美が負傷してしまいます。そこで場面変わって、しばらくギロロと夏美から画面は離れますが、画面が戻ってくると夏美は気丈にも「かすり傷よ」と。ギロロは「離れていろ」と言い残してドルルの元へ。『許すことはできない…。夏美を守れなかった、俺自身を!!』と言いながら、ギロロの目は光彩が灰色に変わる戦闘モードへ移行していきます。
 このシーンがすごく格好良かった!!
 改めてギロロに惚れ直しましたよ!(二次創作的に)
 そのあと、ドルルに突撃しながら、ギロロは全ての武器を破壊されます。丸腰の状態でドルルの大型ライフルにロックオンされた絶体絶命のピンチを救ったのは夏美でした。ギロロから借りていたサバイバルナイフをギロロに投げ、ギロロはそれでドルルの兵器を破壊し、ドルルを倒します。
 このあと、ギロロが「離れていろと言っただろう!」と怒りながらも、夏美にホッとした表情を見せられ、素直に謝るシーンも見物ですよ~!
 本当、ギロ夏的にはホクホクな映画でした。
 最近かなり枯渇してたから。

 あとね、ケロロが今回はかなりイイです。
 まじめに戦ってる姿、初めて見ました。
 二次創作的な捏造では結構あるんだけど、映像で見られるとは思わなかったなあ(笑)
 それに、ガンプラにナノラを振りかけて作った「1/1RX-78-2ガンダム」に乗ってダークケロロの宮殿に突撃する姿は、もう、ガンダムのパロだらけ! 曲は「翔べ!ガンダム」がかかるし、左腕と頭部破壊されたガンダム(もちろんガンプラなので、首の丸形ジョイントが露出した状態です)で上の階にいるダークケロロに向かって「ラストシューティング」とまったく同じポーズでビームライフルを撃つし、そのあと破壊されたガンプラからはコアファイターが飛び出してくるし! このシーン、笑ったなあ。
 それに、ケロロロボとダークケロロロボとの肉弾戦も見応えありました。
 今回は戦闘シーンが本当にイイです。
 ハデだし、全員活躍の場所がある(劇場で見たから画面も大きいし、音響もイイし)。
 本当にいい物見せていただきました。

 それと、今回クルル&サブローコンビがかなり活躍してくれます。クルル格好いいよ~!「24時」以来の本気モード見せていただきました。サブローも重要な役割を担ってるので、超劇場版2での活躍のなさを補って余りあります。

 そしてラスト。
 結果的に誰も傷つきませんでした。
 よかったよかった。
 そして、兄ちゃん率いるガルル小隊にも出番ありましたよ!
 ホントにエンディングの中のちょっとだけど。
 劇中で冬樹と夏美がケロロと出会うシーン(初回の出会いの場面ですね)が挿入されてるんですが、これがエンディングへの伏線になっています。いいエンディングでしたよ、ホントに。

 子供たちにも好評だったようで、終わった後に「死ぬかと思った!」という最後の台詞を口にしてる子供たちの姿が多くありました(笑)

 とにかく、今までの3本のケロロ映画の中ではいちばんおもしろかったです。
 早くDVD出ないかなあ(笑)


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://minatozaka.blog118.fc2.com/tb.php/92-3bf6259f
    この記事へのトラックバック


    最近の記事