スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PIXIVに零唯小説「学生服に導かれて」アップ!

2013年09月26日 00:23

艦これにも半沢直樹にもクッキークリッカーにもパシフィックリムにも乗り遅れてる忍恭弥です。こんばんは。

さて、本日PIXIVに奇面組旧作をアップしましたー。
130925_2.jpg

「学生服に導かれて 【奇面組 零唯】」/「忍恭弥」の小説 [pixiv] http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=2864314


こちらはサイトに掲載している2009年の作品となってます。
「三年奇面組」体育祭の応援団のワンシーンから捏造したお話でした。
サイトに残置しているASS「青い翼」でも零くんと唯ちゃんが「学生服」と「制服のリボン」を交換するシーンがありますが、僕はどうも男の子の制服を女の子にあげるのが好きなようです。

で、あのシーンを見たとき、「いったいこの制服は誰のものだ?」と思ったことがその嗜好性と繋がったわけです。大くんとほぼ同じ身長の僕が中学に入ったときに着ていたのは155センチ(唯ちゃんと同じ身長)の学生服でした。だったら、172センチの零くんなら160センチくらいかなと。
三年奇面組の五巻頃の零くんと唯ちゃんの関係って、ハイスクールの頃より学校では親密だけど、プライベートになるとそうでもないんですよね。零くんは唯ちゃんが中二の頃に既に自宅にお邪魔してますが、唯ちゃんが零くんちに訪れたのは中三になってからの花火の回ですから、そんなに行き来はなかったはずなんですよね。唯ちゃんは作中で年齢が上がる度に零くんへの思いが見えなくなっていくんですが、この頃はまだ少しはストレートな頃(具体的には新沢先生の担当が椛島氏に変わってから大人しくなってきたかなと)。大人になる前の純粋すぎる唯ちゃんを書こうと思うと中学の間が一番なんですよね。唯ちゃんをストレートに零くんにぶつけたいときは中学、じっくりと唯ちゃんの思いを書きたいときは高校や卒業後という風に使い分けてます。

さて、ここでしばらく書いたもののストックが季節的にも微妙になってきました。

実を言うと九月に入ってからほとんどもの書きしてません。なんか色々と燃え尽きた感じになってますよね。

書きかけのものだけは沢山あって、全部が中途半端で。

これからはPIXIVの更新もゆっくりになっていくかも知れません。奇面組に関しては、サイトの旧作を移動させていく方針は変わってないので。それが尽きるまではのんびりとやっていきます。

それにしても小説はしばらく書かなくてもそれなりに勘は戻ってくるんですが、絵の方はちょっと描かないとダメですね(^^;) こっちも精進していきます。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://minatozaka.blog118.fc2.com/tb.php/769-a4b5bde3
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。