PIXIVに新作レンリン小説「時間の魔法」アップ!

2013年08月01日 01:15

最近口を開くと「ねむい」しか言ってない忍恭弥です。ねむい。

さて、PIXIVに「箱庭のVOCALOID」シリーズ第六話「時間の魔法」をアップしました!
130731_3.jpg
「時間の魔法 【VOCALOID レン×リン】」/「忍恭弥」の小説 [pixiv] http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=2636064

第六話としては最初別の話を差し込んで、この話は第七話になる予定だったんですが、元々の第六話がどうやってもレン一人称だと厳しい感じになりそうだったので、思い切ってカットして一話分詰めました。そのため、時間軸が旧第六話とこの第六話で入れ替わってしまってます。でも、結果オーライでした(笑)

今回は前からやってみたかった「中身は十四歳のままの成長鏡音」です(笑)
リンは152cmのまま、レンは168cmに成長してます。レンくん背は伸びましたが、それでも他の主要男性キャラ(KAITO、キヨテル、がくぽ)より背が低い設定になってます。ちっこい方がレンらしくていいよね! という主張です(^^;)

内容は完全に趣味に走ってるので、読んでて退屈かも知れませんが、最後まで読んでいただけばわかるように第七話への導入でもあります。第七話は元々最終話として前後編にする予定だった話の前編を独立させたモノなので、事実上最終話への導入でもあります。

この話でマスターが二人に提示した歌はEXILE TAKAHIROの「一千一秒」をモチーフにさせていただきました。久々に一回聴いただけではまった曲で、早速リンレンにCDのインストバックに歌ってもらったので、その時の様子を混ぜ込もうと…。実際にオケを耳コピーできるか、CD音源がニコ動で使用可になったら動画作って投稿しようと思ってます。すごく調声の勉強になったので、その成果はいずれお目にかけたいと思いながら。

今回の話はレンと悪友クオの話…という側面もあるんですが、クオが使ってみると意外に使いやすくて、もっと早く出しておくんだったかなあと少し後悔してます。ウチの主要カップリングはレンリンが相互依存、カイメイがめーちゃんからの片依存でカイトは保護者という図式が成り立ってます。クオミクがちゃんと成立すれば一番パートナーとしては理想の信頼関係のみで結ばれた依存性なしという関係になりそうですね。恋人としてどうかという部分はある気はしますけどね(^^;) それでもクオミク書いてて楽しかったですよ。またどこかでこの二人の話も書いてみたいですね。今まで性転換モデルは結構毛嫌いしてたんですが、ちゃんと活かしてやればいいキャラになることもわかったので、これから他のボカロと分け隔てなく使ってやろうと思ってます。

そんなわけで、実際足かけ2年にわたってる箱庭の鏡シリーズですが、次回第七話と最終話の2本を残すのみになりました。この二人の行く末を見守っていただけたら書き手として幸いです!

とりあえず、次にアップするのは奇面組零唯ですが(笑)

ふぁいとー!!


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://minatozaka.blog118.fc2.com/tb.php/764-f6b0615a
    この記事へのトラックバック


    最近の記事