スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

十一号機の受難続く。

2011年11月14日 00:40

10月29日のエントリーでも、十一号機に大変なことがって書いてるんですが、まだまだあれくらいでは収まってくれませんでした。

まず、今回の十二号機構築で行き場のなくなったビデオキャプチャーボードを十一号機にインサートしようとして、ケースを開け、ボードを挿してもとに戻した瞬間、電源死亡。解体した八号機の電源で調査した結果、ケース内で短絡も起きてることが判明、慌てて電源を近所のショップに買いに行きました。

そして、電源を更新して組み直した時点で、解体開始から10時間が経過しましたとさ…。原因究明に時間かかりすぎですね(^^;)

さらにその後、ソフトをインストールしていく段になって、DAWに入れてたエフェクトのプリセット値を控えていないことを思い出してパニック。ボカロの調声に使っていただけに被害甚大。レンのプリセット値はムジカさんのブログを参考にしていたので、ムジカさんのご好意に甘えてデータ探していただきました。いつもありがとうございます<(_ _)>

その上、今回取り付けたビデオキャプチャーボードとの干渉か、音源ボードが認識されないという事態も発生。これは未だに対処してないので、今後どこかでビデオキャプチャーボードを撤去する方向で行くしかなさそう。音源ボードのほうが重要なので。てことで、いまはオンボードサウンドを有効にして急場をしのいでます。

ということで、もう一回ケースを開けてボードの抜き差しする必要が出てきました(^^;) ケース開けたのビデオキャプチャー付けるだけのためだったのに、甚大な被害を出した上に結局ものは付けられそうにないという酷いオチ(^^;) USBタイプのキャプチャーボード買うしかなさそうですね。


同時にアンインストールを要求されたUbuntuも結局32bitの日本語Remixを入れて、ベース部分の構築はなんとか終わりました。南都さんに「もうすぐ10.10サポート切れるよー」と教えていただいたので、11.04にアップデートかけてます。次の11.10からは10.10と同じUIを選択できないかもって話なので、さっさと11.10に上げて新しいUIに慣れるべきか、このまま粘るべきかでちょっと悩んでます(笑)

さて、UbuntuにVirtualBOX使ってW2Kを入れようって話ですが、USB関連に苦戦した以外は何とかなってきました。4.0.4だとOSE版でもUSBさっくりと使えるんですね。楽ちんで助かりました。

desktop01.jpg

てなことで、上のスクショは、UbuntuでGIMPを立ち上げ、VirtualBOX上のW2KでPhotoshop7.0を立ちあげてる状態です。
なんとかここまで来ました。これであとはW2Kからスキャナが使えれば、基本的なところは終わりです。残すはUbuntuを強化するのみ。手が届かないところはW2Kにやっていただくってことで。

これでわざわざPC再起動してUbuntuとWindowsを使い分ける回数も減りそうです。

目標はUbuntuにWindowsを完全に取り込むことなんで、そのためにもう少し頑張ります。

動画師仕事終わったら、メインのWindows潰して、500GBのHDDにUbuntu11.10入れなおそうかな。



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://minatozaka.blog118.fc2.com/tb.php/723-c5f38544
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。