リンレンカバー曲「ANSWER」投稿。

2011年07月21日 01:45

 前の記事で色々と書いていたリンレンを使用したボカロカバー曲だが、さっきようやくニコ動に投稿できた。

 投稿したのはこれだ。↓


 ご存じ槇原敬之さんのセカンドシングル「ANSWER」である。これをリンレン風になるように詞によってシンガーをリンとレンで分けて作り上げてみた。リンレンの最終ファイルが6/21吐き出しなので、その後の調整に丸1月かかった計算になる。

 今回はレンがあくまでメインと考えているので、動画のタイトルも「鏡音レン・リン」としてみた。リンレンと書くよりきっと当たりが少なくなるだろうという予測はあるが、原則論重視って事にしている。

 さて、使用ボカロだが、よく考えたら前の記事で書いているな。リンは使い慣れたACT.2GEN+15に、CメロはPOWER GEN+15を使った。レンはPOWER GEN+15をベースに色々と弄くり倒してある。CそのほかのパートとSINGERを入れ替えてパラメータを変更しているんだ。毎度のことだが、GEN+15は僕にとってのリンレンデフォルトで、ロリン気味の「calender with you」と初期のカバー曲「君に吹く風」以外は全てこのパラメータは固定にしてある。二人とも18歳位を想定して設定したものだ。

 そして、今回の目玉は1番と2番の間奏に入れたトークロイドによる台詞だ。急遽思いついて、突貫工事で作ったものだがいかがだろうか。レンはほとんど何も弄っていないのだが、リンの台詞は「なあに?」と「…そうだね」だけなのにやたらと時間がかかった。特に「…そうだね」はあれがTAKE12である。実際作ってみてトークロイドの奥深さを改めて思い知らされた気がする。

 今回は久々にピアプロでイラストを探していたのだが、これにも苦戦し、イメージ重視でのちょさんのイラストを4枚お借りした。ラストの改札の写真は、99年に自分で撮ったものを加工したものだ。実は近所の橋上駅舎の改札だったりして、全く地下鉄でない。動画も作製途中で心が折れるなど、今回は色んなところで苦戦し放題だった。今後の活動を改めて見直す必要に迫られたような気がするな。

 この楽曲は1991年の曲だが、「君に吹く風」と同じく、学生時代の1994年にBallade3を使って入力し、SC-55mkIIで鳴らしていたものを改造したものだ。「君に吹く風」がレコンポーザで比較的作り込んでいたのと違い、こちらはBallade3の打ち込んだままだったので、多少だけお化粧を施した。元の楽譜はピアノ譜だったので、左手を全てスチールギターに振り替えている。あと、パーカッション?は全てテキトーに入力したもので、原曲との関連性は一切ない。
 カバー曲のファイルは残すところ、槇原敬之さんが1~2曲。LINDBERGが作りかけ1曲、楽譜用意までで止まっているのが1曲ある。どこかでGUMIねーさんの出番を作ってやりたいのだが、どうなるだろうか。
 トークロイドの練習の方が先かも知れないな。このままだと。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://minatozaka.blog118.fc2.com/tb.php/715-e72db251
    この記事へのトラックバック


    最近の記事