スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

sofbank mobile X06HTシリーズ(Androidケータイ)使用者に朗報!

2011年02月19日 11:28

※この記事は主にX06HT2に関して書かれていますが、X06HTをご利用の方も全く同じことができます※

さて、日々1月に入手したX06HT2「Desire」を便利にしようと遊んでいますが、今日はちょっと気になることがあってsoftbankに電話で問い合わせしました。

気になること。

それは。

X06HT2のsimカードは3Gケータイと同じ形をしたもので、iPhoneや001HTや003SHなどの「softbankスマートフォン」とは違う形をしたものです。当然、機種変後も3Gケータイにもさっくりと挿さって、普通にsimを認識して3Gケータイが立ち上がります。

では、「パケットし放題MAX for スマートフォン」を契約している状態で、3Gケータイにsimを挿してパケット通信をしたらどうなるのでしょうか? パケット代金の割引や1パケットの単価が気になるところです。

そう言うわけで、壊れたわけでもない機種変前の3Gケータイ921Tも活用できないかと、上記のような問い合わせをsoftbank157に問い合わせてみました。

結果。

・X06HT2は「Xシリーズ」という「携帯電話」の扱いなので、「スマートフォン」ではない。
・上の理由から、3Gケータイと扱いは同じ。
・パケット契約は「スマートフォン対応」だが、「携帯電話」なので、他の「携帯電話」にsimを挿してパケット通信しても「パケットし放題MAX for スマートフォン」の契約は生きており、1パケットの単価及び上限下限金額/上限下限パケットの縛りは生きてくる。


とのことでした。

はい、結論を言うと。

X06HT2を使っている人は、別に3Gケータイと別契約で2台持ちしなくても、3GケータイとX06HT2を2台持ち歩いていれば、simの挿し替えでどっちも同じ契約で使えると言うことでした!


X06HT2は、Xシリーズだとは言ってもOSはAndroid2.2(バージョンアップ後)ですし、スマートフォンの001HTよりスマホとしての性能が若干落ちるくらいで、全く問題なく使えます(microSDHCも32GBまで公式対応だし)。さらに、3Gケータイも併用できるとなると、下手に「00」で始まるスマートフォンシリーズに買い換える必要はないなと。

むしろ電波の悪いところへ行くことが確実なら、3Gケータイを一緒に持っていって、X06HT2で電波の受信状況が悪くなったら3Gケータイにsimを差し替えて検証してみるなんてこともできますね。

これで、よっぽどのことがなかったら後継機種に買い換えを検討する必要もなくなりました(笑)
921Tはバッテリも2個あるし、まだまだ元気ですので、併用する方向でガンガン行きたいと思います。
カミさんの使ってる940SHでもWi-Fi契約ありますが、それにsim挿してもOKですからね。

無料で通信できるWi-Fiを使う時はX06HT2、3G回線を主に使う時は921Tなんてことも可能です(笑)
そもそも、スピードは落ちますがsim挿してなくてもX06HT2は起動しますからね。アプリも通信しないものなら普通に使えるし。

なんだか普段は921Tで、必要な時だけX06HT2でいいような気がしてきたなあ(笑)

X06HT2は、MMS(S!メール)がWi-Fi環境下では受信できないので、「主に他社ケータイからのメールを確実にリアルタイムで取りたい!」という方は、普段は3Gケータイにsim挿しておくことをお勧めします。特にWi-Fi対応の3Gケータイを予備でお持ちの方(笑) 「softbankメール」アプリに不満のある方もお勧めです(笑)

Xシリーズ唯一のAndroid搭載機、「X06HT 『Desire』」。こんな使い方ができるとは意外でした(笑)

※X06HTとX06HT2は、液晶が違う(X06HTは有機モニタ、X06HT2はTFT液晶)だけで、中身は全く同じです※


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://minatozaka.blog118.fc2.com/tb.php/696-5253478a
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。