FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピアプロに2作品投下

2010年08月28日 10:45

サイトの改修工事が予定より大幅に遅れている忍恭弥&しのぶたかやです。おはようございます。

とりあえず、この間からピアプロに2作品投下してきました。どっちも歌詞です。

まず先に投下したのは「幼馴染み」。
タイトルから「青春の淡い恋」を連想した方には大きな失望感を与えてしまう、「オッサン4人が酒場で騒いでる歌」です(笑)
といっても、幼馴染みの4人がそれなりの年齢になって、年に1回忘年会で顔を合わせてお互いの無事を確認しあって酒をかっくらうという、ある意味ちょっと寂しい、それでいてやっぱり「青春」な歌だと書いた本人は思ってます。あ、出てきてる4人の職業は僕を含めた去年の忘年会メンバーの現実の役職です(笑)(僕は零細企業の平社員でした、当時)。
歳を重ねる寂しさと、それでも忘れない青春時代のことを、感じてもらえれば嬉しいなあ…と思いながら、「いったい俺は何を書きたかったんだろう?」とも思い始めていたりします(笑)

さて、2作目は初めてのコラボへの歌詞投稿作となりました「PARTING」です。英語で「別離」という意味で、まあ、歌詞まんまのタイトルなんですが(笑) この歌詞は珍しく1番のサビから思い浮かんで、そこからどんどん映像が広がっていったものです。書き出しも1番のサビから書き出したので、いつも1番Aメロの部分から書き出す僕にしては異例の作り方になりました。意識したのは「男性詞としても女性詞としてもとれること」でしたね。コラボの楽師一覧見ていただいたら分かるんですが、「鏡音レン」以外の男性VOCALOID所有者がいないという現実から、男性詞にしちゃうと誰かがありがたくも曲をつけようと思ってくださった時に大変かなあ…と思ったのもあったりしまして。
曲の内容としては一言で言ってしまうと「最初から二人は違いすぎていた」の一言に尽きます(笑) 羽を持たない主人公と、空を飛べる「愛した人」。どこまで一緒にいることができますかね? という問いかけです。


******では、以下ボカロ系与太話******

ぺぺろんPの「柊」(歌:KAITO)を歌ってみたしたいけど、アルバム収録のみの曲なので、カラオケがない…。ぺぺろんPに直談判してみようかと思い始めている今日この頃。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://minatozaka.blog118.fc2.com/tb.php/599-3739a87c
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。