勝利宣言ッ!!!

2010年08月05日 01:59

忍恭弥軍、「vs Adobe Premiere Elements7.0 ドロップシャドウ色変更マクロ」作戦に於いて、Premiere Elements7.0軍 ドロップシャドウ城を陥落させました!!!!

これを以て勝利宣言とさせていただきます!

あとは残敵(Excelで真色を表示するマクロ)の掃討を残すのみです。

100804-2.jpg

これで思い通りの色でドロップシャドウを使える~!
もちろんアルファを100%に設定したところで、「柔らかさ」のパラメータを「柔らかい方向」へ動かせば色は薄くなりますしね。これも予定通り。
自分で使う分にはもう必要十分は満たしたので、あとは対外的に使える状態にできるかどうかは、少々兵を休ませてからにしたいと思います。

それから、P太郎さんに教えて頂いたいろんな方法を全部使って読み込みマクロも書き直したんですが、驚異的な高速化を実現できました!(初期マクロが5分近くかかってた読み込みが、わずか数秒で完了!)
P太郎さん、ありがとうございました!!

100804.jpg

↑P太郎さんのご助言で高速化された部分の一部(クリックで等倍になります)


一応、処理フローみたいなものですが。

MainシートにOSの入っているドライブ記号とユーザー名を入力することによって、標準インストールで設定ファイルがインストールされる場所のフルパスを作成します。

マクロはここからスタートです

まず、読み込みのマクロ
1.ファイルの有無をチェック
2.ファイルをリードオンリーのテキストモードで開いて、中身が空でないかチェック
3.ファイルの中身を1行として読み込む。
4.読み込んだ内容をタグと値に分解して、Tagシートにフォント設定1つを1列として上から順に文字列として設置していく。
5.すべてのフォント設定をTagシートに設置し終わったら、各フォント設定ごとに「フォント名」「スタイル」「サイズ」をMainシートの所定の位置にコピー
6.シャドウタグを探し、その中からRGBとアルファの各値を取り出してMainシートの所定の位置にコピー。この際、RGBは値を255倍する。
7.ファイルを閉じて終わり

次に書き込みのマクロ
1.ファイルの有無をチェック
2.変更があったかどうかチェック
3.バックアップファイルの作成
4.変更があったフォント設定のみ、RGBアルファをTagシートのそれぞれの位置に戻す。この際、RGBは255で割り、0.01以下なら有効桁小数点以下8桁、0.1~0.01は有効桁小数点以下7桁、0.1以上は有効桁小数点以下6桁、1と0に関しては浮動小数点の絡みでちょっと特殊なことをして無理矢理1と0を再設定している。
5.Tagシートの記入のあるセルを読み込んだ順番と同じになるように1行のテキストにつなげる。この際、改行コードやインデントは入れない。
6.ファイルを上書きテキストモードで開く
7.1行のテキストになったタグと値を上書きで書き込む
8.ファイルを閉じて終わり

…とこんな感じでした。

さあ、これで色々と溜まってた作業に取りかかれるぞ! 優先順位をまずつけなきゃね!!!

「しのぶたかや」、再起動!!


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://minatozaka.blog118.fc2.com/tb.php/583-f6ed913c
    この記事へのトラックバック


    最近の記事