真田丸の攻防

2010年08月04日 01:55

「vs Adobe Premiere Elements7.0 ドロップシャドウ色変更マクロ」この間のコメントでP太郎さんに教えていただいたワークシート型変数を使って、タグの数値を書き換えてファイルに戻して、PE7.0で読み込んでチェックできるところまでようやく来ました!(ちょっとPE7.0の動きがおかしくはなるんですが)

もう敵の本丸も目の前、「おっしゃ、これで勝った!!」と思ったのも束の間。


城門が開いて新手が打って出てきて、散々に蹴散らされ一時退却を余儀なくされました。

とほほ…。


なんだか大阪冬の陣の真田丸の攻防を思い出しましたよ。

こっちは寄せ手の前田利常勢、相手は真田信繁(幸村)率いる豊臣勢と言ったところでしょうか…。


まあ、早い話、ドロップシャドウのRGBを変えただけでは、目的の色にはならないことが判明したんですね。
結局、シャドウタグ内のアルファ(透明度)の値もいじってやらないと、色が変色したまま乗ってしまうんです。

アルファの値も取り込んではいるので、変更するセルとマクロを組んでしまえばすむことなんですが、もうここまで来てしまってるのでちょっと骨が折れますねえ…↓
100803.jpg

仕方ないので今日はここまでにして、明日取り組むことにします。ついでに、すでに書き上げた部分もP太郎さんに教わった変数の使い方で高速化したいし。


それにしても一度身に付いた癖って直らないですね~。

Quick-CでC言語を覚えたので、ついついループの部分は
while(1)
{
  ・・・・・・
  if(・・・・・・・)
  {
    break;
  }
}
のような感じで書いてしまう自分がいました(笑)

VBAも、もうFor~Nextからはそろそろ卒業して、Do~Loopに移行しなきゃダメですね。Select Caseも今日散々悩んだんで使い方はマスターしたし(C言語とはだいぶん違ったけど)、もう大丈夫。

それにしても、VBAで構造化プログラム書くのは結構面倒くさいなあ(笑)


ああ、そうそう! あともう一つ問題が。
設定色を表示している部分ですが、Excelが標準で持ってる色を近似色として勝手に変換表示されてしまうこともわかりました。これはもう「仕様」だからどうしようもないなあ。ということで、細かい色は全く無視されて表示されません。このあたりの数値は色見本のサイトとかフォトレタッチで実際に確認してもらってから値を入れてもらった方がいいですね。

やっぱりUserForm使って、フルメモリ、フルマクロで作るんだった…。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://minatozaka.blog118.fc2.com/tb.php/581-1598d0f7
    この記事へのトラックバック


    最近の記事