FC2ブログ

なにができる?

2010年06月24日 02:29

前の記事書いた後に色々と自分で考えてたら、自分は「歌物語」がもの凄く好きなんだなあ…という結論にたどり着いてしまいました(^^;)

聴いた瞬間浮かぶ映像、…これが一番大事だったんだなあ…って。詞と音楽が一体になって、物語としてイメージ映像として語りかけてくる…。その瞬間が凄く好きだったんだなあ…って。

よく考えたら僕がCDを借りるときに良くやるのに「歌詞カードを見て、良さそうだと思った詞があったら借りる」という行動があるんですよね。そして曲を聴いた瞬間ショボーンとなる「なんでこの歌詞にこのメロディや編曲なの!?」というか。自分の中で勝手に思い描いていた曲のイメージと全く方向性が違うと、もう聴けなくなっちゃったり。あはは…。

だからかどうか、影響を受けた歌手の方って、作詞から編曲まで全部自分でやられる方が多いし、編曲者が変わった瞬間「あ、もうこの人いいや」ってなった人もいます。

だから、「歌詞が理解できない」日本語以外の曲って全く聴いてないんですよね。洋楽の名曲とかは「替え歌」になってるものにバカ受けして、原曲も聴いてみるというような逆方向の聴き方してますしね(^^;) あとは全く歌詞のないインスト系?とか、父親の影響で聴くようになった「アルゼンチンタンゴ」とか。

これがきっと僕が「平易な歌詞」しか書けないと言うか書かない理由なんだと思います。
かつて通信教育で「作詞講座」を受けていたときも講師の松井五郎先生に「歌詞が平凡すぎる」と一刀両断にされたことを思い出しました(笑)

映像が、イメージが聴いたときに鮮明に浮かぶと言うことが、僕にとってもの凄く大事だったんだと言うことを、改めて認識したことで、動画師としてそう言うところにも活かしていけたらなあと思います(これが動画作りに足を突っ込んだ原因ですね、きっと(笑)。

韻を踏んだり伏線を張ったり、比喩を上手く使ったりといった技法が全くなく、作詞家としては全く無能だということも認識できたんですが、それはそれ。同じ考え方の楽師さんがいるかも知れないので、マイペースで続けていきたいと思います。


それとは全く別の話題なんですが、自分が詞を書くことで何かできないのかな?と最近考えてます。
たいそれたことかも知れないけど、何か世の中に返していけないのかな? とか。

宮崎の口蹄疫、鹿児島の豪雨…。

心を痛めて生活をしている人たちに何かの手を差し出せたらなあ…とかつて全国から支援を受けた被災地神戸に今も暮らす人間として思います。

金銭的な援助とか、現地に駆けつけてボランティアに参加…とかは家庭のある身、なかなか踏ん切りがつきませんが、誰かの心を癒せる、涙を流して楽になれる…そんな詞を書けたらなあ…と今思っています。

技量的には無理かも知れない。
でも、なんかモヤモヤしてるんですよね。何もしないのが。
世界にまで目を向けることはできなくても、せめてこの日本という国にに暮らす人たちには、これまでの何かを何かの形で返したいな…と。


ああ、今日もグダグダな記事ですみません。
明日も前職場にボランティアに行ってきます(笑) それでは、おやすみなさい<(_ _)>


コメント

  1. 蓮-hasu- | URL | 1m.x47P6

    Re: なにができる?

    こんばんは~蓮-hasu-でございます。

    >「歌詞が理解できない」日本語以外の曲って全く聴いてないんですよね。
    私も日本語で、かつ理解しやすい歌が好きかもしれませんww
    もしくは英語圏以外のまったく知らない言葉の曲が好きで聴くのですが、編曲とか旋律で勝手にイメージができちゃって。
    後で歌詞カード見て「なんじゃ、この歌ww」って思ってしまいます。アルゼンチンタンゴはバンドネオンの音とか好きです。夏は暑い国の曲をガンガンかけて、冬は静かに聞き入る曲をかけてるとちょっとした旅行気分になれるんですww

    いろいろ考えちゃったときは、私はマイケル・ジャクソンの「Man in the Mirror」を聴きます。彼が死んでから知った名曲。
    そういえばちょうど今日は彼の一周忌ですね~

  2. たかや@管理人 | URL | MAkumj2k

    Re: なにができる?

    >蓮-hasu-さん

    他国語のの歌って「良い曲だな~」と思って聴いてても和訳詞見た瞬間ぶっ飛ぶ事ってありますよね(笑) 一時期部活の仲間の影響でイギリスの「PetShopBoys」をちょっとだけ聴いてたんですが、ぶっ飛んだ思い出が(笑)

    アルゼンチンタンゴは夏の必需品で、実家にバンドネオン現物であります(父親が奏者だったんで、僕の子守唄はバンドネオンの音だったらしいです)。僕もちょろっとは弾けてたんですがそれを聴いた奥さんが「音が全部半音ずれてる」と(笑) 勝手に転調してしまってたらしいです。じゃあ、ドはどのボタン!? とか思って探しましたが結局わからずじまいでした(笑)
    名曲「ラ・クンパルシータ」がないと夏が始まりませんね、僕は(笑)

    マイケルジャクソンですか~。結局一度も聴かずじまいでした…。もう彼が亡くなってから1年経つんですね。早いなあ…。

  3. 蓮-hasu- | URL | 1m.x47P6

    Re: なにができる?

    >実家にバンドネオン現物
    えええ!!凄い!!!触ってみたい!!そしてお父様が奏者!!!??
    「ラ・クンパルシータ」を最近まで「ラクンパ・ル・シータ」だと思ってました(笑)


    マイケルは友人が好きだったのですが、洋楽だし・・・スキャンダラスなイメージで興味を持てなかったのですが。
    いま改めて聞き始めて、凄いなあ!って思ってます。
    ま、相変わらず歌詞カードに衝撃を受けるのですが(苦笑)

  4. たかや@管理人 | URL | MAkumj2k

    Re: なにができる?

    >蓮-hasu-さん

    奏者っていってもアマチュアですよ(^^;) 今家族会議の話題の中心は父親が集めた数百枚のアルゼンチンタンゴのレコードを父の死去後にどうするのかと言うことです(^^;) 中には相当レアものも存在するらしくて、相続してもどうしたらいいのか途方に暮れてる息子が二人います(笑) ちゃんと遺言してくださいお父様(その前に元気でいろ!) そのレコード、現在もCDに姿を変えてどんどん増えていってます(笑)

    バンドネオンはアコーディオンの右側の鍵盤が全部左側のボタンと同じになってるんで、手が覚えてくれないと何も弾けないと言う恐怖の楽器です(笑)しかも引くときと押すときで同じボタンでも出る音違うし!! そんな楽器で父親は僕が子供の頃「ラ・クンパルシータ」を弾いてました…。リール式の旧型テープレコーダに僕の子供の頃の声と一緒に残ってます(笑)


    マイケル、凄いんですね…。スリラーのイメージしかなくて、「アメリカの歌手のひとり」でしかなかったんですが、映画になるとか色んな動き見てると、音楽の偉人のひとりだったんだって改めて思います。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://minatozaka.blog118.fc2.com/tb.php/552-41f2fcc5
この記事へのトラックバック


最近の記事