スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ムジカデリク隊長新曲「momentum」アップ!

2010年06月02日 01:07

ムジカデリク隊長の最新作「momentum」がニコニコ動画にアップされました!



作詞とクレジット部のイラストをsuminkoさん、作編曲は我らがムジカデリク隊長、そして動画は不肖私しのぶたかやでございました。絵師さん4人を除いて「オイル☆ショック」メンバーと言うことになって、ますます意気が上がっています。

まず動画として、と言うよりもこの動画も前の「空へ」に続いて「世界の新着動画」(生放送)に取り上げられたようなんですが、これに取り上げられるとホントにコメント荒れますね。プレーヤーの機能に「世界の新着動画のコメントを表示しない」というのがあったんでそれをチェックして見てたらすごく普通でした。僕が個人で投稿してた作品のコメントも大半は「世界の新着動画」がらみだったことが新たに判明したり。
もう次回作からは再生設定で「生放送に使用を許可する」をNoに設定しようかと思います。あの荒れたコメント見ると作り手としてはモチベーションがやっぱり下がる。同人誌作ってた頃に、仲間の作家の同人誌がオークションで開始価格が売価の20倍くらいからスタートしてた(しかも買い手がついてた)のを見たときに匹敵してます。
ニコ百の「世界の新着動画」の説明にもあったけど、そりゃあ、あの荒れたコメント見たら動画作成辞めたくなる人も出るというものですね。もう「世界の新着」には関わらないようにしよう。他のコミュニティ等での生放送にも使用できなくなるデメリットもあるけど、作り手としてはモチベーションが下がる方が重大なデメリット。投稿時に生放送不許可に設定してほとぼりが冷める1週間後くらいから許可にするという手段もあるし。これは今後の宿題として検討続けます。


さて、毎回おなじみ動画師としての作品に対するコメントです。

今回ムジカ隊長に提案して、イラストを募集していただいたこともあって、実に曲のイメージにあったイラストが集まりました。その中で僕が途中に「PhotoshopのPSDファイルもください! 背景とキャラ単体のレイヤー分けて!」という呼びかけに対応してくださった絵師さんが2人いたお陰で、今回の動画は大成功を収めることができたと思ってます。特に壱の人さんはこちらの指示が不足していたにもかかわらず「背景」「透過背景の各キャラ単体」を用意してくださったので、この動画最大のキモであった1番サビから間奏へ行くあの部分を作り上げることができました。そしてもうひとりは同じオイル☆ショック仲間の咲子さん。最後の「刹那だと」を拡散するように散らして消えるようにしてみては?という提案をいただいたので即採用させていただいてます。最初は自信なかったんですが、文字を画像化してエフェクトを二重掛けすることであのシーンは再現できました。いい提案いただけてホントよかったです!

今回は特にコラボ内での試写会で色々と指摘/提案を出していただいたので、こちらの拾い忘れを随分とすくい上げることができました。コラボメンバーのみんな、ありがとう!!

それでですね。今回はこの「動画を色んな素材で構成していく」という工程まではすごく順調に進んだんですよ。イラストはもう決まってる。イメージ通りに加工できた。配置もエフェクトもほぼ納得できる仕上がり。足りない部分はコラボメンバーが引っ張り出してくれた…と。
問題はここから。

エンコードが何度やってもうまくいかない!!!!!!!
僕のVideoStudio12(以下VS12)は、普段Mpeg-2、映像可変8000kbps、29.97fps、音声44.1kHz、192kbpsでエンコードかけてまずは150MBくらいのMpeg-2形式のファイルを作るんですが、そんなに動きの激しくない動画であるにもかかわらず、何カ所かで何回エンコードしてもブロックノイズが乗ったんですね。設定もいくつかいじって、何とかならないかと無圧縮avi形式やMpeg-1まで試したんですが、無圧縮aviはファイルサイズが7GBを越えた上、ニコエンコで最終エンコードかけた際に、ブラックアウト時に嫌な水平ノイズが乗ったので却下。Mpeg-1は映像固定8000kbpsにしたら綺麗になったんですけど、なんかしっくりこない。でも、ニコエンコで最終エンコードかけると、これが一番綺麗だったんですね。
そしたら、ニコエンコの変換設定よりちょっと高めに設定した映像ビットレート固定Mpeg-2ならどうなる?と思いながら映像ビットレートを2000kbpsに固定したら、もう終わってました…。見れたもんじゃない…。
この時点で実験用(試作品も含めて)のMpegやaviのファイルが10を超えてきたので、思い切ってMpeg-2形式、映像固定8000kbps、その他いつもと同じにしてエンコードかけて、やっと満足のいくものができました…。長かった。でもいつもの倍近い250MBのファイルになりましたけど(笑)
それをニコエンコでいつもの映像808kbps、音声192kbps、2PASSエンコードで変換してアップしたのが上の映像です。これで35MB。試写会用のswfの映像より遙かに綺麗で、本当によかったです。

見てくださった方、マイリスしてくれた方、本当にありがとうございました。


今回発見したVS12の弱点(mpeg-2 画像ビットレート:可変8000kbpsの場合)
・黒背景から多色塗りのイラストに2秒以内のエフェクト「フェード:黒い画面へ」を使うと、黒背景から復帰した後にブロックノイズが乗る場合がある。
・同じイラストを2枚使って、1枚目を固定、2枚目をズーム、中間にエフェクト「フェード」を使った場合、2枚目のイラストにブロックノイズが乗る場合がある。
・標準設定で自動的に配置されるイラストと、「パン・ズーム」を使用した際のセンタリングの位置が微妙に違い、倍率を同じにした場合、位置が異なりがくっと動く。→この場合1枚目をパンしないズーム率100%、センタリング
で配置することでずれをなくすことができる。

まだまだ色々と隠れてそうです、このツール…。
戦いは続く…。


では、ここからは私信。
蓮-hasu-さん、見てますか~\(≧∇≦)/

今回の最大のキモだった1番からサビへ行くホワイトアウトと、「刹那だと」のホワイトアウトの違いについて。

100601-1.jpg

この部分はVS12の標準搭載機能「フラッシュバック」(何番のフラッシュバックかは忘れました(^^;)を長めにイラスト交換時のエフェクトとしてかけることで、前の黒背景のイラストを滲むように消した後一瞬画面を真っ白にしてまた滲むようにタイトルの入ったイラストが出るようにしています。この時に、音に合わせて画面がちょうど切り替わるようにタイムラインは合わせてあります。

で、次は最後の「刹那だと」からクレジットへ行くところ。
100601-2.jpg

こっちは「刹那だと」の画像に途中からズームと「加速」というエフェクトをかけつつ、最後に「クロスフェードで」白画面へ持っていった後、suminkoさんのイラストがにじみ出てくるようなイラスト交換時のエフェクトをかけてます。
こんな感じで途中真っ白になるのは同じなんですが、曲のその部分と雰囲気と気分(笑)で変えてます。

最後に「刹那だと」をWindowsムービーメーカーで作ってたら?という仮定で、実際に作ってみました。
100601-3.jpg
咲子さんが当初「霧散するように」という意見をくださったので中央から破裂する方のシャッターを交換エフェクトに使い、白画面を夾んでディゾルブを交換エフェクトに使ってクレジットのsuminkoさんのイラストへ移動してます。

このWindowsムービーメーカーのファイルはコラボの「ファイル」に上げておきましたので、よかったら見てみてください。

それでは、本日のいつも以上にグダグダな記事はしのぶたかや@オイル☆ショックがお送りしました。


コメント

  1. 蓮-hasu- | URL | 1m.x47P6

    Re: ムジカデリク隊長新曲「momentum」アップ!

    は~い!勿論お邪魔しておりますよww師匠ww

    凄い!!凄い!!!
    ちょっと何度も読み込まないと頭がパンクしちゃいそうですがwwこれをきちんと理解したいです!

    いま作っている動画で偶然にも「あら?なんか白バック(ちゃんと作りましたww黒とおそろいで)を間にはさんだらちょっとよさげ?」という部分があるのです。
    この講座で覚えた事、即実践ですヽ(´ー`)ノ

    >「刹那だと」をWindowsムービーメーカー版
    もう~~・・・先生ったら豪華すぎますww
    早速拝見して、考えて考えて消化もぐもぐします。

    ああ・・・沢山お尋ねしてみたいことがあったのですが、今頭の中がパンクしそうなので、また明日にでも整理して質問にあがります!!

    それにしてもホンと豪華な授業で・゚・(ノД`)・゚・。
    嬉しいです。
    頑張らないと!

  2. たかや@管理人 | URL | MAkumj2k

    Re: ムジカデリク隊長新曲「momentum」アップ!

    >蓮-hasu-さん

      質問どんとこーい! です。
      VS12がらみの話はツールが違うのであまり役に立たないかも知れませんが、エンコードの話とかだったらちょっとは役に立ったかな、この記事…。異常に長文なのは普段小説書いてる人間の悪い癖です(^^;)

      この次の動画アップは僕がコラボ外で単独作成してる分ですが、これは白背景+文字がメインになりそうなので、また違った動画をお見せできるかも知れません(笑)

  3. 蓮-hasu- | URL | 1m.x47P6

    Re: ムジカデリク隊長新曲「momentum」アップ!

    Windowsムービーメーカー版をダウンロードしてお勉強してきました!!
    そうか!映像を作るときにこうやって考えるのか!と納得しましたヽ(´ー`)ノ
    イメージした映像になるようにするには何をどうしたらいいのか・・・その道筋を考えるようにすればいいんですね。
    これだったら私の装備でも効果的に使えそうですww


    よし!では今日のご質問!!

    「momentum」の動画を見ていてどうなっているのか不思議に思ったことがありまして。
    最初の歌姫がひとりひとり増えていって、それが小さくなるように動いて(なんていうんですか、これ。ズームアウト??)・・・って部分。(ここ格好いい・・)

    私がスライドショーを作る時って
    ①イメージにあうイラストを探す
    ②詞に合わせて配置する
    ③イラストのズームとかをつけて、つなぎ目をなんとなく効果を入れたりする
    ④歌詞を入れてみる

    と大変簡潔な考え方でやっているのですが、それだけだと、あの『歌姫がひとり、じわ~っと二人に、しかも動いてますよ!!』
    の操作が想像もつかないのです(^^;
    ひとり用のイラスト2つと、ふたりのイラストの他に何か別なイラストを画像ソフトでご用意されたのですか??
    それを組み合わせてる???

    上のタイムラインのところに、『歌姫3人バック黒』のイラストがちら見えしているので、そのイラストがあることは発見できたのですがww
    20枚くらい使ったってどちらのコメントで拝見したような覚えもあるのですが。。。
    マジック見ているみたいで・・・(^^;

  4. たかや@管理人 | URL | MAkumj2k

    Re: ムジカデリク隊長新曲「momentum」アップ!

    蓮-hasu-さん、こんばんは~! 真夜中の動画製作所へようこそ(笑)

    僕の動画作成手順ですが、
    ①歌詞を印刷する。
    ②曲を聴きながら(←ココ重要!)イメージに合うイラストを探す。探しまくる。
    ③印刷した歌詞にイラストを配置する。この時点でエフェクトを思いついたりイラストに手を加えるようならその内容も書いておく。
    ④イラストを加工する(しないことも多い)。
    ⑤詞に合わせてイラストを配置しながら、同時作業でエフェクト(イラスト自体&つなぎ目両方)を入れていく。
    ⑥全体の流れをチェック。おかしいところがあればこの時点で修正。
    ⑦歌詞とタイトルに使うフォントを決める。
    ⑧歌詞を入力する。
    ⑨全体の流れをチェック。歌詞の表示ずれを補正する。

    と言う感じなので、大まかな流れ自体は蓮-hasu-さんと変わらないと思いますよ。

    「momentum」でのひとりひとり増えていく動画は、そういうことができる形式のファイルを絵師さんに要求できたからです。
    1番の歌詞のあるところ(イラスト壱の人さん)だと、
    ・黒背景のミク単体
    ・黒背景のミクとルカ
    ・黒背景のミクとルカとリン
    と3枚のイラストを用意してました。

    この3枚は全部同じ大きさで、ミクもルカも、どのイラストでも1ピクセルも位置がずれないように固定してます。

    ミクの横にルカが現れてくるところはイラストをミク単体→ミク+ルカに入れ替え、入れ替えエフェクトに「クロスフェード」を使ってます。そうすると2枚のイラストともミクは位置が変わらずにいるので、ルカさんだけぼやーっと出てくるような効果になります。これはWindowsムービーメーカーでもできます。

    その後にズームインしていっているのはリンが出てくる場所に画面を持っていくためです。そして、目的の大きさまで到達すると、ここでまたイラストをミク+ルカから三人娘に入れ替え、入れ替えエフェクトに「マスク」を使ってリンを強調しました。

    さらにその後ズームアウトで画面が引いていっているのは、タイトルの入った白背景の三人娘のイラストと全く同じ配置に三人娘が来るようにして、あの入れ替え「フラッシュバック」エフェクトを効果的に見せるための準備です。
    黒背景三人娘とタイトル入り白背景三人娘も画像サイズは同じで、三人の位置は1ピクセルもずらしてません(笑)

    これをWindowsムービーメーカーでやるなら、僕は躊躇なく「シャッター(内から)」を選んで「リンが飛び出してきた!」、「黒背景の裏に白背景の絵が隠れていた!」のようなイメージにすると思います。(黒→白のところは「アイリス」も悪くなさそうですね)

    …と言いつつサンプルでは全く別のものを作ってる辺が、「直感勝負のB型」所以です(笑)


    この辺のイラストの加工は写真やイラスト加工の専門ソフトがないとちょっとしんどいですね。(僕は昔からPhotoshopを使ってますが、フリーやシェアウエアでもいいのたくさんあります)。


    Windowsムービーメーカーではちょっと難しいので、同じ様な動きはできないのですが(イーズアウト・イーズインの後の位置合わせがムービーメーカーではできないんです)、入れ替え効果は「フラッシュバック」の代わりに「シャッター」や「ワイプ」を曲のドラムやシンバル、ピアノの音なんかにジャストのタイミングで合わせて使うと、かなりいい効果が出ますよ。個人的には「シャッター」「ワイプ」「ディゾルブ」「フェード」「ページカール」の入れ替えエフェクトはお薦めできます。

    ビデオ特殊効果ではなんと言っても「フィルム時代」がWindowsムービーメーカーは強力です! これはウチのVS12の同じエフェクトよりも遙かにいい映像できますよ。回想シーンなんかに効果的に差し込んでやってください。

    ちなみに「momentum」では計18枚のイラストを用意してました。

    今日のご質問に対する回答はこんな感じですね。
    またサンプルをコラボのファイルに上げておきましたので、見てみてくださいね♪

  5. 蓮-hasu- | URL | 1m.x47P6

    Re: ムジカデリク隊長新曲「momentum」アップ!

    >三人の位置は1ピクセルもずらしてません
    す、凄い!!職人魂のこもった言葉です!!
    Windowsムービーメーカーの効果的な使い方、参考にさせて頂きます!
    よ~し、作るぞう!!

    いろいろとありがとうございました!
    また何か疑問が生まれたら「真夜中の動画製作所」に質問に参上しますm(_ _)m



    「リンが飛び出してきた!」
    愛を感じますねww

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://minatozaka.blog118.fc2.com/tb.php/526-58224ec0
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。