スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いろんなところでいろんなものが流れていく

2008年12月16日 23:53

ここしばらくでなんだかいろんなことが起きちゃったよ!

また四方山的に書いてみる。

・レジェンドハンター死亡
  「笠松の王様」「ジェット機」と呼ばれたレジェンドハンターが繋養先の土佐黒潮牧場で13日に死亡しました。牧場日記で前日に「乗り運動再開」と元気になった様子を書かれてただけに、急死の報にはただショック…。父サクラダイオー(マルゼンスキーの仔)母父サクラショウリというマイナーなお父ちゃんの唯一の有名産駒で、中央でデイリー杯3歳ステークス勝った時はマイナー血統好きには嬉しかったのだ。それからずっと応援してたんですが、去年高知競馬のオースミレパードと一緒に黒潮牧場に功労馬として移動して、穏やかに過ごしてる日々を日記で楽しく拝見していたのですが…。ホクトベガやライスシャワーの時とは違ったショックを受けてる自分にちょっと驚いてみたり。でも、競馬ファンはこうやって馬の死を乗り越えて(表現は違うような気もするけど)ファンを続けていくのです…。レジェンドハンター、安らかに眠れ。いつかお墓参りに行きたいな。牧場のスタッフのみなさんも、本当に看病ありがとうございました。

・SUBARU、WRCから撤退
 ついにここまで来たか、サブプライム問題! 親会社のトヨタがものすごい減収減益で戦々恐々としてたんですが、SUZUKIに続いてSUBARUもWRCから撤退です。SUBARU=ラリーのイメージで欧州での販売を大きく底上げしたWRCですが、やはり今の世界状況では仕方ないのかも知れません。せっかく新型のインプレッサなのに…と思っても本当に仕方がない。今は会社が存在してるだけでも感謝するべきなのかとじっと我慢の秋なのでしょう。でもこれからどうやってSUBARUのブランドイメージを維持していくのかは心配。ジュニアWRCやNカーのカテゴリはまだサポートするらしいので、新井さんがそのまま継続してレースに出て頑張っていただくことを期待します。「ファンの方々がSUBARUの貴重な財産です」と仰った森社長の言葉を信じます。ファンをがっかりさせない車作りを頼みますよ。SUBARU・軽の支持者である僕は既にすっごくがっかりしてますけど。

・ダイタクヘリオス死亡
 ヘリオスも死んじゃいました…。○キの逃げ馬として「笑いながら走る馬」とか「オッズを見る馬」とか言われていましたね。トウカイテイオーとはお父ちゃん同士(ビゼンニシキとシンボリルドルフ)のライバル関係からも張り合うことになったり。僕にとっては「ダイタクヤマトのお父ちゃん」だったんですが、本当に残念です。あとは後継種牡馬のヤマトに頑張ってもらいましょう。クラリオン系の貴重な血なんだし。ダイタクヘリオスも、ゆっくり休んで。よしだみほさんの漫画のように、あの世でダイイチルビーに会ってこいよ(笑)

いよいよ年末。もう今年も終わりです。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://minatozaka.blog118.fc2.com/tb.php/267-b9bd7197
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。