スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギロロと肉丸

2008年07月08日 22:46

ケロロ軍曹二次創作から撤退してしばらく経ちました。

ま、この間からいろいろと思うところがあったので、今日はその辺書いてみようかなと。

現在二次創作をやった作品というのは、奇面組とケロロ軍曹、あとすっごい過去の話で忘れてたけど、資料が出てきたのでFF2とDQ4もファミコン版が出た時にやってたようです(笑)
(FF2は雑多4コマ、DQ4はピサロザで小説書いてた。どちらも20年前くらいの話(笑)

さて、その二次創作への導入ですが、カップリング要素があるというのは僕の作品を読んでくれた方なら皆様ご承知の通り。
でも、ギロ夏と零唯では方向性が全然違うのもご承知かと思います。

ギロ夏はメインがあくまでギロロ。零唯は、唯ちゃん。

この決定的な差がスタイルの違いにも出たようです。

零唯の話はもう読んでの通りなんで割愛しますが、ギロ夏をなんでするようになったかと、なんで撤退するのかを書いてみます。


以前別のブログにも書いたのですが、僕が最初に大きくはまった漫画は「さすがの猿飛」です。肉丸くんが好きだったんですよね、魔子ちゃんとの関係も含めて。普段頼りないけど、やる時はやる(実力もある)。本来実力の差があるはずだけど、互角以上に見える女の子をいつも護ろうとしている。そう言う肉丸くんが大好きでしたよ。自分でセル画描いたりして、本当にはまってました。

で、そのあと奇面組にはまって、究極超人あ~るにはまって…とすぎて、ギロ夏にはまったんです。

誰かに似てますよね、ギロロ。
今更気づいたんですが、ギロロと肉丸くんって似てるんですよね~。あの節分の時のギロロ戦闘モードも元ネタは肉丸くんらしいし(「魔子ちゃんいじめた! 魔子ちゃんいじめた!!」ですね)。
もちろん、主人公と脇役の差はありますよ。性格も違うし。それでも、夏美ちゃんを第一に考えて行動してる時のギロロは肉丸くんを彷彿とさせてくれました。
そして僕の中でこの二人に共通してるのが、ともに相方の女の子にそれほど魅力を感じていないこと。ケロロ軍曹では好きな女性キャラでは小雪嬢の方が上です(ドロロとの関係も含めて)。魔子ちゃんにも唯ちゃんほどの魅力は感じてませんでした。

そう、それがアダとなり命取りとなったんでしょう。

それぞれの漫画に惚れた当時、キャラクターの大半は僕より歳上でした。だから純粋に憧れであり、目標だったんです(唯ちゃんは憧れのお姉様だったわけです)。
今、四捨五入で40歳という状況で、14歳の夏美ちゃん達に憧れの感情を抱けるかというと、ハッキリ言って、「No」。だから僕と精神年齢が同じもしくは上に見えるギロロの立場から見てしまいます。ギロロに惹かれた理由の一つはこれもあるんでしょうけど。だから、僕のギロ夏には夏美ちゃんに対して「幼い」という言葉がしょっちゅう出てきます。結果父親目線の話が多くなり、純粋に「カップリングもの」を書けてない気がしたから故の撤退です。もしこれが睦実に惚れて、睦実×夏美とかやってれば、なにも考えずにフツーに恋愛ものを書けたんでしょうけど。ギロロのパートナーは夏美しかいない。夏美のパートナーはギロロしか…じゃないかもしれないけど…いない。となってしまったので、自分の中でこうするしかありませんでした。恋をさせてあげられませんでした。愛はあっても、恋にはなりませんでした。

恋はテンポよく書けても、愛は重くなりがちです。

ギロ夏は愛が中心にあったから、本当にライトに書くのが難しかった。
零唯は、愛と同時に恋も存在してるから、「落陽」シリーズ以外はまだ書きやすかったんです(家族愛がテーマの落陽シリーズは例外)。

もし仮に次にケロロ系の二次創作を書くとしたら、もう「恋」は棄てて、「愛」で行きたいと思います。
ギロ夏だけでなく、それならドロ雪も書けるから。
ライトに書かなきゃなんて思いも棄てて。

今日も乱文すみません。
でも、自分でも整理をつけたかったんです。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://minatozaka.blog118.fc2.com/tb.php/199-55e52ea9
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。