スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新作艦これ二次創作小説「絆と証」完結!

2017年04月04日 22:28

もう四月なのに裏山に雪が積もったり桜がまたほとんど咲いてなかったりしてる摩耶や熊野の故郷からこんばんは、忍恭弥です。

もはや更新情報しか投稿してないですが、今回も更新情報です(^^;)

少し前になりますが、3月25日に艦これ二次創作小説の木村鎮守府編、時雨と提督シリーズの第五弾、「絆と証」の完全版を投稿しました。このお話をもって、時雨と提督シリーズは第一部完結となります。

「絆と証(完全版) 【艦これ 時雨と提督5】」/「忍恭弥」の小説 [pixiv] http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=7976877

今回のお話はぶっちゃけ「ケッコンカッコカリ」がテーマとなってます。前回の「スノウ・ハレーション」で時雨は限界を超えるために自分の中にある闇の扉を開いてしまったのですが、実は限界を超える方法はもう一つあって、そのために軍も時雨の提督である荻野も動いた…と言う感じになってます。あと、駆逐棲鬼と融合したあと助け出された春雨も、今回キーパーソンとなってます。やっと、時雨は壁の向こうにいた姉妹間のところへ帰っていきます。
雨と陽だまりの故郷」で佐世保弁にチャレンジした関西人の僕ですが、今回浦風を登場させるに当たって、広島弁にチャレンジしてみました。ところが調べていく過程でカミさんの実家でよく使われてる単語がちらほらと出てきて、「ああ、これって広島弁だったんだ…」と驚いた始末です(義母のご両親の出身地は広島なので、広島弁が知らないうちに残ってたようです)。前から一度登場させたかった鹿島も登場させられて満足でした(笑)

さて、次回…というか、次のお話ですが、投稿予定なのは時間軸はかなり戻って、反目する天龍と熊野が第二次SN作戦で同じ艦隊に配属される「南海の雲と飛べない龍」の予定です。第二次SN作戦は江風、海風、鹿島が加入する戦いなので、「バニラ湾沖の雨と風」よりも前のお話になります。すでにハーメルンの方では先行公開していたのですが、一部改変しての投稿になります。表紙絵が描け次第、四話分を一括投稿する予定です。
それと平行しつつ、第一部が終わった時雨と提督のお話ですが、こちらもインターバルとして始まりの頃の「時雨着任編」を書き出してます。この話を挟んで、第二部の開幕となる「キス島撤退作戦編」へとつなげていく予定です。もっとも、最近創作に割ける時間がほぼないのでのんびりと待っていてくださると嬉しいです。

そして、今回も表紙からロゴ類を抜いたものをイラストの方へ投稿してます。


さらに、時雨と提督シリーズも一服したので、木村鎮守府編での時雨の設定イラストも投稿しました。
漫画を意識したグレスケのイラストと解説ですが、こちらもよろしければ。設定イラストは今後も司令含めて投稿していきたいと思います。


ではでは、ここからはどうでもいい近況です。
艦これの冬イベ、伊13の掘りに失敗しました…。仕事の合間に80周E4丙回ったんですが、結局出ずじまいです…。伊26と並んでこちらも後日ですね。油と弾が各10万飛んだので、春イベに向けて目下資材回復に勤しんでいるところです。あと4万ほど。その合間に1-5、2-5、1-6をクリアしつつ、白露型全員Lv50以上目指して残ってる涼風、五月雨、村雨を育ててます。涼風が終わればとりあえず二四駆は完了です。
明日はいよいよ鈴谷の改二来ますね! 水上機大好きなので航巡としてモガミンくらい使えるようになってほしいなと思いながら楽しみで仕方ないです!
それでは、また!

スポンサーサイト


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。