スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DTI データ通信専用低速SIMスマホとガラケー二台持ちのレポート!

2013年03月24日 12:40

この季節は花粉じゃなくて黄砂にやられている砂土アレルギーの忍恭弥です。こんばんは。


ケータイ代金の節約を目指してsoftbankのスマホ契約からsoftbankのガラケー契約&DTIのデータカード契約に切り替えてから約2ヶ月が経ちましたー! なので、その効果を検証してみたいと思います。

まず前提のスマホですが、相変わらず2年半落ちのこの子を改造して使ってます。

スマートフォン:softbank X06HT2(HTC DESIRE) Takayaカスタム
カスタムROM:MildWild V-4.6.3 Final(サイトはバージョンアップされたV-4.9JGのものです) BASED Android2.3.7
※スマホの改造は自己責任になります。改造するとメーカーやキャリアのサポートが受けられなくなり、中古品として買い取り業者に売るのも難しくなります。

スペック見ていただいたら分かると思うんですが、最近のハイスペック機のようなクアッドコアや内蔵メモリ32GBや5インチクラスディスプレイなんてものには全く縁のない過渡期の機体です。
こいつの延命を計るための改造&契約変更でした(笑)

そして、変更前のsoftbankの契約ですが、ホワイトプラン+ホワイト家族24+ホワイトコール24+パケットし放題MAX for スマートフォン+S!ベーシックパック+あんしん保証パックに通話料で5700円くらいでした。

これでも家族3人が全員スマホになると2万オーバーは確実な状態になってましたので、そこから一番ケータイの使用状況が少ない僕の分を削ります。
もう一つは、スマホは通話には向かないと言うことをこの2年間で確信したので、それ故ガラケーに戻ることにしました。幸い我が家には僕の使っていた903T、811T、921Tと3台のガラケーがあり、娘やカミさんの使っていた931SHや940SH、910SHなんかも入れるとかなりの数のスマホが予備バッテリーとともに眠ってます。この資産を有効活用するため、とりあえず僕が最後に使っていたガラケー、921Tに戦線復帰してもらうことにしました。

新規の契約はこのようになりました。
ガラケー契約:softbank ホワイトプラン+ホワイト家族24+ホワイトコール24
データカード契約:DTI ServersMan SIM 3G 100

ガラケーの契約は最低限です。MMSもインターネット通信もできません。できるのは通話とSMSの送受信のみ。softbankにとっては一番嫌な客でしょう(^^;)
そして、DTIのデータカード通信ですが、MAX100Kbpsという、かなりの低速回線でなおかつベストエフォートなので最速が出ることはまずありません。しかし、ここの特徴の一つに、「課金すれば速度リミットを解除できる」というオプションがあります。料金も100MB単位で263円とお得。使用期限は半年と悪くありません。
これで、変更した先月の料金は、softbankが1183円(通話料込み)、DTIは1回課金したので、753円の合計1936円まで下げることに成功しました。この浮いた約4000円は娘のケータイ料金となって消えていきます(笑)

さて、ここで一つ注意を。
130324_01.jpg
DTIから送られてきたSIMですが、見て分かるとおりdocomoのSIMです。DTIはdocomoの回線網を借りているので、当然docomoSIMに対応したスマホが必要になります。softbankやauのスマホでは「SIMフリー化改造」が必須になりますので、あまり大きな声でお勧めできません。改造に自信のある方だけ挑戦してみてください。

では注意喚起したので、次は使用感のお話など。

DTIのDTI ServersMan SIM 3G 100は最速100Kbpsのサービスです。これがどのくらいの速度かというと、マクドナルドの公式アプリは起動するたびにかなりの量の通信をしていますが、こいつを起動させるのに約3分かかります。ツイッターなんかで写真を掲載されている方の写真を見ようとすると、30~90秒くらいは固まります。その程度の速度です。実際に数値で見比べてみましょう。
※速度の計測にはAndroidアプリのSPEEDTEST.NETを使ってます。
130324_02softbank.jpg
まず、softbankの3G回線の速度です。場所によって差はあるでしょうが、僕の部屋で計測したものです。だいたいこれくらいのようです。

130324__05WIFI.jpg
次に僕んちのWi-Fi経由ADSLの速度です。50Mbpsの契約してても実際このくらいの速度しか出ていません。上りにいたっては3Gにも負けてるとかね(^^;)

130324_04DTI_Low.jpg
DTI 100Kbpsの速度です。遅っ!と思われると思いますが、この速度だとまだいい方です。30Kbps以下になるときもあります。

130324_03DTI_High.jpg
速度リミット解除した課金状態の速度です。softbankの3Gより速度出てますね。これも稀な例で、800Kbps出てれば基本的には御の字です。

最後に、過去に計測した一覧など。
130324_06_log01.jpg
100Kbps切ってるのがDTIのサービス速度です。時間帯や場所によって結構ばらつきがあります。

130324_07_log02.jpg
3、4、5行目がリミット解除後のDTIのサービスの速度です。ものすごいバラツキがあるので、全く安定した速度が期待できないのが分かりますね(^^;)

こんな感じで、実際の印象は「値段なり」という感じです。何もせずに標準のブラウザや設定を使っていると、結構厳しい速度です。閲覧サイトでもJavascriptやFLASHをガンガン使っているようなところでは課金して速度を上げないとまともに閲覧はできません。ましてや、大量のデータをやりとりする動画閲覧やソーシャルゲームなどは望むべくもありません(課金して加速しても課金分を一瞬で使い切ってしまうくらいです(^^;)

なので、割り切って使うのが一番いいでしょう。
僕は先輩に教えてもらった「XBブラウザ」という「Javascriptが常時無効」になっているブラウザを使っています。FLASHも動きません。DLすらしません。なので、文字と写真くらいのサイトならこの低速でもそれなりの時間で表示してくれます。ツイッターアプリのtwiccaやウィキペディアの閲覧もほとんど問題ありません(サイトは表示が崩れることが多々ありますが)。Facebookも写真なければ何とかストレス感じずにいける感じです。LINEはメッセージのやりとりなら全く問題ないです。通話は課金した方が無難です(個人の感想です(^^;)。その代わりと言っては何ですが、ちょっとでも重たいサイトは表示に1~5分くらいかかるのもザラです。なので、ここぞと言うときにリミットを解除して課金分を消費…という形にしてます。

あと、家でWi-Fi飛んでないとストレス大きいかと思います。家の外では最低限の閲覧しかできないので、家でそれ以外のことをするという割り切りがいるためです。家もこの速度だと、さらなる割り切り(文字+軽い写真以外のサイトは常時見ない)が必要になります。地図アプリなんかもほぼ使い物になりません。家で目的地付近や行程のスクショを取ってそれを見ながら移動する…くらいの気持ちが必要になります。とにかく、大量の通信をしながら使うアプリはほぼ使い物にならないと思っていただいた方がいいでしょう。あとは、どれだけ課金してリミットを解除するかですが、100MBで263円ということを考えると、月に1GB以上リミット解除して通信する方は、素直に速度リミットなしの契約探した方がいいと思います。

そして最後に、上のスクショのDTIとsoftbankを比べてみて気づいた方もいると思いますが、DESIREを含めた大半のスマホではDTIのSIMでアンテナ強度が表示されません。このカスタムROMではアンテナ強度の枠に飛行機が乗ってるアイコンになってます。そして、元々が電話であるスマホにこのSIMを挿すと、SMS用の電波を常に探しに行って見つからないを繰り返すため、電池の消費が半端なく増えます。古いスマホだと使用が多い方なら12時間持ちません。これを解消したSMSのあるオプション(+150円)もあるので、電池の消耗を旧来でとどめたい方は一考する価値があるでしょう。ただ、すでに契約している状態でこのオプションをつけようとすると、SIMごと変わるので新たにSIM発行手数料の3150円がかかります(新規契約扱いになります)ので、契約済みの方は熟慮がいるかも知れません(^^;)

とまあこんな感じです。
1月の末に課金した100MB分ですが、一ヶ月経ってまだ15MBしか使ってません(^^;) 慣れてくると、意外に必要なくなってきました。スマホ使うのがtwiccaでのツイッターTL閲覧(写真は見ない)、XBブラウザでニュース記事とウィキペディアの閲覧、LINEでのメッセージのやりとりくらいなので、特に課金する必要も感じずここまで経ちました。softbank3G時代が月当たり200MBくらいのパケット通信量だったんですが、DTIに変えてから150MBくらいになりました。その分、家で使ってるWi-Fiのパケット使用量が増えたみたいです。

安価なデータ通信専用低速SIMが色んな処から出ていますが、とりあえずDTIのはこんな感じだよーというレポートでした。
イオンSIMとか楽天SIMとか、他にも色々と特色があるので、データ通信用スマホとガラケーの二台持ちが苦じゃない方は一度検討してみてくださいねー。

スポンサーサイト


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。