スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PC復活&W2K資産のWin8のインストール

2013年02月09日 11:36

こーばーわー! ようやく復活!? の忍恭弥でございます<(_ _)>

十一号機の急な故障から随分と日が経ってしまいました。
あわててパーツをかき集め、再建したPCから、久々の投稿でございます。

さて、十一号機の故障なんですが、主についったーであれほど大騒ぎしたにもかかわらず、FDDという予想の斜め上をいった原因が判明、マザーボードもCPUもお咎めなしという締まらないオチとなりました(^^;)

それでも原因究明のために新しいCPUとマザーボードを入手していたので、結局新しいPCを組んでます。

新しいCPUはAMDのAthlonIIx4 640(3.00GHz)です。前のPhenomIIx4 810(2.60GHz)と同じクアッドコアで動作クロックが0.4GHz上がってますが、代わりにL3キャッシュが削られてます。動作クロックが単純に能力差と出るエンコードなどの連続作業ではPhenomIIの同クロックと対等に渡り合えそうです。その分、L3が影響する並列作業では明らかに不利(^^;) 同じ条件ではないですが、PhenomIIの810とAlthonIIの640をベンチマークかけたんですが(マザーボードとOSが違う)、直列処理では圧倒的に640の方がスコアが高く、並列処理はほぼ同格とく結果が出てます。1月末時点の中古価格は810が8980円、640が6980円となっていたので、640は結構お買い得だったのかなあ…と思ってます。
そして、新しいマザーボードはGIGABYTEの880Gチップ搭載、GA-880GA-UD3H(Rev2.2)です。RADEON HD 4250を標準搭載してる、八号機のMSI765G以来のオンボードVGA搭載とか、初めてのATi系チップとか色んな変化がありますが、SocketAM3は前のMSI770と変わってません(^^;)

それ以外はメインのHDDをHitachiのマルチメディアモデルに変えたりした程度で、ケースもメモリも電源もサウンドボードもそのままです。

で、一番変わったのはOSで、Windows8を入れてみました。もちろん、WindowsXPとのデュアル、後にはUbuntu12.04とのトリプルブートになる予定です。
我が家のソフト資産はWindows2000の時代のものがほとんどなので、WindowsXPだと何とかなってたんですが、果たしてWindows8だとどうなんだろうと思いながらのインストールです。

同じ様な境遇の人がいるかなーとも思うので、とりあえずインストール後の動作チェックの結果なんかを羅列してみたいと思います(使ってる機能のみテストしてますので、完全に動いてるかは保証しかねます)。


ドライバ
・Creative Audigy2 Platinum  Windows7用のドライバで動作可能(サポート終了してます)

ソフトウェア
・JUSTSYSTEM ATOK15 XPモードでインストール可能。ただしデスクトップのみで動作。スタート画面では使用不可と表示されMSIMEに切り替えないと日本語入力不能。
・JUSTSYSTEM 一太郎12 XPモードでインストール可能。動作正常っぽい。
・Adobe Photoshop7.0 XPモードでインストール可能。ただし、一部の機能が正常に動作しない。(レベル補正中に補正ウィンドウが行方不明になるのは確認)
・Macromedia FLASH MX XPモードでインストール可能。動作未チェック。
・Macromedia Dreamweaver MX XPモードでインストール可能。それなりに動いてるっぽい。
・Creative MediaSouce5 7モードでインストール可能。まれに強制終了を起こす。XPモードではインストール可能も動作不能(サポート終了してます。サイトから最終バージョンDLしてください)。
・CLIP STUDIO PAINT PRO 通常インストール可能。Win8に正式対応してます。

まだチェックしてるのはこんなもんですが、試験次第追記していく予定ですー。

ではではー。
スポンサーサイト


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。