スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

X06HT2と3Gケータイを1枚のSIMで使い分けてみた

2011年04月19日 00:16

ソフトバンクのAndroidPhoneで唯一3GとSIMカードが共通なHTCDesire X06HTとX06HT2。その利点を今回はテストしてみました(以下X06HTで統一)。

DoCoMoのAndroidPhoneはAndroidのバージョン(ファームウェアバージョン)が2.1以上だとSIMカードが入っていなくてもある程度は使えますが、1.6とかだと、緊急発信の画面しか出ませんよね。(例・XperiaやHT-03Aなど)

ソフトバンクもそれは同じで、基本的にX06HTはSIMが入っていないと緊急発信の画面しか出ません。しかし、SIMが入ってても、現在まだまだ開発途上で使いにくくバグが多いメールアプリ、「softbankメール」に緊急メールをすっ飛ばされることが多いのも事実。この間おかしいと思ったら、メールの受信に1日半かかってた(笑) そんな状況が非常にやばい時の裏技。

X06HTをPDAにしてしまい、3Gケータイで通話とメール、ウェブを行う方法。

この方法でできることは、X06HTは3Gでの送受信(通話含む)ができなくなるけど、「Wi-Fiスポット」アプリでなく、本体の方で設定したWi-Fiには接続できる。Wi-FiだけのiPadみたいな状態になるわけですね。そして、SIMを挿した3Gケータイはフル機能が使えます。パケ代もスマホのX06HTで契約しているプランが適用されます(ソフトバンクに確認済み。過去記事参照)。

では、実際にやってみましょう。

まずはX06HTを普通に起動(電源切ってる人少ないと思うけど(^^;)
「設定」から「無線とネットワーク」を選んで「機内モード」をタップ。こうすると飛行機の中で使える状況になります。3Gは強制的に遮断。Wi-Fiも一旦落ちます。
次に、すぐ下の「Wi-Fi」をタップ。これでWi-Fi設定で接続可能なWi-Fiにはつながるようになります。ただし、ここで接続可能なWi-Fiはオープンネットワークか、自分がPASSWORD(WPA、WEP等)まで分かっているWi-Fiに限ります。電話番号が使えなくなりますので、自動で設定していても滅多に自動でつながってくれない「Wi-Fiスポット設定」のアプリの設定は無効になりますし、作動しなくなります。

通知バーに飛行機のマークと、その場所が普段からWi-Fi受信可能な場所なら、Wi-Fiのマークが出ていることを確認し、電源を切って裏蓋を開け、SIMカードを抜きます。

再起動したらロック画面に飛行機の絵が出てくる「飛行機モード」になっていると思います。
この状態でも3Gを使わないアプリは普通に動きますので、プレーヤーやゲーム端末として利用している方は、そのままお使いになれます(無料アプリなどで広告を呼び出しているものに関しては、Wi-Fiが切断されると使えない可能性もあります)。

さて、X06HTから抜いたSIMは、ソフトバンクの3Gケータイなら、どれでも入るはずです。
以前使っていた機種など、お手持ちの3GケータイにSIMを挿して電源を入れましょう。
「ネットワークの自動調整」を「はい」したら、以前と同じように使えます。メールもSMS、S!メールともに、softbankメールのようにアプリが変な動きをしてメールが取れないなどということもありません。

これで、3Gケータイをかつてのようにフル機能で使用し、X06HTはPDA端末として使うという状況が完成します。

この方法、いずれX06HTから他のAndroidPhone(001HTや003SH等)やiPhoneへの機種変更や、他社への乗り換え時にも、最後に「飛行機モード」にしてSIMを返却(機種変の場合はスマートフォン専用SIMやiPhone専用SIMに交換)することによって、X06HTはそれ以降もWi-Fiに繋がるPDAとして利用できます。

「この日は絶対メールが来て、すぐに返事ができないとやばい!」と言うような時に是非ともお試しください。

スマホはパソコンみたいなものだし、まだまだ発展途上なので、特にメールは「気づいたときにDLする」ような感じになってしまっていますしね。緊急避難用の対策は幾らかでも知っておいた方が危ない橋を渡らなくてすみます(笑)

ひとつ問題があるとすれば、「飛行機モード」にするとX06HTの動きが若干重たくなった気がするくらいですかね(笑)
スポンサーサイト

む。

2011年04月16日 00:17

よく考えたらUbuntuの仮想マシンに入れる予定のWindowsXP、ライセンスがないじゃないか。
今のXP環境を破壊するのはちょっと時期尚早なので、負けた気はするがライセンスが余ってるW2Ksp4を入れることにしようっと。
W2Kでもファイヤウォールさえしっかり入れておけば大丈夫だ…と思う。ネット環境は全部Ubuntuの方でやるので、W2Kはスキャナーやらなんやらかんやら、Windows環境でしか動かない古い周辺機器やソフトを動かしてくれればいいのだ。DLとかメールなんかは全部Ubuntuの仕事だしね。

まあ、UbuntuでフリーウェアDL→W2Kで展開してインストール→Windowsで動くウィルス混入してました→Ubuntu通り抜けて拡散とかHDD破壊とかバックドア開いちゃったとかが一番怖いんだけども(笑)

しばらくXPとUbuntuのデュアルブートに仮想マシンでW2Kか…(^^;)

Win7のXPモード(あれも仮想マシンだな)乗ってるやつで、XP以前でしか動かない周辺機器がXPモードで動けばWin7の64bitも考えるんだけどな(笑) でも、今はUbuntuに慣れたいのだ。どうせWin7にしたところで、大半のソフトは最新版に入れ替えにゃならんのだし。

今回も、スキャナー。

2011年04月14日 01:47

Win95-98SE環境からW2K(いわゆるNT系)に移行したときに、いろんな周辺機器やソフトが「非対応」の文字の元、バッサリとやられたんだけど、32bit→64bit&XP→7への移行でも相当数がバッサリやられてしまいそう。
95系からNT系への移行で一番困ったのがプリンタとスキャナだった。他にもゲームは全滅だったけど、これは95マシンを残すことで回避(現在も95マシンはゲーム機として残存)。でも、周辺機器はそうはいかない。一番使ってるPCで使えないと意味がない。プリンタはEPSONのLP-700Wで、WindowsPrintingSystemがNT系には搭載されておらず、動かぬ箱に。これは後にLP-1700Sとニコイチ(LP-1700Sの基板をLP-700Wに移植)することで回避でき、さらにWin7にもこの改造機は対応済み。でもスキャナは当時も買い替えしか選択肢がなくて、泣く泣く買い換えた。それが今愛用しているCanonのCanoScan5000F。WindowsはXPでドライバのサポートが終了。7には対応できない。しかも、「ならばLinuxで。幸い今のPCにはUbuntu10.10の64bit版が入ってる」という思惑もLinuxのUSBスキャナドライバーとして有名な「Sane」のサイトに行くと見事に「対応してません(原文英語)」の文字。

…さあ、困った。
5000Fを愛用している最大の理由は「フィルムスキャナー」が標準装備なこと。速度もそれなりだし。まだ取り込みたいフィルムが大量にあるし、資金も乏しいので買い替えは避けたい。

…ということで、Ubuntu上でWindowsXPを延命することにしました。仮想マシンってやつです。
Ubuntuは64bitなんで、メモリはバカほど載せても大丈夫だし、仮想マシンは32bitでも問題なし(エミュレートだから当然と言えば当然)。しかも割り振れるメモリは実メモリまでってことで、Wineでソフトを入れまくってましたが方向転換します。

言ってみれば、Win7のXPモードみたいなもんですね。

テストがうまく行ったら、Windowsの環境は破壊して、Ubuntuベースで全部やり直すつもりでさえいます。

さあ、愛用のソフトがどこまで耐えてくれるかな。ほとんどがW2Kに乗り換えた当時に買い換えたものだから、大丈夫だと信じたいんですけど。

VirtualBOXはNON-FREE版を入れないとUSBをサポートしてないとかで、ただいまNON-FREE版をDLして入れてますが、どうなることやら。「機能」とコマンドの理解が不足してるから、変なことにならなきゃいいんだけど。FireFoxも3.6.12と機能でコマンド叩いて入れた4.0が共存してるような状態だし(笑)

とりあえず今夜はVirtualBOX4.0をインストールしたら終わりかな。

とにかくいろいろやって、Ubuntuが安定して使える(OSとしても僕自身の技量としても)ようになったら、単体でインストールしてるWindowsXPはアンインストールかな。


そして、参考までに我が家の可動PCの現状
三号機(NEC PC-9821Ap3C9W MS-DOSのプログラムやゲームの稼働用)
五号機(Hitachi FLORA 270VX Windows95ゲーム専用)
八号機(自作機 WindowsXP HomeEdition sp3 主力機1)
十号機(TOSHIBA dynabook E522 WindwosXP sp3 モニタ破損のため、色々とテスト用)
十一号機(自作機 Ubuntu10.10 64bit & WindowsXP Pro sp3 主力機2・HDD3台にデュアルブート)

色々とあったね。

2011年04月09日 00:22

なんだか色々とバタバタしている内に1月も経ってしまいました。

震災後の精神的後遺症のある僕にとっては、直後の映像とか壊滅した街の映像とかよりも「避難所の苦労」とか「~は助かったけど、他の人は…」みたいな話が出てくるこれからの方が実は辛かったりします。生かされた意味とか色々考えちゃうんで(この件に関してはもう結論出てるからいいんですけど)。そんなわけでテレビや新聞記事ともちょっと距離を置きつつ、仕事で時間に追われまくってます(笑)

最近創作意欲が持続しないという難問にぶち当たっておりまして、勢いで押し切らないと完成しないんですよね。これまた困ったことに勢いで押し切れるのも限度があるかなあ…とか思い出して。

そんなわけで、現在動画を作る方向で話が進んで行っている「腐女子にリア充の誘い」と「断絶した世界の空」を最後に動画師業を無期限休業しようかと考えてます。

作詞、作曲、歌ってみたはゆっくりとやっていこうと思ってますが、動画関連は「お助けマン」的な存在でいれればいいかな…と思ってます。誰かが困った時には、手を貸せる体制というか…。今後進んで手を挙げることはしないかと思います。

まあ、ちょっとした休息というか、息切れというか。アルバイトとはいえ、仕事なんで考えなきゃいけないことも多くて、家でも結構効率化の方法とか、ここは改善した方がいいとか、この製品はウチじゃ処理できないから東京のチームに送るように進言しようとか考えちゃってますんで…。会社に強制されてるんじゃなくて、自発的にそうなっちゃってるんですよね。そうなると創作に向けるエネルギーはどんどん減っていくわけで。

内向的な活動が今後多くなるかと思いますので、皆さんのお目にかかる機会も減るかなと思ってみたり。

また「いつでも動画引き受けるよー!」って言える日が来るといいんですけど。


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。