スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お悔やみ申し上げます…。

2011年03月14日 01:42

このたびの「東日本大震災」(東北地方太平洋沖地震)で亡くなられた皆様にお悔やみ申し上げます。
また、被災された皆様、現在も救助を待っている皆様、「もう既に頑張ってる」と言われそうですが、頑張ってください。必ず助かる、元に近い生活が取り戻せると希望を持ってください。

16年前の阪神淡路大震災(兵庫県南部地震)は、軟弱地盤の上に立っていた古い建物や手抜き工事の建築物が大量に倒壊し、火災も発生したことから死者7000人弱という大災害となりましたが、津波は発生せず、また工場地帯で火災や爆発等が起きなかったこともあって、今回の地震に比べると当時の一被災者としても、まだマシだったんだな…と思わざるを得ません。

今回の地震で得た教訓としては、津波の恐ろしさが一番です。
津波は俗に言う「ビッグウェーブ」の様にもの凄く大きな波が来るものだと思っていたのですが、今回の地震の報道で「気がついたら潮位が上がっていた。しかももの凄い速さで」という認識に変わりました。
4階建てマンションの4階に暮らす我が家では、神戸市が配布している「高潮ハザードマップ」で浸水北限ギリギリに位置しているのですが、「まあ、4階だし大丈夫だろう。車はダメになるかも知れないけど」程度の認識でしかありませんでした。過去に高潮の被害に遭っているというのは郷土史で知っていたのですが、南南海地震で津波が大阪湾に押し寄せる可能性もあることを思い出して、急遽家族と「津波の情報が来たら山腹の神社に集合しよう」と申し合わせしました。マンション自体は阪神淡路大震災も耐え抜いた老朽マンションですが、立方体に近い形状から揺れに強いと判断でき、南南海地震でも建物だけは大丈夫だろうという判断をしています。むしろ今までは高潮と、豪雨による土砂災害や土石流(家のすぐ横は小さい川ですが旧川道です)の危険しか考えていなかったので、指定避難場所に移動することしか考えていなかったのですが、指定避難場所はマンションより海に近く、また海抜も低い位置にあるので、高潮や津波の場合孤立する可能性があることに気付きました。また、津波の際に落ち合うよう申し合わせた神社も山腹でなおかつ小川の横にあるので、大地震や豪雨の場合、老朽化している六甲山自体の山腹崩壊に巻き込まれる可能性があるのです。
海から山麓まで約2キロしかない居住地では、津波や高潮が来たら山へ、地震が来たらとにかく動かずにいるしかなさそうです。今回のように「地震+津波」や「豪雨+高潮」が発生した場合、逃げ場がないことも再認識しました。その場合は孤立覚悟で移動しないのが一番安全そうです。


そして過去に阪神淡路大震災の被災者となった経験や、平成16年の台風23号災(水害)で洲本市の災害調査を行った経験からご覧になっている皆様へ。

・被災地への自動車での移動は絶対にやめてください。渋滞が発生して救援物資や救助隊の到着が遅れます。場合によっては被災地区の方の生命にも関わる大問題ですので、絶対にやめてください。また、被災地ではガソリンが手に入らないでしょうから、車がガス欠になるとただの障害物にしかなりません。公共交通機関の動向に留意しつつ、徒歩での移動を心がけてください。また、食料や飲料水は被災地では手に入りませんので、最低でも自分の分は確保してから出かけるようにしてください。

・被災した方々への救援物資として食料を届けようと思っている皆様、お湯を使うカップラーメンなどは、火をおこせる環境がないと食べられません。できるだけそれなりに味の付いた消費期限の長い、そのまま食べられるものと飲料水を届けてあげてください。以前避難所で配給されたお握りが多すぎて、半分くらいダメにしてしまった苦い経験からです。また、当時大阪の親戚が単車で届けてくれたものが「湯がないと食べられないもの」と「食パン1斤」で、結果的に水がなく、湯を沸かせなかった避難所では食べるのに苦労したからです。

・被災地の状況は刻一刻と変わっています。心配する気持ちはもの凄くよくわかりますが、二次災害を防ぐため、救助活動はプロに任せてください。被災地は既に日常から切り離されています。安易な気持ちで被災地にはいると、あなたも被災者になる可能性があります。また、被災地域外からボランティア活動に参加される方は、自身の気持ちをしっかりと持ってください。被災された方は心身とも疲れ切っています。些細なことで怒鳴られたり泣かれたり、感情を爆発させられる方に遭遇することもあるかと思います。生半可な気持ちではあなた自身も傷つきます。


広範囲が浸水、壊滅した今回の地震では、避難所生活や避難生活も長くなることが想定されます。また、避難生活も、短い周期で転々と避難する場所を移る可能性もあるでしょうから、精神面も含めて、体調のコントロールに気をつけてください。とにかく無理は禁物です。
(僕は芦屋で被災(住居全壊)したあと、枚方、東大阪と親戚宅を渡り歩き、市の仮設住宅に入ったあと(同時に入社時の研修で東加古川の会社の寮に2ヶ月ほど飛ばされましたが)、再建された自宅に戻れたのは震災から10ヶ月後でした)

それでは、一日も早く被災地区の方々に心安らげる日が来ることを祈って、今日はこれで終わりたいと思います。

乱文、長文、最後まで読んでいただいてありがとうございました。
スポンサーサイト

壁、壁、壁。

2011年03月03日 22:24

ついったで壁壁言ってたら、ちょっと壁と我が家のPCの話が語りたくなった(笑)

「PCと壁」で、僕が最初に経験したのがNECのPC-9801にあった「640KBの壁」。
アーキテクチャの関係で、メインメモリがここまでしか取れず、追加メモリはまだ当時「EMS」と呼ばれて別管理だった頃のお話。うん、最初に買ったデスクトップPC-9801BX/u2に8MBのEMS乗せるのに5万くらいかかったんだよね。懐かしい思い出。それにも確かメモリ管理のソフト(今で言うドライバみたいなもの)がついてたなあ。何せ640KBしかプログラムを置ける場所がないから、みんな必死になってCONFIG.SYSとAUTOEXEC.BATをいじって、メインメモリの空き容量を1bitでも稼ごうとしてたもんなあ。懐かしい。MS-DOSの小技を級友からたくさん教わったのもこの頃。猛者がたくさんいた専門学校でよかった(笑)

この壁を越えたのがWindows3.1が出た時だったっけ? それともWin95だっけ?

次に買ったAp3(まだ現役)は9.6MBのメインメモリが最初から搭載されてた…。.6ってやっぱり壁まだあるじゃないか(^^;) 最後は40MBまでアップしたけど、もうその壁を意識することってWindowsではあんまりなかったなあ。MS-DOS併用してたから、そっちでは意識しまくりだったけど。

次にぶつかったのが、Win95かPC-9821かどっちが原因かわからなかったけど、HDDの「4.3GB」の壁だったと思う。我が家の残存HDDにはこの4.3GB周辺の容量のものがクラッシュしたものも含めて、今でも5~6台ある。

そのあと、OSが32bit時代になって、我が家のOSもWin95からWin98SEを経てW2Kになったけど、ここでまた壁にぶつかることに。
次もHDDで「120GBの壁」。これはW2Kが原因だったはずで、120GB以上の容量のHDDを放り込んでも120GBまでしか認識しない、もしくはHDDそのものを認識しないと言うものだったはず。W2Kが主力の我が家では、特にW2Kで組んだ自作機が今でもこのサイズ以下のHDDを複数台搭載してる。現在稼働中の八号機は内蔵HDDが2台ともこの120GB。このブログを書いてる十一号機もW2Kで組んだ七号機の遺品を九号機を経て継承しているため3台の内蔵HDDの内1台が120GB。XPが出て解消された&サービスパックで対応したはずで、W2Kもsp4ならまともに認識したはず。…はず。

それから、我が家のPCも主力の2台はXPにOSが変わって一安心と思ったら、今度は久々にメモリで壁に。お馴染み「3.2GBの壁」。32bitのXPに4GBのメモリを挿しても3.2GB分しか使えないと言うもの。残りの0.8GBは死にメモリになるので、RAM-DISKとして使いましょう…とかいう話をどこかで見た気がする。確かこの壁って32bitOSには共通のはずだから、Vistaも7もあったような…。もしくは4GBが限界になってるはず…。Vistaも7もウチにないから細かいことわからないけど。

そして最後が今の仕事になってから初めて知った「2TBの壁」。HDDが32bitOSでは2TBまでしか認識されないという、W2Kの「120GBの壁」と同じもの…のはず。
もう3TBの内蔵HDDや2台の2TBHDDを2台組んで4TBと認識する外付HDDが出てるこのご時世、もう32bitOSも過去のものになりつつあるんですねー。

かといっても32bitOSにしか対応してない周辺機器が大量にある我が家にとって、64bitOSは脅威。32bitOSの7にすら対応してない(ドライバがない/見捨てられたほど古い)ものもあるだけに、この先の機器&ソフトの更新は慎重にならざるを得ないなあ。九号機→十一号機は既に64bitCPU/マザボなんで何の問題もないけど、未だ32bitCPU/マザボの八号機は、64bit対応の十二号機へ代替わりしないと対応できないな。

まだ64bitOSが必要な状況ってなにもないけど。あ、十一号機のメモリ(4GB実装)がフル活用できてないって問題があったか(笑)

まあ、何にしても、16bitから32bitに変わった時のように、すんなりとはいきそうにない雰囲気が濃厚です。

まずは資金調達からだなあ。ソフトもハードも総入れ替えになるだろうから。

あらら、もう3月だよ。

2011年03月02日 01:12

なんか気がついたらもう3月ですね。
前のX06HT2の記事書いたの、10日前か(笑)

ここんとこ仕事でiPhone、iPod、ウォークマンばっかり見てるので、その3つとも持ってなくてよかったと心底思ってます。はい。この3種類のアイテム、今見たくないものの代表。特にiPhone3G(3GSと4は別にいい)。あとウォークマンは本当に見たくないなー。愛用してる人には申し訳ないけど、愛用してるMP3プレーヤはSAMSUMGのYP-C1Zだし、スマホはHTCのX06HT2なので、全く個人的に実害はないので(^^;) そういやあ、この間001HT入ってきてたなあ。もう売った人いるのか(^^;)

現在、コラボの方では自分が作詞した「腐女子にリア充の誘い」でリンちゃんの調整をやってます。調教なんて言えるレベルのものじゃないので、調整です。初めてAppendのPower使ったけど凄いね。ACT.2の声も好きなんだけど、こっちも悪くないなあ。でも「らー」だけがもの凄く籠もったのが不満と言えば不満だったり。全体的に「できがよろしくない」のは不満にならないんだけど「ピンポイントでできがわるい」のは手の施しようがないので辛いです(^^;) がんばれ、リンちゃん。

この間誕生日に奥さんと娘からもらったマグカップが使いやすくて感謝。「緑茶&中国茶」派の僕には、マグに蓋と茶漉しがついてるのは凄く有り難い。つうことでただいまプーアル茶がマグの中に入ってます。美味しいよプーアル。あと玄米茶とジャスミンティが茶葉の状態でスタンバってます(笑)

最近色々とほしいものがまた出てきて物欲との戦いになってます。
現時点での防備録。
・550WのATX用電源。
・5インチベイ用HDDクーラーをもうひとつ(できれば黒色)。
・500GBの中古SATA7200rpmの内臓HDD(RAID用に)。
・ATXマザー用の限りなく小さいケース。98みたいなデスクトップにできないかな。
・32GBのmicroSDHC。
・中古のdynabook EX/522。できればPentium4モデル。最悪動かなくても液晶が綺麗に映ればいい。
・鏡音リンレンAppend。
・めぐっぽいど。
・キヨテル先生。
・出たらKAITO Append。
・DXロストドライバーと付属のエターナルメモリのセット(仮面ライダーW)。
・ゾーンメモリとユニコーンメモリ、アクセルメモリ、トライアルメモリ、エンジンメモリ(仮面ライダーW)
・DXスカルマグナムと付属のスカルメモリ(仮面ライダーW)。
・DXダブルドライバーと付属のジョーカーメモリとエクストリームメモリ(仮面ライダーW)←これは頼まれもの(笑)
・話の設定やら音楽を作る時間。
・野球のゲームと提督の決断4をする時間。
・寝る時間(笑)。

下の三つはお金じゃ無理無理(笑)

今月もこんなペースですねー。

「腐女子」「断絶」の動画作製と平行して「奇跡」の作曲と打ち込みも進めていかないとなーとか思ったり。

時間との戦いだから、すること絞っていかないとね。
しばらくはリンちゃんの調整・動画作製に専念専念。

明日(もう今日?)こそ今日の遅れを取り戻さねば。


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。