スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

熱中症対策(PC)

2010年06月30日 02:45

ふう…。朝から寝坊して、娘を学校に送り出し、区役所に年金の相談に行って帰ってきたらバタキューで寝ちゃって、気づいたら15時でした…。

こんばんは、忍恭弥/しのぶたかやです。
↑今日は二次創作がらみの話はないですよと言う名乗り(笑)

九号機のAthlon熱暴走目前問題、どう解決しようか悩み出したので、色々と手を打ってみました。

室温33℃、湿度73%、扇風機があっても蒸し暑い状況です。
計測開始前のCPU温度は58℃でした。

まず(1).PCの外版を外して、扇風機で直接MBを空冷した。
(1)の結果、48℃までさがったけどそこで打ち止め。空気の淀みは変わらず。→効果なしっぽい。

そして(2).ついでがあったので、中の配線をちょっと見直してみた。特にごちゃごちゃになってた平型ケーブルを隅の方に追いやってちょとでも風の通りを良くしてみようと試みた。
(2)の結果、54℃まで下がる。ケース内の空気の流れに問題があった??

そして最終手段(3).(2)の結果をふまえてエアコンをつけた。エアコンの設定は我が家の標準である「30℃、涼感冷房(時折風が下に吹いてくるように動作させるモード)」(室内の温度計はこれで28℃になります)
(3)の結果、48℃まで下がった。

…結論、室温とケース内のケーブルのまとめ方に問題があったようです。とりあえず、エアコンさえつけてればなんとかこの夏も越せそうな雰囲気。
ちなみに同じ条件だとPentium4(Northwood)の八号機は41℃でした。


そのテストをする前に、「これはもう更新も視野に入れるべきだ!」と思ってパソコン工房とソフマップ両にらみで、価格調査に入ってました。
GIGABYTEのAMD-785GチップセットのSocketAM3、DDR3メモリのATXマザーが中古で8000円。
AMDのAthlonII×4 635が9900円。
DDR3 1333メモリの1GB×2が5000円。(金額は全部ざっくり)
OSは今使ってるWinXP Pro SP3、HDDも今のSATA500GBをメインに据え替えて、残りはIDE接続で行くとしてそのまま流用可。電源も500Wだから、多分問題ない。ケースもでかいのでOK。音源とグラボはオンボードあるけど、音源は今のAudigy2を使うのでカットして、グラボはGeFoce6500と比べてどうかで判断(個人的には使用メモリを1メガでも減らしたくないので、グラボもオンボードはカットしたい)。
となると、現在IDE接続してる機器が4つあるのでそのうちの1つCD-RWは撤去するとして、どれかひとつは変換コネクタをつけるか更新が必要ってことに。単価の安いDVDマルチドライブかなあ…やっぱり。3000円くらいだし。コネクタ代と見比べて決めよう! と決断したところでテストしたんですが、無事にクリアしてしまったのでお流れに。30000円で最新機種のエントリーモデル(と言ってもクアッドコアだけど)くらいにはスペックアップできただけに実弾さえあれば…と悔やむところです(笑)

転職できたらお祝いに買おうっと(笑)


で、何のついでかというと、音源ボードのAudigy2のフロントパネルのマイク端子が標準ではダイナミックマイクに対応してないというマニュアル内の記述を見つけ、ジャンパピンひとつで対応OKってことで、一度バラしてみる必要があったんですね。バラしたらちゃんとジャンパピンついてました。ちっ、これで少しはマイクの音が良くなるかと思ったのに対応済みとは。

あとはコンポのスピーカーをPCに接続するためのアンプを見てたり、MBを新調するに当たって他に足らないものはないのかとか調べてたらいつの間にかこんな時間に。
ケンウッドのコンポのスピーカーが余ってるから、アンプは切にほしいなあ。またオークションとか見ておこう…。
あ、そうだマイク接続するUSB接続の入力用端子も探しておかなきゃね。たしかエディロールにもあったよなあ…。




スポンサーサイト

恐怖の夏が来た!

2010年06月29日 03:49

夏ですよ! 夏が来ましたよ!

只今神戸は雨が降って雷がビカビカ光ってます(じゃあ、PCの電源切れよ(^^;)

夏と言えば湿度と気温。既に室温32℃。湿度75%。

僕のメインPC「九号機」はこの温度にメチャクチャ弱い。

最近動作がちょっと遅いなあ…と思って久々に管理用のツール立ち上げたら、「CPUの温度:58℃」という表示。

ちょっと待て! 60℃から警告表示出るように設定してたのに、アイドル状態で58℃ってなに!? Pentium4 2.80GHz(Northwood)の八号機は42℃だったのに!

Athlon64の放熱量の多さなめてました…。

以前クーラーが対応してなくて100℃近い温度まで上がって熱暴走でバンバン落ちた九号機のAthlon64 3800+、
MC4立ち上げて編集してるだけで64℃って何? もう警戒域に突入してるじゃないか!
クーラー交換したときには冬だったこともあって28℃とかの「安心域」だったのに…。

事実PCの蓋開けたら熱籠もってんだよね。
吸気も排気もうまくいってない感じ。中の空気が淀んでる。
CPUクーラーのすぐ上に吸気ファンを取り付けて、それをバックパネルからファンで逃がすような内部構造なのにフロントパネルからメモリくらいまでの部分の空気がすごく淀んでる…。

こりゃあ、フロントの5インチベイにもファン足して、排気ファンも高機能型に替えないとヤバイかも。

PC内の空気の流れが熱暴走の原因になるとなると、安心してエンコかけられないからなあ…。

八号機みたいに吸気ファン二個にするか…。


八号機も途中CPU交換したと言っても既にMBは6年生。ちょっとずつガタが出始めてるし、九号機もこの夏が乗りきれるか危険な状況。

どっちかを更新しないとそろそろやばいなあ。資産的には流用できる資産の多い九号機が先行になるんだけど、実弾がない…。

何とか部屋にクーラーかけたり、最悪ケース外して直接扇風機で空冷するしかないか。

なんとか夏を乗り切ってくれますように…。

久々にMC4と格闘。

2010年06月29日 03:25

今日はコラボの方の書き込み&お返事はちょっとお休み。

最近動画師のお仕事ばっかりで、「楽師はこないだの『さよならじゃなくて』でひとまず引退♪」とか思っていながらコラボで「Dear…再生プロジェクトを立ち上げてしまったアホな自分(笑)

隊長が苦しんでた「歌詞選考」の苦しさもしっかりと味わわせていただき、「全部作りてー!!!」という欲求まで出てくる始末。ま、これは同じ音に別の歌詞が乗ったものが大量に並ぶだけになってしまうので、作詞家さんたちにはやりすぎると失礼かと思いつつ、自分ならやってもらえたら例え動画にならなくてもMP3プレーヤやPCに突っ込んで絶対聴きまくるだろうなあ…という自分大好き人間な僕。

そんなことを考えながら、今日はオケをいじってました。

オーバードライブキターをMC4の標準添付音源のひとつであるTTS-1からIndependence FreeのPower Guitarに置き換えようとしてたんですよ。MC4は何の縛りのないので気楽に作って、ちょっとそれっぽく聞こえるように箇所箇所をピッチベンドで持ち上げたり下げたりしてたんですが、Independence Freeだとうまくいくところと全く音が外れるところが出てきておっかしいなあ…。と悩みつつ時間だけが経過。ピッッチベンド・シンセビリティ(以下PBS)の設定がおかしいのかとそれもいじってみたんですが、変化なし。
「…Independence Free、PBS受け付けないのかな?」と思いながら、Independence Freeのウィンドウを見てると「Pitch」[-1.0」~「+1.0」とかいう項目を発見!
これか!と目星をつけて元々設定してたPBSである-2.0~+2.0に設定すると、MC4でPBSを1.0に設定したところは当然全部おかしくなるんですよね。そこをペンタブでガシガシ書き直してました。
ちょっとはバード目のギターサウンドになったかなぁ。

あと、ドラムのフリー音源を探してるけど、E-MUのProteusVXによさげなドラム音源がないか探してみよう…。
英語が全く駄目なのが、この手のフリー音源やフリーエフェクトを扱う上で最大の弱点だよなあ(高校の英語は学年最下位でしたもんで。偏差値20.1なんてそう簡単に取れるもんじゃないよ(^^;)

かといいつつ、MC4のプリセット音源やプリセットエフェクトで使ってるの音源のTTS-1だけって時点で既に色々とヤバイ気がします(笑) ハードウェア音源のSC55-MKIIも一応まだ現役だし、選択肢はあるはずなんだけど、使いこなせてない(^^;) MC4にGS2の音源もプリセットで入ってたのになあ。TTS-1と比べると、しょぼく聞こえて…。
エフェクトなんて全部DLしてきたフリーエフェクト使ってるもんなあ…。

くそう、こんなところで英語の壁にぶち当たるとは! 英語勉強しなきゃ…。

選考終了!

2010年06月28日 02:18

「Dear…再生プロジェクト」の歌詞選考がようやく終わりました。最後は2曲をリンちゃんに歌ってもらって、それをオケに乗っけて聞き比べて決めるという、大がかりなことになってしまいました…。

結果、いつきおとさんの「ビターオレンジ」を採用させていただきました!

これからイラスト募集して、描いてもらってる間にこちらもコーラスとか細部とかオケとか詰めていかないといけませんね。今回アップしたのまだβ版だし。
(隊長の新作も7/中くらいが締めきりだから、絵師さんもブッキングすると困るだろうし)

さて、これが一段落ついたので、蓮-hasu-さんに「動画作らない~?」とお誘いをかけねば。…というか、「是非作って」と脅しお願いに行かなきゃね。

第二回目の選考はビターオレンジが外れたといっても良作揃い。

動画ができたらまた悩みそうです。


学生絵師さんは「夏休み」という社会人にとってパラダイスに見える期間に量産していだこうか…ということを毎日日曜日の僕が言っても説得力ないのですが(笑)

あちこちで説教された日

2010年06月27日 01:52

今日はあちこちで説教されました(^^;)

ま、原因は自分なんでいかんともしがたく、「はい、はい、仰るとおりです」としか言いようなかったんですが。

まずは昨日ぶっ倒れてたことから実家に呼び出され、その理由を釈明。前職場へのボランティアが原因と正直に白状したため集中砲火を浴びてきました(^^;)
まそりゃそうだな。クビ同然で辞めた会社の残務処理に倒れるまで行く義理はないと言われりゃその通りで。交通費だって自腹切って行ってるし、無給だし。この説教が昼食はさんで約4時間。

さて、その後お世話になってる精神科のお医者さんでも、同じことを正直に白状したところ、全く同じ説教をされました。「きみはなあなあでやりすぎてるから、色んなところに問題でるんやで」と。「その性格は直しなさい」とも(^^;) まあ、お医者の言うこと聞かずに静養してなかったんで叱られても仕方ないところですね。「そんなん聞いたら『働けません』って書かれへんやんか」とも言われました。まあ、無給とはいえ実際無理に無理を重ねて仕事しちゃったわけだから、無理をし続ければ働けないこともない…。と言う理屈にもなりますからね。職安にも健保組合にも結局は「症状が悪化しました」という文言の証明書を書いてくださってたんですが最後苦笑いされてました。関わってた仕事の最終検査が28日なんで「もう前の会社には私物整理以外で行くなよ!」と釘刺されました。

10年もいたから、会社や仕事に愛着はなくても、関わってた人たちにはもの凄く情が残っちゃってるんですよね。馬鹿だなあ、俺…。数年前に辞めた上司にも時々「元気にしてるかなあ…」なんて思ったりしてるし。

いやあ、ホントにお人好しは命を縮めますね。

自分が残してった仕事だし、後を託した後輩クン(と言っても役職上4月から上司なんだけど)は毎日のように「わからないから教えてください。測量成果僕じゃ作れません。できれば成果作ってください。納品日に間に合いません」って電話かけてくるし、自分で行ってやった方が気が楽…と思った僕が馬鹿だったわけで。
「そんなん知るか! 俺はもう無関係や!」って言えりゃあよかったんですが、情が勝っちゃった…。

結果、成果はほとんどひとりで作っちゃった。6センチのA4バインダー2冊分。我ながらよくやったよ。調子悪い状態で作ってたから、間違いまくって最後方後輩クンキレかかってたけど、「チェックできません! 全然数値合ってないですよ!」って(笑) 結果、最終のチェックまで自分でやるハメに(笑) 一番世話になった課長が無言で肩を叩いて飴をくれたのが唯一の慰めでした。ホント、課長には10年間お世話になりっぱなしだったなあ…。


昔ある節目でオマケにやってもらえた「占い」をしてもらったことがあるんですよね。
人生を4つの段階で分けて、前の3つは全て「愛」を表す色の組み合わせを引いてたんですが、最後のひとつ。今後の自分って言うところで引いたのが「死」を表す色の組み合わせだったんですよね。占い師さんが一瞬硬直したの良く覚えてます。どう不吉な言葉を出さずに説明しようかとすごく困ってたのがハッキリとわかったもんでした。僕は意図的に「再生」と読み替えたんですが、こりゃあ、そのままの意味で当たりだったかな(笑)


この間、15年前に自殺した従兄の兄ちゃん(ホントの兄ちゃんみたいで仲良かったんだ)が夢に出てきて、何も語らずに凄く笑顔だったのがハッキリと記憶に残ってて、「兄ちゃんは俺に何が言いたかったんだろう?」と考える日々が続いてます。今ちょうど自分が兄ちゃんが自殺したときと同じくらいの歳になったから、何か伝えたかったのかな…って。でもそれがわからなくて悶々としてます。ちょうど兄ちゃんが自殺した時って、地震後の避難で兄ちゃんの家に居候してたから、前日の晩のこともハッキリと覚えてるし…。その後、母方の実家へ避難場所を移ることになるまで、兄ちゃんの子供二人と毎日遊んだこともまだ覚えてる…。下の弟くんには最後の日に「いっちゃやだ!」って泣かれたし…。その彼らももう成人してるんだよなあ…。歳取るはずだ…。

兄ちゃん、ホントに何が言いたかったのか教えてくれよ。
ただ顔見に来たんだったらそれでもいいからさ…。


なんだかいつも以上にまとまりのない文章になっちゃってすみません。

今日はこんな日だったんです。

選考遅れました。すみません<(_ _)>

選考って難しいですね…

2010年06月26日 04:03

「Dear…」再生プロジェクトに、コラボ内から多数の応募をいただいたんですが、ホントにいいものが多くて悩みに悩み抜いて、2つまで絞ったんですが、そこからはもう競馬で言うところのこの間のオークスみたいなもんで「同着」かいつかのスプリンターズSみたいにエイシンワシントンがフラワーパークに「1センチ差」で負けたレースのように、極限の選択を迫られてます。

昨日まで前職場のボランティアに行ってたせいもあって、今日は疲れ切って1日寝てた(それも唯一窓がない台所に布団強いて、ドア締め切って仮想「夜」にしてから)んで、ほとんど選考進んでないんですよね。申し訳ない。

さっき何とか2曲ともボーカルの仮WAVデータできたんで、明日あたりオケと合わせてみます。

うまくいったら明日あたりに発表できるかなあ…。ギリギリ滑り込みのmegumuさんのも改めて聴き直さないと、良曲を見逃す可能性もある…し。

多分、オケもちょっと見直すつもりです。替えるのは音源だけかも知れないし、譜もいじっちゃうかも知れないけど、大筋は今のまま…だろうなあ…うん。ギターはちょっとだけいじりたい…。PITでそれっぽく聞こえるようにしたいなあ…。

いま、河口恭吾さんの「夢の真ん中」を聴きながら書いてますが、この曲のサビのピアノ格好良い…。

なにができる?

2010年06月24日 02:29

前の記事書いた後に色々と自分で考えてたら、自分は「歌物語」がもの凄く好きなんだなあ…という結論にたどり着いてしまいました(^^;)

聴いた瞬間浮かぶ映像、…これが一番大事だったんだなあ…って。詞と音楽が一体になって、物語としてイメージ映像として語りかけてくる…。その瞬間が凄く好きだったんだなあ…って。

よく考えたら僕がCDを借りるときに良くやるのに「歌詞カードを見て、良さそうだと思った詞があったら借りる」という行動があるんですよね。そして曲を聴いた瞬間ショボーンとなる「なんでこの歌詞にこのメロディや編曲なの!?」というか。自分の中で勝手に思い描いていた曲のイメージと全く方向性が違うと、もう聴けなくなっちゃったり。あはは…。

だからかどうか、影響を受けた歌手の方って、作詞から編曲まで全部自分でやられる方が多いし、編曲者が変わった瞬間「あ、もうこの人いいや」ってなった人もいます。

だから、「歌詞が理解できない」日本語以外の曲って全く聴いてないんですよね。洋楽の名曲とかは「替え歌」になってるものにバカ受けして、原曲も聴いてみるというような逆方向の聴き方してますしね(^^;) あとは全く歌詞のないインスト系?とか、父親の影響で聴くようになった「アルゼンチンタンゴ」とか。

これがきっと僕が「平易な歌詞」しか書けないと言うか書かない理由なんだと思います。
かつて通信教育で「作詞講座」を受けていたときも講師の松井五郎先生に「歌詞が平凡すぎる」と一刀両断にされたことを思い出しました(笑)

映像が、イメージが聴いたときに鮮明に浮かぶと言うことが、僕にとってもの凄く大事だったんだと言うことを、改めて認識したことで、動画師としてそう言うところにも活かしていけたらなあと思います(これが動画作りに足を突っ込んだ原因ですね、きっと(笑)。

韻を踏んだり伏線を張ったり、比喩を上手く使ったりといった技法が全くなく、作詞家としては全く無能だということも認識できたんですが、それはそれ。同じ考え方の楽師さんがいるかも知れないので、マイペースで続けていきたいと思います。


それとは全く別の話題なんですが、自分が詞を書くことで何かできないのかな?と最近考えてます。
たいそれたことかも知れないけど、何か世の中に返していけないのかな? とか。

宮崎の口蹄疫、鹿児島の豪雨…。

心を痛めて生活をしている人たちに何かの手を差し出せたらなあ…とかつて全国から支援を受けた被災地神戸に今も暮らす人間として思います。

金銭的な援助とか、現地に駆けつけてボランティアに参加…とかは家庭のある身、なかなか踏ん切りがつきませんが、誰かの心を癒せる、涙を流して楽になれる…そんな詞を書けたらなあ…と今思っています。

技量的には無理かも知れない。
でも、なんかモヤモヤしてるんですよね。何もしないのが。
世界にまで目を向けることはできなくても、せめてこの日本という国にに暮らす人たちには、これまでの何かを何かの形で返したいな…と。


ああ、今日もグダグダな記事ですみません。
明日も前職場にボランティアに行ってきます(笑) それでは、おやすみなさい<(_ _)>

誰がために

2010年06月22日 04:16

コラボの掲示板では終息しかかってる話の内容だから、掲示板では書けなかった内容をここでこっそりと書こうかな。

例によって自分語りなので超長文です。読まなくても人生に於いて何の問題もありません。

はい、注意喚起終了。
では、遠慮なく。




らいごさんの「落選した詞は基本的に削除」と言う姿勢を「結構特殊な考え方なんだなあ…」と思っていた僕にとって、今回の作詞家さん達の「落選→削除」の同調率が高くて正直ビックリしました。

僕が作詞を詞先から始めるようになったのは、僕が最初に小説を書くようになっていたからと言うのがあります。それで音楽も好きだったから、歌詞も書いてみようかな…と。もちろん音楽的な知識は音楽の授業以外まったくない20年も前の話です。高3の時に選択授業で「音楽」を選んだら「音大志望じゃない生徒はいらない。特に男は」と「音楽」を希望してた僕ともうひとりは泣く泣く「英語」を選択するしかなかったという暗い過去もあります(もうひとりはその後退学までしてしまいました)。

それから20年の間、僕はひたすら誰に見せるためでもなく、作詞という作業を続けてきました。でも、20年で200も作ってません。バンドのボーカルにと誘われたことはあったけど、色々と忙しくて断っちゃってたり、ギターもキーボードも持ってるのに練習途中で挫折したりと、「作曲」と縁のない生活を送っていたことも、身近に音楽をやっている友人がいなかったこともあって、「詞先」の作詞はのんびりとしたペースで延々と続いてました。

転機が訪れたのはピアプロ、ボーカロイドとの出会いでした。

ここで初めて「曲募集」という楽師さんのタグに出会って、初めて曲先で詞をつけました。それが、くたーさんの「君が遠くに」です。タイトルが決まってて、「こういう中身で」というしっかりした縛りのある曲でした。「このテーマとタイトルなら書いてみたい」と思って書いた詞が、くたーさんの率いるバンドの皆さんに評価されて、同人CDになったりもしたんですが、それ以降、曲募集への応募は撃沈の連続でした。

その間、詞先で書いていた曲はリンレンとMC4を入手していたこともあって、自分で全部曲をつけていたので、作詞のペースとしてはがっくりと落ちてます。1曲書くのに音楽知識のない僕は数ヶ月かかることもザラだったので、効率が悪いと判断したんです。

僕は、詞が書きたかった。

曲も書きたかったけど、比率で言えば、詞が書きたかった。


歌詞募集への撃沈を続ける中で、色々と迷いも生じました。「撤退」の文字も当然浮かんでます。

そんな中で出会ったのは「ココロ」や「トエト」、「ソラトバズ」などでおなじみのトラボルタさんのブログに書かれていた言葉でした。
「Aさんが良いといってくれた曲を、Bさんはイマイチだという。じゃあ今度はBさんが良いといってくれる曲を書いたら、Aさんに受けなかった。それで僕は思った。万人受けするものは絶対にないし、これからは自分の書きたいものを書こうと」
要約するとそんな感じの言葉でした。

これ、僕が小説を書いているときのスタンスと全く同じだったんですよね。自分が書きたいものを書く。それをたまたま目にした誰かが、読んでくれてなおかつ続きやら新作を読みたいと思ってくれたらラッキ。でも誰のために書くかというと、まずは自分のためでした。自分が読みたいものを書く。同人屋の癖みたいなものですね。「ないものは自分で創る」という。

だから、僕の作詞はあくまで「自分のため」の作詞でした。
曲募集もリン廃の僕は基本的に「鏡音リン」のタグが付いていない曲には応募しません。それがないにもかかわらず応募している曲は、インストの段階で相当心を揺さぶられたからです。隊長の「nostalgia」や「momentum」タウリンさんの「肩を寄せて」がこれに相当します。

「この曲に、自分の歌詞を乗せてみたい」という極めて自己中心的な理由での応募です。

だから、書き上がった時点でその詞が採用されようがされまいが、僕の中ではもう満足してしまってます。

もちろん採用していただいて曲になれば、踊り狂って喜びますが、自分のために書いた詞だから書き上がればもう満足なんです。

採用されたと言うことは、それが他の誰かの心にも響いた。ただそれだけの理由だと思っています。
他の人の心に響かなかったから、それは駄作かと問われると「否」と僕は答えます。
少なくとも、自分には響いたからです。

そして、掲示板にも書きましたが、「nostalgia」→「CLOVER」への流れ、蓮-hasu-さんのタグのお陰で、詞先の歌詞を書くモチベーションも甦りました。

自分が書きたいものを書く。

それがたまたま誰かの目に止まればラッキ。

20年来続けてきたスタンスに戻れました。

だから、落選詞も詞先詞も、ピアプロでは改訂することはあっても消すことはありません。


僕の詞を見てくださった方から「ここはこうされた方がよりよくなるのでは」と指摘があったときには「では、共著という形にさせていただいても良いでしょうか?」とその指摘を取り入れさせていただいた上にその方のお名前も載せて共著という形になった詞もあります。

そして、詞先で書いていた詞の中から「love sick」を烏有亭_喪音さんが拾い上げてくださいました。
隊長も、1曲準備してくださってます。

自分の書きたいものを書く。

それが誰かの心に触れてくれたらなお嬉しい。

これが具現化した瞬間で、本当に嬉しかったです。


書いた詞は僕にとって子供のような可愛いものです。長い年月で成長する子もいれば、そのまま死んでしまう子もいます。「思い出に包まれて」は20年前初めて作詞した詞を最近ブラッシュアップしてピアプロに掲載した、「成長した子」の典型です。そして、その後ろには累々と屍に近くなった過去の作品が並んでます。既に墓標を立ててしまった詞もたくさんありますし、いつかブラッシュアップしたいと思ってる詞は、別のところで待ってもらってます。



求められてはないかも知れない。

誰にとって必要ないのかも知れない。

それでも自分のために、僕は詞を書き続けます。

だって、僕が書きたいんだから。

これ以上の理由はありません(笑)




あ、最後にもう一つ。

動画作りも基本的には同じスタンスです。

「nostalgia」の動画師募集に手を挙げたのも「この曲をもっとたくさんの人に聴いてほしい」と思ったからだし、隊長の他の曲に勝手に動画を作り出したのも「この曲の動画が見たい」という自分の欲求からでした(笑)

今はコラボになって、絵師さんのお力添えやコラボメンバーのありがたい指摘のお陰で、ひとりでやっているときに比べて遙かに精度の高い、素晴らしい動画が作れるようになってます。
本当に、協力してくださる皆さんには感謝しています。
ありがとうございます。
そして、これからもよろしくお願いいたします。



本日のグダグダな超長文記事は忍恭弥としのぶたかやが共著でお送りしました(笑)

やべ!

2010年06月21日 03:21

もう3時だ!
明日と明後日、また前職場にボランティアに行くんだった!

カミさんとQVCに色々とツッコミ入れながらエンコードしてたりブログ書いてたらこんな時間になっちゃったよ!

寝ます!
のび太くんに負けない5秒で睡眠が自慢(逆に5分以上かかるとイライラして寝付けなくなる弱点もあり)なので、寝ます!

では、みなさん、また明日~!

抜け殻

2010年06月21日 01:55

朝の5時までPremiereElements7.0の性能評価のために「nostalgia」を作り直していたら、相当消耗したようで、今日は一日抜け殻状態でした。娘が7時半に起きてスーパー戦隊シリーズ見だしたから、実質2時間睡眠(笑) 寝室にしかテレビないって、こういう時辛いな。

さて、そんな中今日は弟から大量に預かっていたボカロがらみのCDをひたすらリッピングしてました! インターネット孤島の実家では「ネットからCDの曲名が自動的にDLされる」という機能が弟のPCに当然なく、「曲名打つのめんどいから頼む」と言われ、16GBのSDカードも預かって来たんですが、WAVと192bpsのMP3を入れると16GBじゃ足りないと言うオチ(笑) WAVは全部入ったから、後は自分ちでやりたまえ。兄より。

歌詞募集もようやく2つまで絞ったんですが、もう自分の声じゃ判断つかなくなったんで、両方ともリンちゃんに歌ってもらって、それでどっちかを判断したいと思います。ウチのリンちゃんは少し大人声(GEN+15)なので、それに合う方になるかなあ…。

さて、夕食後に突然新旧nostalgiaの動画を比較したくなって、自分で比較動画作りました(笑) 昨日アップした新nostalgiaはコミュ専用動画にならなかったので、今度こそコミュ専用動画にするぞ! と意気込んでます。まだまだニコ動の色々を理解してないから、こういったエラーは多いです。すみません<(_ _)>

あ、それからコミュニティがようやくコラボメンバー全員収容できる状態になりました。参加してくれたプレミアム会員のメンバーの皆さん、ありがとうございました!<(_ _)>

…と言うことで、コミュニティ専用でnostalgia新旧比較動画をアップしました。
暇つぶしにでもどうぞ(笑)

新兵器登場!

2010年06月20日 03:47

さすがお店が同じ市内。日通さんも仕事が速い。

待望のPremiere Elements7.0、朝の9時に届きました!
一昨日の真夜中に注文したのにね。ホント早くて助かりました。

つうことで、早速インストールして慣れるためにいじくり倒してます。

VS12との総合的な比較はまた今度改めて長文で書きますけど、いかにもAdobeって作りだった(笑)

大きくやりたかったことのふたつは完全にこなせたけど、逆に今までできてたことができなくもなって、そこに今度は悩みの種が。
どれも帯に短し襷に長し…。After Effect買えってか、Adobeさんよ…。
そして相変わらず役に立たないサポートページ…。
VS12がもっと使えるソフトだったら絶対に買わなかったのに…。悔しいな。Adobe嫌いなんだよ。創作系ソフトはほとんどAdobeのだけどな(笑)


と言うことで、せっかくコミュニティも開設したことですし、ソフト慣れのために思い出の名曲(と言ってもまだ2ヶ月前だよ、リリース(笑)「nostalgia」に人柱になっていただきました。

同じ絵を使って、ソフトが変わって、作ってる人の技量がほんのちょっぴり上がったらこうなった…という動画です。

コミュニティ専用動画としてアップしましたので、ニコ動「オイル☆ショック」コミュのメンバーの方は一度ご賞味ください(笑)

それにしても、Premiere Elements7.0意外に軽くてビックリした。
シングルコア(AMD Athlon64 3800+)でもそんなに不満なくサクサク行ってくれました。
あの8.0の強烈な重さは何だったんだ…。奨励スペックCPUが0.2GHz違うだけだというのに…。

ただ問題は、テキスト関連のプログラムが弱い。今日だけでテキストいじってる最中に2回落ちた。自動バックアップの間隔を短くして、さらにこまめにセーブしないと危険。VS12も結構不安定だったけど、それを上回りそうな雰囲気。さすがAdobe(笑)



これ以降私信です。
[新兵器登場!]の続きを読む

コミュニティも作った!

2010年06月19日 01:48

ピアプロコラボ「オイル☆ショック」は元々傾城さんの時に、ムジカ隊長と二人で「楽師が動画上げてないと、コラボにしないと週間ボカロランキング、ヤバイらしいよ」という話から立ち上がったコラボでした(それまではnostalgiaとCLOVER以外、僕が勝手にムジカ隊長の「動画募集中」タグの付いてる曲に片っ端から動画を作っていっていただけだったんです)。

コラボ名も二人で、後半は蓮-hasu-さんとからいごさんにも入ってもらって考えた結果、僕もムジカ隊長も「オイルショックの年」生まれ(つまり同級生です)ってことでコラボ名になりました(笑)

ピアプロの方のコラボはムジカ隊長が管理してくださってるので、ニコの方は僕が立ち上げようと思って、本日立ち上げた次第でございます。



結構色々と縛りがあるみたいで、今のところプレミアム会員が僕しかいないんで、後3人しかコミュニティに入れない状況ですので、コラボメンバーでプレミアム会員の方、是非とも参加してやってください。

お願い<(_ _)>

なお、既存曲は全てこの「オイル☆ショック」を出身コミュニティに変更しています。

ムジカデリク隊長新曲「アーパスの独り言」アップ!

2010年06月18日 23:31

オイル☆ショックの我らが隊長ムジカデリクさんの新曲、「アーパスの独り言」がニコ動にアップされました!
隊長初のミクAppend曲で、SWEETの破壊力が半端じゃないです。



優しさと切なさと儚さと…。
インドの水の精霊「アーパス」が過去に興味を持った人間との思い出を回送しつつ歌う歌です(作詞の陽妹村咲子さんの説明より)。
壮大なバラードに仕上がっています。


動画師としては、今回コラボメンバーから色々指摘を受けてリテイク3回になりました(笑) 試作1号の出来が皆さんのイメージとかけ離れすぎてた様で、これは致し方ないところ。
でも、メンバーのお陰で素晴らしい作品に仕上がりました! 今回からみずきさんの描かれたコラボロゴも入ってるしね!
フォントも作詞の咲子さんから「こんなイメージで」といただいた画像に入ってたフォントをたまたま僕が持ってたので咲子さんのイメージ通りに作ることができました。
色んな人が集まって、あーだこーだと言いながら作っていった動画なので、クオリティが今までの中では最高に近いと思います(「momentum」も凄かったけど)。
ホント、コラボメンバーに感謝です! 試写会やって本当に良かった!

今回の反省。
リテイクのペースが速すぎて、隊長でさえリテイク1を見逃した…という良いのか悪いのかわからない状況でした。最終的には大半の方の意見をくみ取れたかどうか…微妙(^^;) リテイク、もうちょっとゆっくりしたペースに方したがよかったかな…。

今回の動画でVS12の限界がハッキリと見えたというか、やりたいことがこのソフトでできないことがはっきりしたというか、すっごくモヤモヤしながら動画作ってました。なんとか最後の最後の悪あがきで理想型に近づけることができたんですが、それでもまだ不満が残ったんですよね。

…と言うことで、次の動画からは動画作成ソフトが変わる予定です。
使いこなせるかどうか…が最大の問題なんですよね。一度慣れてしまったソフトから乗り換えるのは結構骨の折れる作業なんで、次は間違いなくクオリティ下がった上に制作時間も今以上かかると思います。

それが自分の曲だというのが救い(作詞してくださった方には申し訳ない<(_ _)>
人柱になりやがれ(笑)

わたしはまぐろ?

2010年06月18日 18:18

なんだか最近自分がマグロなんじゃないかと思い始めてきたしのぶたかやです。こんばんは。

なんだかね、ずっと泳いでないと死んじゃうって噂のあるマグロ。僕も立ち止まったら死んじゃうんじゃないかって思ったり。生き急いでますね~。過去をリュックにたくさん詰め込んでるくせに、時折両手に持ってるものは全部投げ捨ててしまう悪い癖(笑) そして空いた両手で新しいものを掴んじゃうんですよね。

閑話休題

最近ちょっと後悔していることに、HNがひらがなで「たかや」だったばっかりに音楽関係では「しのぶたかや」、二次創作関係では「志総たかや」をPNにしてる僕ですが、音楽関係は最初から創作専用の「忍恭弥」でいっとくべきだったかなあ…と。なんかここまで来ちゃうともう今更変えられません…てな感じだし。最近創作小説を書いてないから余計に「忍恭弥」さん、出番ないからね。昔の作詞は全部この名義だっただけに、今ちょっと失敗だったかなあと、思ってます(笑) だからどうすんのさと言われても、どうしよう? って感じなんですが(^^;) あ、読みは全部同じです。念のため(笑)

閑話休題

なんだか与太話ばっかりだな、今日の記事は。
昨日はAdobeのPremere Elements8.0に振り回されて4時近くまで起きてたから、めっちゃ眠いです。しかも結局性能評価版速攻アンインストールしたし(笑) でもソフトの乗り換えはもう決めました。明日Premere Elements7.0が届きます。これが未来への投資にならないことだけを祈りつつ、明日を待ちたいなーと思います。未来への投資になったら、その頃にはもう7.0は使い物にならなくなっているかも知れませんね…(笑)

閑話休題

「Dear…再生プロジェクト」の歌詞選考、ようやく3つまで絞れました。今のところ、ハナ、ハナ、クビ位の着差なんですが、これ以上写真判定でもしないと選べない…というような状況になってきてます。1つね~、リンレンで歌わせたら面白そうなのがあるんですよ。誰のとは言えませんけど。そんなのもあるだけにものすごく迷ってます。
…選考してる最中にも寝ちゃってたんですけどね。いっぺんちゃんと寝て頭ん中カラッポにした方がいいかも。

閑話休題

ムジカ隊長新曲「アーパスの独り言」、今晩ニコ動にアップします。もうファイル作って再生確認したけど、別におかしなところなかったし。VS12、最後の力作…になってほしい…を是非ご覧ください。
コラボメンバー全員の思いと気合いが詰まった優しい曲です。


はい、てなわけで、今日の与太話はしのぶたかや@オイル☆ショックがお送りしました。
ニコ動アップしたらまた記事書きに来ますね~(笑)

進退窮まる(動画師的に)

2010年06月18日 00:03

ムジカさんの新曲「アーパスの独り言」、試作動画第4号で、今のところ何とか完成と言うことになりそうです。

でも、これはあくまでコラボ的に、であって、僕の中ではこの動画、まだ未完成です。

未完成というか、結局妥協するしかなかったというか。

モヤモヤしたものが残ったままの対外的な完成となりました。


この動画で(いや、以前の動画でも同じ様な局面には出くわしたんですけど)どうしてもやりたかったことのひとつが、今の動画ソフト(VideoStudio12)では、どうやってもできなかったんですよね。試行錯誤を繰り返して、色んな方法を試してみたんですが、どれも僕の思うクオリティに到達しない。
そもそも、絵師さんに透過のキャラクタファイルを用意していただいたのも同じ理由からでした。

なので、VS12から別の動画ソフトへ乗り換える準備を始めました。

イラストの編集にはPhotoshop7.0を使っているので同じAdobeのPremiere Elementsがいいだろうと8.0の性能評価版をDLしてインストールしたんですが…重い。「アーパス」の完成mpegを乗せてやりたかった処理ができるか試してるんですが、強烈に重い。(慣れてないこともあって、当該処理にもまだたどり着けてない)

操作体系の違いはFlashでLiveMotion→FlashMXに移行した時みたいに慣れればいいんでしょうけど、明らかにマシンスペックが不足して動作が重い。PhotoshopとPremiere Elementsを同時に立ち上げられなきゃ意味ないのに、8.0だとそれすら厳しい。

僕が普段使いしているPC(九号機(自作機))はAthlon64の3.8GHz(シングルコア)にメモリ1.5GBなんですが、奨励スペックを超えているこの機種でもマルチタスク無理なんですよね。PC的にはもう二世代前の構成ですからね。OSもXPがメインだし。Win7にも対応してるようなソフトを乗せることにまず無理がある…という考え方もできます。

ここで動画師的には大きな岐路に立ってしまいました。

1.PCを最新とまでは行かなくてもクアッドコア化した上で再構築して、最新のAdobe Premiere Elements8.0を購入する(費用という最大の問題をクリアする必要がある)。

2.今のスペックでひとつ前のモデルであるAdobe Premiere Elements7.0を一発勝負で購入してインストールする(奨励スペックは8.0より低いが、数がもうない。バージョンアップされているために性能評価版がなく、8.0より快適に動く保証はない)

3.今のままVS12で、できる限りのことだけで動画を創っていく(以降全ての作品に妥協という足枷がつくことになる)。

目標としてる動画師さんの作品がVS系でなくてPremiere系を使っているのを知っているだけに、悩みます。
VS12買ったときに、ほんの少しだけ高かったPremiere Elementsを買っておけば良かったなあ…と半年前の自分に後悔。
…それよりも、半年前はVS12で十分だった自分の技量がソフトの性能を超えたことの方を驚くべきなのかな。

やりたいこと。
欲が出てきた。
知識も技量もちょっとだけどついてきた。

Premiere Elements7.0は、楽天で確認したら狙ってる価格帯のものはもうあと2本で品切れ。

密林とかやほおオークションとかだとどうなるのかな。ちゃんとアクティベーとできるヤツがいいし…。

ちょっと進退窮まってきたけど、決断するまでに時間がない。

明日は午前中前職場へボランティアに行くし、本当に考えないと…。

私信ですよ。

2010年06月17日 23:30

>壱の人さん

何とかここまでたどり着きました! まだ皆さん全体の反応を見られてないのですが、隊長からはGOサイン出ましたので、週末にでもアップしようかと思ってます。
スローテンポで優しく大きな歌で、それでいて寂しさも儚さもあって…。最初イメージを固めるのが大変でした(笑)
皆さんのイラスト見て、「おし、この線で行こう!」と決まったようなものなので、本当に絵師さんの力の賜です。
エフェクトは今回できるだけおとなしく、曲の邪魔をしないように…と心がけたつもりなんですが、これで良かったのかな? とまだ思うところもあって、突き詰めると終わりないですね、こういう作業は(笑)

最後の方はエンコード中ずっと寝てましたんで、休息取りながらの作業でしたからね。それでもペース早すぎたかも知れないです。途中段階が見られてない方すごく多いんで今回(^^;)

フォントの件はありがとうございました! あれは無理難題ではなくて建設的な意見ですよ~。事実、あれでさらにイメージが柔らかくなりましたからね。GJ!ですよ。

ニコにアップし終わっても、今回僕にはアーパスでまだもう1つ(2つ?)仕事が残ってます。
それはまた後ほど(笑)

もうこうなれば、気合い、根性。

2010年06月17日 02:58

基本的に精神論大ッキライなんですけどね。でも時には必要なんです。それは理解してます。

てことで、「アーパス」の試作動画もこれで4本目になりました。

もうこれで自分としては、1箇所を除いて妥協はしなかった。やりきった!
それでも変更があるのは、OK。やりきったと思ってるのは僕なので、自己満足でいいんです。
他の人から見て「まだここ直した方がいいよ~」というところがあれば、修正してよりいいものを創ります。

で、第4弾の変更点。
・2番のタイムラインを全部見直して変更した。
・透過ミクオの出番を「澄んだ瞳 綺麗で」までにした。
・彩度を落としていたミクオを、最後2秒だけ元の色に戻した。
・「悔いなく…この人に」のイラストを差し替えた。

こんな感じかなあ。
mpegは全く問題なかったので。ニコニコ用のmp4も無事だと信じよう。

「アーパス」暗礁に乗り上げた…。

2010年06月17日 01:13

「アーパスの独り言」の動画、第3弾でついに暗礁に乗り上げてしまいました…。

VS12の機能を使いこなせてないことが原因だったり、絵師さんとの連携がうまくいってなかったりと、僕の思ってたイメージがだいぶんずれてたみたいですね。

変更点が多いのは全く問題ないんですが、変更後に自分で処理でききれてない部分が、まま見つかるんですよね。

第3弾の試作動画はそれを内包したままアップしました。

なんかしっくりいかない部分ってのが、2番の「透過ミクオ」の登場時間。長すぎる気がしながらも、今いるシーンでは全部必要な気がして、切るに切れなかった。実際のミクオが出てきたところで思い切ってフェードアウトさせるべきだったか? まだ結論出ない。

1番の「水になって…纏うの」の部分は水滴をオーバレイ処理して速度を落としてミクが沈んでいっているようにしたんですが、水滴のまわりの薄い黒縁がどうしても消せなかった。これが消えればあのシーン完璧になるのになあ。悔しい。VS12のオーバレイ処理では無理なのか?

そして最大の問題。
1番の途中(たぶん「水になって…」の部分)からイラストの配置変更の影響か、0.1~0.2秒(5~10フレーム分)のイラストのタイムラインずれが発生してるっぽい。なんか思ってるタイミングで切り替わってないところが何カ所かある。最後の方の「留まらず」の部分は明らかに変。
100616.jpg

↑この部分

最初の処理ではルカの表示タイミングの方が歌詞より若干早かったのに今ではほぼ同時。これを洗い出さないと、真の完成はないから、事実上2番以降はタイムライン全部見直しになりそうです。

明日の昼間が勝負かなあ…。

それだけ1号の完成度が低かったって事で、反省しなきゃならないところですね。
もう少し作り方を見直していかなきゃなあ…。

曲ついちゃった…

2010年06月16日 02:58

「アーパス」がらみでピアプロを閉じたり開けたりしていたら、突然「メッセージ」の欄に「新着(1)」との表示が。

「さっき歌詞募集締め切ったから、その関連かな? それともアーパスがらみ?」とか思いながら開いてみると、予想だにしない「使わせていただきました」でした。

今回曲になったのは「love sick」です。
一時期ムジカさんとも曲の裏話とかしてたやつですね。
全く予想もしてなかったのでビックリしました。

書いてくださったのは烏有亭_喪音さんというこれまた初めてお目にかかる方です。
少々泣きの入ったリンの声がいい感じです。なんだか懐かしい雰囲気です。
もし聴いてみたいと思われた方は↓
http://piapro.jp/content/iskb6xt4tqnyyzc4
へどうぞ。

1年間全滅だった歌詞応募がこの間久しぶりに拾ってもらえたと思ったら、こんな事もあるんですね…。

まあ、これからは「オイル☆ショック」中心の活動になる予定なので、こういう機会も減ってくんでしょうけど、とにかく驚いた。

アーパス試作動画第1号完成!

2010年06月15日 19:32

「アーパスの独り言」の試作動画第1号、さっきようやくコラボ限定試写会場へアップしてきました!

今回は今まで使ってたswf形式のムービーでなくwmv形式を使ってWindowsムービーメーカーで再生させてみようと思ったんですが、ちょっと失敗だったかも。動きがガクガクしすぎてる(^^;) これならswfの方が画質は荒くなるけどマシだったかも。難しいなあ。mpegを他のコンバータ使ってwmvにした方が良かったのか? この辺はまだまだ研究の余地ありです。

今日は深夜に自作曲の歌詞募集の締め切りもあったし、娘が自然学校から帰ってくる時間もあるから、15:00までにアーパスを完成させるんだ!と意気込んでましたが、何とか間に合った!(15:00頃にエンコードかけ出したから)

今朝VS12と格闘しだしたのが午前2時。午前5時にラフスケッチ状態にして寝て、起きたのが午前10時。それから5時間で完成したので、動画ソフトでの格闘時間は8時間ジャストと言うことになりますね。その前にPhotoshopでイラスト素材と格闘してたのが4時間ほどあったんで、のべ12時間で何とかココまでたどり着きました!

今回はゆったりした曲なので、イラスト交換のエフェクトも、イラストにかけるエフェクトも控え目にして作ってみました。そしたらタイトルやらクレジットやらが入るところなくなって、結局最後に押し込まれるという結果に(笑)

まあ、聴かせる曲なので、こんなにもありかなと。

あ、そうそう。この曲からみずきさんがデザインしてくださった「オイル☆ショック」のロゴを入れさせてもらってます。絵師さん一人を除いて、みんなメンバーだしね。いいやと思って(笑)

さあ、コラボ内で揉まれてこい、試作1号!

「アーパスの独り言」動画制作状況途中経過 その2

2010年06月15日 04:57

まるで朝が来たら「イベントだー、サークル入場時間に間にあわねーぞこの原稿っ!」とかやってるときのことを思い出す時間になっちゃってますね。外がもう明るくなってきてますし、雀が鳴いてます。この時間の雰囲気ってすごく好き(笑) 只今午前4:56です(笑)

100614-2.png

半分寝ぼけた頭ですが、イラストの仮置きとエフェクトの仮設定は終わりました。

あとは、全体を通して見た後の微調整と、歌詞を打ち込んで微調整。

山は越えた…。

と言うことで今日はこれで寝ます…。

何とか夜には試作1号という目標は到達できるかなあ…。


ああ、朝の空気が気持ちいい…。

「アーパスの独り言」動画制作状況途中経過

2010年06月15日 02:04

ムジカさんの新曲、「アーパスの独り言」ですが、絵師さんのイラストも出そろい、いよいよ僕の出番となりました。ヒィヤッホーィ!! 悩ましく楽しい時間のはじまりです。

今回の曲は非常にゆったりとしたテンポなんで、絵もあまり動きを少なく、「あさぎ」のようにゆったりといこうと思っていたのですが…! ちょっと非常事態が!! 思っていた以上に絵師さんが頑張ってくださって、絵が予定していたのより多い…という何とも悩ましい状況に陥ってしまいました(笑)
5~6枚でじっくりと聴かせる動画にしようという目論みは見事に崩壊(笑)

ヘッドホンで「アーパス」を聴きつつ、イラストと歌詞カード見比べながら日付も変わる頃にようやくコンテ切り終わりました。あくまで仮ベースですけど。

そして、今回最大のお楽しみ&苦労である、素材作り。
絵師さんのイラストをどう見せていくか頭の中で映像化していきながら、Photoshopと格闘です。

100614.jpg

描いた方は一発でわかると思いますが、今回別々の絵師さんが描かれた絵を合成するなんて、ウルトラ失礼な荒技も使ってます(^^;) 試したいこともあって、ムラサキ背景の画像を用意してみたり。
まだVS12にたどり着く前に、もう午前2時なんですよね~(笑)

凰架さんにはコラボのコメントで思わせぶりなことを書いてしまったなあ…と加工し終わったイラスト素材見ながら反省。「予定は未定で決定ではない」という格言をすっかり忘れておりました…。

あ、そうそう。まだタイトルすらどこに入れるか決まってません。

まだまだ聴きこみが甘くて、確定してるのはB2くらいまでなんですよね。
S2からS3へはもう一度聴きこんで考えます(作りながら考えるとも言う(笑)

明日(いや、もう今日か)の深夜には自作曲の歌詞募集締め切りもあるし、ペースアップしていきたい。
うまくいけば、明日の夜には試作1号が完成するか…!?

泣いちゃったよ。

2010年06月14日 01:19

毎回恒例、「しのぶたかやのフライング動画作成!」が今回も始まりました。イラストが全部集まってないのに、もう作り出してますよ、この人。

100613.jpg

競馬で言えば逃げ脚質。ゲートが開いた瞬間出ムチを入れて何が何でもハナに立つ…「来ないデー、追っかけてこないデー!」というレース展開しかできない性分なので、「イラストなくても作れるところだけは作っちゃえ!」と今回もフライング決行です(笑)


それにしても、隊長が「一部歌詞を変えた」というコメントを残してくださってたお陰で、歌詞を打ち間違わずに済みそうです。
でも、そのチェックの最中、歌詞カード見ながら泣いちゃったよ…。

なんだか色んな人のことや、ずいぶん前に亡くなった愛兎のこととか。ばーっと色んな人の顔やら景色が頭に浮かんできて、歌詞カードの修正に集中できなかった…。

この「アーパス」、多分動画ができたら歌うと思います。語尾の一部を男性詞化してしまうかもしれませんけど。後キーどうなるかまだわからないけど。
「nostalgia」「CLOVER」「ナガレボシ」「momentum」「空へ」と僕の中で大切なムジカさんの曲はたくさん、それこそ全てと言ってもいいんですが、この「アーパス」も強烈な何かを僕の中に残していってくれそうです。

きっと言葉にはならない、大切な何かを。

さあ、再起動しようか。

2010年06月13日 23:15

めっちゃ久々に散髪に行ってきました~!!
かれこれ、もう半年近く行ってなかったんじゃないかな。

僕は普段、前職が土木関連だったこともあって、スポーツ刈りにしてたんですが、まあ、散髪に行く給料も出てなかったというか、節約したかったというか、それがある程度伸びるまでほったらかしにしてたんですよね。今回はさすがにちょっとほったらかしすぎて、「奇面組」の零くんのような髪型になってましたからね~(笑)

さすがにそのままでは再就職の活動はできんだろう、ってことで切ってきました。

最初敬愛する中日の落合監督のように丸刈りにしようかとも思ったんですが、奥さんと相談してからにしようと思ったら、瞬殺されました(笑)
なので今回もスポーツ刈りです。娘が生まれる前に願掛けで伸ばしてた時を除くと、もうかれこれ20年同じ髪型してます。20年前に初めてスポーツ刈りにするまで、比較的長めの髪型(あくまで20年前の当時で)ばかりだったんですが、スポーツ刈りにした時になんか世界が変わった気がしたんですよね。それもあって、ずっと同じ髪型になってます。ウルトラ癖ッ毛の僕はスポーツ刈りでも癖がつくので、1cmくらいしか長さのない髪でも寝癖つくんですよね。スポーツ刈りはその寝癖を修正できないのが難点ですが、シャンプーは楽だし、乾くのは早いし、いいことづくめです。あ、直射日光だけは直に地肌に当たるので日中は帽子or頭巻きタオルは必須ですけど(笑)

さて、明日は区役所で子供手当の手続きと、国民年金&国民健康保険の減免措置申請に行かないといけません。職安にも行かなきゃいけないんですが、写真がまだ用意できてないなあ…。最悪これはどこかのインスタント証明写真で何とかするか。

まだ医者からは状況を心配されてる状態ですが、徐々に回復傾向にあります(家族とコラボメンバーのお陰)。

今、更新プログラムとセキュリティパッチをインストール中。
入れ終われば再起動しますよ。
メジャーバージョンアップもマイナーチェンジもしないけど、秒進分歩の世界に戻れるように、この10年を「失われた10年」にしないためにもね。

そろそろスケッチに入ろう…かな?

2010年06月12日 23:54

そうそう、やっと前職でのボランティア活動一区切りつきました。ボランティアなのに連日14時間労働ってどうよ(笑) 退職して2週間近く経つのに、会社の僕の席、未だに僕仕様のままなんですが(散らかり放題)。それもどうよ。次にボランティアに行くのは早くて18日~。15日に自然学校から娘が帰ってくるので16、17日は遊び倒してやることにします(笑)


さて、ムジカさんの新曲「アーパスの独り言」、そろそろ歌詞をDLして、作詞の咲子さんの書いてくださった世界観をしっかり頭にたたき込んでいかなきゃなーという感じです。

VS12に音源を入れて、曲の頭のイメージはもうできてるので、そこだけでも作り始めようか…とか色々。
最悪今いただいてるイラスト1枚でなんとかなるかどうかも頭の隅に置きながら。

「Dear…再生プロジェクト」もそろそろ出尽くした感があるので、ゆっくりと選考っぽいものをしながら、こっちも次のステップに進む準備だけはしていこうと思います。




以下コメントのお返事です。
[そろそろスケッチに入ろう…かな?]の続きを読む

そろそろうずうずしてきた。

2010年06月12日 01:03

前職場でのボランティア活動(笑)もようやく明日で目処がつきそうなので、ちょっとうずうずしてきましたよ。
(月曜日は区役所→銀行→職安コースです(笑)

この間ムジカさんのCDを作って自己満足に浸ってましたが、今度はDVDが作りたくなってきた…(笑)

高音質のWAVファイルはいただけたし、何よりも劣化してない動画の大元がこのPC(九号機)の中には眠ってますからね。

音源差し替えて微調整(640×480→720×480 DVD形式)して、PV-DVD!?


でもこれをやるなら「アーパス」ができた後だろうなあ。
「nostalgia」と「CLOVER」は直したいところがあるし…(オイル☆ショックバージョン?)

そしてシークレット動画も作りたい。

動画にしてない曲が、手持ちのWAVで3曲あるんですよね~。
そのうち1曲は、実は途中までプロット切ってた(笑)

また自己満足に浸るために、明日でボランティア活動終わらせてきます!

私信ですよ。

2010年06月09日 00:16

>壱の人さん

CD表紙のイラスト、本当にありがとうございました! イラストが素晴らしすぎてどこにタイトル入れるかでまた迷ってしまいました(結局momentumと同じところに入れたんですが(笑)
音源はムジカさんが条件付きではあるものの、WAVファイルを公開してくださっているので、作ろうと思えば作れますよ! 本当にムジカ隊長は太っ腹! ありがたい限りです。
ちなみに「コンクリ詰め」はドラム缶に入ってしまってる時点で僕の中では決定でした(笑) この後支笏湖(札幌近郊の湖)に沈めに行きます。リンとレンが(笑)

コラボは、その気になったときに是非いらっしゃってください。今のところムジカさんの「アーパスの独り言」のイラスト作成が進んで、僕の楽曲の「歌詞募集」が行われている程度ですが、また少しずつ企画が上がってきそうな雰囲気があるので、お力を貸していただけるのなら、貸していただけるとありがたいです。

僕の楽曲まで聴いてくださってありがとうございます! 素人曲なんでお恥ずかしい限りですが、あれが僕の精一杯です(^^;) 何かを感じていただけたら、書き手としてはすごく嬉しいです!

「5:46」と「笑顔が戻りますように」

2010年06月09日 00:00

長くてものすごく重い記事です。興味のない方はスルーした方が賢明です。

では、注意喚起終了。




ピアプロにもサイトのボカロ部にも登録している楽曲「5:46-動かない針-」と「笑顔が戻りますように」の舞台裏というか、この曲を書くきっかけになった事件を今日は記事にしてみようと思います。


「5:46」の主人公である男性と「笑顔が戻りますように」の主人公である女性は恋人同士でもあり、婚約もして、同棲中でした。

1995年1月16日夜。神戸。
看護士であった彼女は、夜勤のためいつもの笑顔を残して二人の部屋を出て、勤務先のM病院へ向かいます。そのまま夜勤を終えて、彼の待つ部屋へ帰るはずでした。

1月17日5:46。

淡路島を震源地とした大地震が神戸にも甚大な被害をもたらしました。M病院のあった東灘区旧本山村エリアは震度6強の激震で、M病院は圧壊しました。圧壊というのは、例えば7階建ての建物ならその内の一部である3階と5階だけが崩壊する現象で、その他の階は比較的軽微なな被害で済む現象のことです。彼女は、この圧壊した階で夜勤に就いていました。(M病院の記事を調べると全壊、倒壊という言葉も出てきていますので正確な状態はわからないのですが)

このM病院では、看護士や患者が正確な数は忘れましたが、十名以上亡くなっています。

揺れの収まった直後、彼は部屋を飛び出して彼女の勤務していたM病院へ向かいます。まだ携帯電話も普及しておらず、地震で電話、電気、水道、ガスの全てが寸断され、連絡を取るには現地に行くしかなかったのです。

彼女の勤務していたM病院は、よく晴れた朝陽の中で悲惨な姿を晒していたことでしょう。神戸市の中で倒壊した入院施設のある病院はこのM病院と長田区にあったN病院の2箇所だけだったんですから。

あちこちで建物が崩壊し火災まで発生、消防も救急も、警察さえ身動きが取れない中、M病院には勤務者や入院患者を心配する人が集まってきていたことでしょう。それでも、既に圧壊している病院の中に入ろうとした人は少なかったのかも知れません。
彼は、きっと意を決してその圧壊した病院に入りました。余震が起きれば病院の崩壊はさらに進み、自らも命の危険があることを承知していたでしょうが、彼女の安否を気遣う気持ちが勝ったのだと思います。

彼が、彼女の第一発見者でした。

ですが、すでに彼女は死亡していました。

当時の新聞記事には、死因まで書いてなかったように記憶していますが、おそらく圧死されたのだと思います。建物の崩壊に巻き込まれて即死だったのかも知れません。

神戸新聞の新聞記事には、ここまでしか書かれてなかったように記憶しています(神戸新聞も本社が倒壊し、京都新聞に間借りして発行していた時期の記事だったと思います)。

その後、M病院は1997年に同じ場所に再建され、現在も救急指定の病院として機能しています。

その後の彼がどうなったのかは、わかりません。


僕がどうしてこの記事を15年経った今も忘れられないのかはわかりません。M病院は今住んでいる場所から10分ほどで着くところにありますが、当時の僕は隣市の芦屋に住んでいたこともあって、M病院に特別な思いはなかったはずです。前日に何かの用事で行った柏木ビルが形を残したまま横倒しになっている写真の方が衝撃的だったし、炎上する長田区のテレビ映像(芦屋市は電気がすぐに復旧したのでテレビを見ることはできました)の方が被害の大きさを物語っていたと思います。

でも、僕はこの記事を忘れることができませんでした。本当に小さな記事だったと思います。

「神戸は復興した」という言葉を聞くたびに感じる違和感が原因なのかも知れません。震災復興再開発事業に仕事で関わって「これはなにか変」と思い続けていたことが原因なのかも知れません。

僕にとっての神戸は、あの日に死んだまま甦ってはきませんでした。
大好きだった地元の風景はもう二度と戻ってくることはありません。
古い家が狭い路地に立ち並んで、その間から見えていた六甲山の風景を、僕は今も覚えています。その家々は公園になったり新築の新しい家になりました。いまだに更地のままのところもあります。狭かった路地は広く拡幅されています。変わらないのは六甲山の緑くらいです。

そんな僕は「5:46」の主人公にこの記事の男性をモチーフとして、僕の「死んだ神戸」への気持ちも込めました。そして、「笑顔が戻りますように」は、あの日から分裂したもうひとりの僕に書いてもらいました。この記事の女性がモチーフでもあり、もう対話することもできない15年前の街から今の僕への歌でもあります。

この2曲は、あくまで僕の想像の産物です。

娘たちが授業参観で歌った「復興の歌」に「神戸が元に戻ることなんてこの先二度とない」と吐き捨てた僕の思いを詰められるだけ詰めました。

地震大国である日本では、数年に一度くらいの単位で、彼のような思いを、僕のような思いをしている人が必ず出てきます。

そんな人たちに、少しでも「泣ける環境」だったり「ひとりじゃないよ」ってメッセージを届けられたら、それは素晴らしいことだと思います。

そうして、僕は今日も「死んだ神戸」で生活しています。
違和感は日に日に大きくなっていってます。
それでも見届けられる限り、この街の行く末を見届けたいと思います。

全国の地震の後遺症で苦しむ人たちへ。
少しでも、ほんの少しでもいいから届きますように。

早速だけど「こんなんでけたー!」

2010年06月07日 19:45

この間から「個人使用」を目的にムジカさんのCDを作るぞ! と張り切ってたんですが、今さっきできました(笑)

100607-1.jpg

ムジカさんファーストアルバム(しのぶたかや個人用)「encounter」です!
なんだか本物みたいにできたでしょ? イラスト使用の許可をくださった壱の人さんには本当に感謝です!

そして中を開けてみると…

100607-2.jpg

さすがに歌詞カードまで作る余裕もなく、裏面に曲目リストが入ってるだけですが(笑)

100607-3.jpg

「nostalgia」から「アーパスの独り言」まで全9曲にボーナストラックに「空へ」の初代バージョンと「傾城妓唄」のルカさんバージョンを収録してます。さらにシークレットトラックに4曲入り!(笑)
ドラム缶入りのミクさんはついにコンクリ詰め(石化?)にされてしまったようです(笑)

100607-4.jpg

こちらは盤面。suminkoさんのイラストをベースにさせていただきました(使用許可ありがとうございます!)。
作りとしてはシンプルだと思うんですが、ムジカさんの名前を色変えた方がよかったかな…とか今更思ったり(笑)

ところでこのディスク、中身まだカラッポです(笑)
ただ、テスト焼きしたディスクでのミニコンポチェックでは、半端ない高音質で「もうPCで聴けない…」と思わず途方に暮れてしまうところでした。

今晩中にはデータが全て揃うので、夜には「両耳が幸せ♪」状態になれるかと思います(笑)


さて、なぜアルバムタイトルを「encounter」にしたかというと、別にムジカさんと相談したとかそんなんじゃなくて、僕の独断なんです。
ムジカさんが基本詞先で曲を書かれているのは周知の事実(!?)ですが、その詞や作詞家さんとの出会いだとか、ムジカさんとボーカロイドの出会いがなければ始まらなかった…ということで、「出会い」の意味がある「encounter」をアルバムタイトルにしてみました。

曲順も独断ですが
1.nostalgia
2.momentum
3.雨だれに酔い虹
4.あさぎてのひら
5.傾城妓唄
6.空へ(アンプラグド)
7.ナガレボシ~Shooting Star~
8.CLOVER
9.アーパスの独り言

ボーナストラック
空へ(初代)
傾城妓唄(ルカさんバージョン)

てな感じにしてみました(笑)
「nostalgia」で始まって「アーパスの独り言」で終わるのだけは譲れなかったんです。譲れなかったんです。大事なことなので二度言いました。
ニコ動で爆裂した傾城さんをど真ん中に置いてみたり、「CLOVER」から「アーパス」への流れにアルバムの終わりを託してみたり。自分なりに考えて配曲してみました。

個人用とはいえ、すっごく楽しかったです!
色々と快く許可くださったり便宜を図ったくださったムジカさん、壱の人さん、suminkoさん、本当にありがとうございました!

シークレットトラック
雨だれに酔い虹-append ver-
空へ(アンプラグド リンレンVer)
CLOVER Oilshock1
CLOVER Oilshock2

久々の自作曲アップ&久々に曲ついた

2010年06月06日 03:49

最近宵寝する癖がついちゃって、変な時間に起きてるしのぶたかやです。あー、かりんとう美味しい♪

今日は久々に自作曲をニコ動にアップしました!
完全新作だと「Dear…」以来4ヶ月ぶりになります(笑)



イラストは「ありがとう」以来ずっとお世話になってる天馬さんにお願いして描いてもらいました。忙しい中素敵なイラストありがとう! そして色々と弄っちゃってゴメンナサイ(^^;)

今回はバラード&ベースイラスト1枚ってことで相当おとなしめに作ったはずが、歌詞をほとんど画像化したので使った画像の枚数は大変なことに(笑) 1番作り終えてから2番の素材を配置考えながら作って、次にCメロの素材作りながらタイムラインと格闘して…といつもとやり方も違う上に結構時間かかっちゃった。でも、VS12を使う技術は相当向上したぞ。個人的にはすごく難しかったけど、いいものができたと自己満足に浸ってます。

さあ、これで「アーパス」への準備は整った! 「アーパス」で必要になりそうな技術はだいぶん試したから(笑)

自作曲はいつも実験台なんですね。わかります(笑)


そして、なんと1年ぶりに歌詞応募で採用していただきました!
1年、長かったなあ…。長かったよ。よく腐りきらずに頑張ったよ、俺。うん。今だけは作詞家の俺を褒めてやる。よく頑張った。
ということで、ピアプロプレーヤーも貼っておきます。

肩を寄せて…scene3 powered by ピアプロ
タウリンさん、ありがとうございました!

もっと高音質のが聴いてみたい! と言う方がもしいれば、タウリンさんの「肩を寄せて」のピアプロページへGo!
http://piapro.jp/content/s5c29gl0mdrf42e3

そして今回の歌詞募集で採用していただいて、痛感したこと。
「俺、テーマの指定ないとダメみたい」って事でした(笑)
前に採用していただいた「君が遠くに」も募集時からタイトル決まってたし(笑)


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。