奇面組二次創作小説旧作、「ASS Blue Wing -青い鳥を探して-」アップ!

2017年08月04日 23:17

今日は午後から土砂降りの大雨でしたねー。そのあとが蒸し暑くて大変でしたが皆様いかがお過ごしでしょうか。忍恭弥です、こんばんは。

さてさて、昨日の艦これ二次創作小説【時雨と提督】の「飴色の進水日」の記事に続いて、同じ日にもう一個Pixivに投稿した奇面組二次創作小説旧作の「ASS Blue Wing -青い鳥を探して-」について、あとがき的なものを書いてみようと思います。

「ASS Blue Wing-青い鳥を探して-  【奇面組 零唯】」/「忍恭弥」の小説 [pixiv] https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=8489880

この奇面組二次創作小説「ASS Blue Wing -青い鳥を探して-」は、2015年6月1日で完全閉鎖した僕の二次創作サイト、「電脳工房港坂」の奇面組エリアに掲載されていたものです。元々は2003年から2004年にかけて書いたものに、2008年に「ニックネーム」、「ここにいるよ」、「ただいま」、「歩いていこう」の四本を書き足し他話も加筆、外伝として書いていた「夜を照らす光の下で」を本編に編入する形で完成していたものでした。
タイトルの「ASS」もAnother Serial Stories」の省略形で、大幅なif展開をやっているものにはすべてつけていたものです(すでにPixivには投稿済みの「またきみに会うために」と「Fraternal twins」もASSとして展開していたものでした)。そのため、物語は完全に僕の趣味に走ったものになっており、複数のオリキャラが登場するなどしてますが、名前を奇面組の法則に合わせるなどして、なるべく違和感ないように…と思ってました。
この「Blue Wing -青い鳥を探して-」はキャプションにも書きましたが、もし唯ちゃんがVリーグ(現在はバレーボールプレミアムリーグと名前を変えてます)の選手になったら?というifを盛大に展開したものですが、その前に書いていた「Serial Stories」という零唯大河作品でも零くんの修業先に大阪を選んでた(同じ修業先を使ってます(笑)のと、時代を執筆当時に合わせるということをするためにできるだけリアルに知ってるとこを舞台にしようと考えて神戸を使ってます。
唯ちゃんの所属していた「オーサカ・ブルーウィングス」は実在した「ダイエー・オレンジアタッカーズ」をモデルにしていました。オレンジアタッカーズは解散して塩野義製薬のチームに吸収された形になったようなのですが、その辺も最終の解散話のモデルにしています。話を思いついたのはいいのですが、僕はバレーボールに詳しくなくて、同じ関西の西宮を練習拠点にしていた当時の「JTマーヴェラス」の情報を調べまくってブルーウィングスの下地に敷いてました。この時期だけ妙に女子バレーに詳しくなってましたよ。
2008年の加筆の際に、もう少し長くなる予定だったのですが、書き切る余裕がなくなってしまい、三話分くらい少なくなってます。唯ちゃんの用具係時代をもう少し掘り下げたかったのですが、叶わないまま終わってしまいました。合同バレーボール教室のあと、一緒になった男子チームの選手にアプローチを受ける話は書きたかったなーと思いつつ、もう10年近く前なので今回も加筆しないことにしました。

これを書いてる当時の僕はまだ30代で、40代になった今から見ると「ホントにこれで良かったのかなあ…」と思いながらも、この作品がものすごく好きだったと言ってくださった方がいたので、今回完全にサイト閉鎖時そのままの状態で投稿しています。ifであることを理由に、いろいろ読んだ方も思うところはあるだろうけど、まあこんな話があってもいいよね…と思っていただけると幸いです。

さて、最後に裏話をいくつか。
唯ちゃんのライバルとして設定したオリキャラ「麻羽結維」ちゃんですが、これは新沢先生が奇面組を投稿される前に唯ちゃんの名前として考えていた「はがゆい」からヒントを得て名付けてました。キャラの造形は当時僕がめっちゃ好きだった「こみっくパーティ」の猪名川由宇に多大な影響を受けてます。決して名前ほどキラキラした娘ではないですが、雑草の唯ちゃんから見ると、エリートの結維は眩しかったんじゃないでしょうか。
そして、このお話、第1話の「Girlfriend」ですが、同じタイトルのほぼ同じ内容の話をサイトで原作及びアニメから派生した話をまとめた「Side Stories」に掲載していました。何が違ったかというと、「零くんが葛藤の結果唯ちゃんに『このままここにいてほしい』という返事をする」というところでした。そう、このお話と全く真逆の回答をしています。その結果唯ちゃんはスカウトを断り、残りの学生生活を原作通り過ごして最終回へ進む…という流れへ持って行ってました。こっちのお話でばっさりと切り落とした「もう一つの選択の答え」がこの「ASS Blue Wing -青い鳥を探して-」だったわけです。今はもうサイトを閉鎖してしまったので、実際に零くんがどのように答えたかはサイトを保存してた方しかわからないのですが、また機会があればこそっとPixivにアップしてみたいと思います。

さて、超久々の奇面組二次創作小説旧作のPixivへのアップだったわけですが、今のところおおむね好評をいただいているようなのでほっとしました。表紙イラストはまた余裕のできた時に描いて変更したいと思います。

それでは、また奇面組の旧作アップの時にもお会いしましょう。
まだ結構な数残ってるからね(笑)

新年&艦これ二次創作小説新作他

2016年01月03日 23:38

2016年、明けましておめでとうございます。忍恭弥です。

また半年空いてしまいましたが、転勤で通勤時間が往復4時間になってしまって、色々と時間が取りにくくなってきてしましました(^^;)

創作活動はボチボチですが、見捨てないで見てやってくれれば嬉しいです。


さて、二次創作小説の方ですが、ずーっと宣伝を忘れてたので、宣伝します。

まず、奇面組関連ですが、サイト掲載だった「奇跡を願う夜」「証」「Fraternal twins」の三本と、同人誌として発行した「Tomorrow Made New」「笑顔がいちばん!」の二冊分をアップしていました。「奇跡を願う夜」「証」「笑顔がいちばん!」の三作は表紙絵も新たに描き起こしてるので是非見てやってください。ここまでの投稿で、同人誌として発行したものは全て投稿し終わりました。後はどうしていくか、ゆっくり考えていきたいと思います。

「奇跡を願う夜 【奇面組 零唯】」/「忍恭弥」の小説 [pixiv] http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=3196815

「Tomorrow Made New 【奇面組 零唯】」/「忍恭弥」の小説 [pixiv] http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=3257207

「証 【奇面組 潔→唯】」/「忍恭弥」の小説 [pixiv] http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=3449138

「笑顔がいちばん! 【奇面組 零唯】」/「忍恭弥」の小説 [pixiv] http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=3910244

「Fraternal twins 【奇面組 鳥雄→唯】」/「忍恭弥」の小説 [pixiv] http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=4071282


続いて艦これ関係ですが、去年の四月に、二作目となる「リインカネーション-再会-」を投稿していました。
こちらのお話は、その前に投稿していた「第二艦隊の一番長い日」より時間軸はずっと前で、まだ鎮守府ができてそんなに経ってない頃(イメージでは1-3~1-4、2-1あたり)の響と暁が着任するときの話です。軽巡と駆逐艦しかいない初期の鎮守府でのちょっとシリアス寄りのお話をお楽しみいただければ。表紙はMMDでモデルを配置して、Photoshopで加工するという手を使わせていただいてます。モデルマスターの536さん、本当に素晴らしいモデルをありがとうございました。

「リインカネーション~再会~【艦これ 響 第六駆逐隊】」/「忍恭弥」の小説 [pixiv] http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=5208353


そして、昨日投稿したのが、艦これ第三作目となる「由良轟沈」です。
タイトルの通り、由良が轟沈する話です。
実際にAL作戦で由良を轟沈させてしまってるので、一周忌目処に書き始めてたんですが、なんか年変わってしまって、一年半経ってしまってます(^^;) 冒頭では同じように15年冬イベで轟沈した雪風も沈んでるので、二隻まとめて供養です。タイトル通りかなりシリアスよりの内容なので、アニメの第三話が駄目だった人には辛いかもです(^^;)
時間軸は「第二艦隊の一番長い日」のかなり後になります。
一作目から登場してる女性提督の名前をやっと出せたので、それに伴ってシリーズ名を「木村鎮守府シリーズ」としました。
今後の艦これ二次創作はこの「木村鎮守府シリーズ」(シリアスより)と「パラオ泊地のあれやこれ(仮称)」(プレイ小説・日常系?)とに分けて行こうかと思ってます。漫画描けないので少しでも文字で楽しんでもらえたらなとおもいつつ。

「由良轟沈 【艦これ 由良】」/「忍恭弥」の小説 [pixiv] http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=6239513

艦これと言えばタイトルに使われてる艦影のシルエット(ブラウザ版「長門」、アニメ「大和」、アーケード版「伊勢(航空戦艦改造後)」、vita版「翔鶴と秋月」)なので、今回アメリカ側の資料から長良型の側面図をトレースして艦影シルエット作ってみました。思いっきり縮小する予定だったので結構荒いんですが、やっぱり縮小するとそれなりに見えたり。こういうのも楽しいですね。

「由良轟沈」表紙


それ以外ではようやく鏡音V4Xのインストールが終わったので、色々と歌わせてみたいなと思っていたり。

とにかく少ない時間を上手くやりくりしていきたいと思います。

奇面組大阪オフ2011新年会!

2011年01月09日 23:44

約1年ぶりの開催となりました奇面組大阪オフ

今回僕はインテックスのCOMIC CITYには行かずに、オフ会からの参加でした。

藤城さんから「隣が奇面組の新顔さんだったのに欠席だった…orz」と聞いて、今奇面組が!と思ったんですが、欠席とは残念でした。

藤城さんは翌日急に仕事になって急いで帰られましたが、新刊頂きました。いつもありがとうございます<(_ _)> 新刊は「保健室の死神」本です。原作読んでないですが、藤城さんにはめられそうな雰囲気がプンプンしてます(笑)


さて、今回のオフ会は4人と結構少なめの人数です。
22兄さん、南都さん、麒麟ちゃんと僕より奇面組同人歴の長い人たちばかりですが、現状ゆるーく活動してるか、休止中のメンバーばかりですね(笑)

勢い、話題は奇面組から逸れていきます。
以下、話題のネタ箇条書きで。
・エヴァンゲリオンが色んな意味で今熱い。←これが今日最大のネタ
・CITYでハガレンのエド×ウィン壊滅。
・CITY午前中で完売続出。
・「仁くんが二次創作で動いてくれない」件について。
・バンチ廃刊について。
・衰退が続く奇面組同人界について(サイト更新されてないみたいだけど、~さんの近況知ってる? とかです)
・らんま1/2のDVD-BOXについて。
・子育て談義(^^;)。
・PC談義(^^;)。
・みんなのお仕事の話(^^;)
・麒麟ちゃんの今後の活動について(単に弄っただけというか(笑)

とまあ、そんな感じでした。
参加の男性3名が全員小学生の子供がいると言うこともあって、父親目線の子育て談義に花が咲きましたねー。いやあ、22さんも南都さんもいいお父さんだ。僕も見習わなければ。
あとは、家電PC系の話題が多かったので、その辺聞いてるだけになっちゃった麒麟ちゃんには申し訳なかったかも(^^;)

今回はそんなわけで人数も少なかったので早めにお開きです。

今回僕の最大の収穫。
「綾波レイ育成計画がDSで出ていることを知った→買う気」ですね!(笑)
平和な世界のエヴァのメンバー大好きなんですよ「碇シンジ育成計画」とかも。

ともかく、インテから参加してくださったメンバーも、会場のセッティングしてくれた22さんもお疲れ様&ありがとうございました!

次は夏に集まれればなあ…と思いつつも、みんな色々と忙しいので無理できないですね。

ゆったりとした気分で次に集まれる日を心待ちにしておきます♪

「電脳工房港坂」更新終了のお知らせ

2010年08月31日 01:02

こんばんは、志総たかやです。
2003年8月31日からスタートした「奇面組かきちらし」をベースに発展&合併を繰り返してきました「電脳工房港坂」ですが、このたび「港坂製作所」として、再出発することになりました。

この再出発にあたり、今まで長らく「電脳工房港坂」のメインコンテンツでありました「奇面組かきちらし」の更新終了及び、「奇面組かきちらし」とケロロ軍曹ギロ夏二次創作ページ「H.E.D.F.」の分離を行いました。「H.E.D.F.」は既報の通り、時期をみてコンテンツの削除を行います。

また、これを持ちまして、まだ在庫はありますが奇面組の小説同人誌「メビウスの恋人」&「新装版メビウスの恋人」の通信販売を終了いたします。


これからは、インターネット上の本棚として気が向いた時にでも読みに来てくだされば幸いです。


7年間、「奇面組かきちらし」を、短い間ですが「H.E.D.F.」をご愛顧いただき、本当にありがとうございました。

「奇面組かきちらし」7周年&「H.E.D.F.」について

2010年08月06日 01:17

こんばんは、志総たかやです。

8月31日で2003年にスタートした「奇面組かきちらし」が7周年を迎えます。

ここまでこのサイトが残っていること自体、読んでくださった皆様のおかげだと思っております。


さて、昨年はサウンドノベル作成と少々手の込んだことをやりましたが、本年は記念行事は行わないことにしました。

今年に入って奇面組関連の更新を全く行っていないこと。そして、おそらくこのまま停滞を続けることが予想されるからです。

「桜川」と「ひまわり(サウンドノベル)」でやりきった感が強くなってしまったのが原因かと思いますが、現在CSのフジテレビで再放送が行われているにもかかわらず、SSの1本すら書けない自分がいて、このままやっつけで何か書いても、原作にも読んでくださる皆様にも失礼かと思うので、なにもしないことにしました。

もうかれこれ原作本にも半年以上触れていないような状態ですので…。

もし楽しみにしてくださっていた方があれば申し訳ありません。

これが、今の僕の現状です。



関東組の古参の皆さんも休止が目立ち、関西組も総休止に近い状態ですが、サイトだけは残していこうと思います。インターネットの中の本棚だと思って、気が向いたらまたいつでも読みに来てください。




あと、追記と言っては何ですが、ケロロ軍曹系の「H.E.D.F.」は時期を見て処分する方向で考えています。こちらはシリーズで書いている途中の話もあるだけに心苦しいのですが、1年以上更新できない状況が続いており、原作本を処分してしまった以上、話に歪みが大きくなる一方ですので、潔く店を畳もうと思います。
それまでに、何か最後のお祭りのようなものができれば、またそのときにはお知らせいたします。


以上、港坂製作所、二次創作部門担当の志総たかやからのお知らせでした。


最近の記事