スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奇面組二次創作小説旧作、「ASS Blue Wing -青い鳥を探して-」アップ!

2017年08月04日 23:17

今日は午後から土砂降りの大雨でしたねー。そのあとが蒸し暑くて大変でしたが皆様いかがお過ごしでしょうか。忍恭弥です、こんばんは。

さてさて、昨日の艦これ二次創作小説【時雨と提督】の「飴色の進水日」の記事に続いて、同じ日にもう一個Pixivに投稿した奇面組二次創作小説旧作の「ASS Blue Wing -青い鳥を探して-」について、あとがき的なものを書いてみようと思います。

「ASS Blue Wing-青い鳥を探して-  【奇面組 零唯】」/「忍恭弥」の小説 [pixiv] https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=8489880

この奇面組二次創作小説「ASS Blue Wing -青い鳥を探して-」は、2015年6月1日で完全閉鎖した僕の二次創作サイト、「電脳工房港坂」の奇面組エリアに掲載されていたものです。元々は2003年から2004年にかけて書いたものに、2008年に「ニックネーム」、「ここにいるよ」、「ただいま」、「歩いていこう」の四本を書き足し他話も加筆、外伝として書いていた「夜を照らす光の下で」を本編に編入する形で完成していたものでした。
タイトルの「ASS」もAnother Serial Stories」の省略形で、大幅なif展開をやっているものにはすべてつけていたものです(すでにPixivには投稿済みの「またきみに会うために」と「Fraternal twins」もASSとして展開していたものでした)。そのため、物語は完全に僕の趣味に走ったものになっており、複数のオリキャラが登場するなどしてますが、名前を奇面組の法則に合わせるなどして、なるべく違和感ないように…と思ってました。
この「Blue Wing -青い鳥を探して-」はキャプションにも書きましたが、もし唯ちゃんがVリーグ(現在はバレーボールプレミアムリーグと名前を変えてます)の選手になったら?というifを盛大に展開したものですが、その前に書いていた「Serial Stories」という零唯大河作品でも零くんの修業先に大阪を選んでた(同じ修業先を使ってます(笑)のと、時代を執筆当時に合わせるということをするためにできるだけリアルに知ってるとこを舞台にしようと考えて神戸を使ってます。
唯ちゃんの所属していた「オーサカ・ブルーウィングス」は実在した「ダイエー・オレンジアタッカーズ」をモデルにしていました。オレンジアタッカーズは解散して塩野義製薬のチームに吸収された形になったようなのですが、その辺も最終の解散話のモデルにしています。話を思いついたのはいいのですが、僕はバレーボールに詳しくなくて、同じ関西の西宮を練習拠点にしていた当時の「JTマーヴェラス」の情報を調べまくってブルーウィングスの下地に敷いてました。この時期だけ妙に女子バレーに詳しくなってましたよ。
2008年の加筆の際に、もう少し長くなる予定だったのですが、書き切る余裕がなくなってしまい、三話分くらい少なくなってます。唯ちゃんの用具係時代をもう少し掘り下げたかったのですが、叶わないまま終わってしまいました。合同バレーボール教室のあと、一緒になった男子チームの選手にアプローチを受ける話は書きたかったなーと思いつつ、もう10年近く前なので今回も加筆しないことにしました。

これを書いてる当時の僕はまだ30代で、40代になった今から見ると「ホントにこれで良かったのかなあ…」と思いながらも、この作品がものすごく好きだったと言ってくださった方がいたので、今回完全にサイト閉鎖時そのままの状態で投稿しています。ifであることを理由に、いろいろ読んだ方も思うところはあるだろうけど、まあこんな話があってもいいよね…と思っていただけると幸いです。

さて、最後に裏話をいくつか。
唯ちゃんのライバルとして設定したオリキャラ「麻羽結維」ちゃんですが、これは新沢先生が奇面組を投稿される前に唯ちゃんの名前として考えていた「はがゆい」からヒントを得て名付けてました。キャラの造形は当時僕がめっちゃ好きだった「こみっくパーティ」の猪名川由宇に多大な影響を受けてます。決して名前ほどキラキラした娘ではないですが、雑草の唯ちゃんから見ると、エリートの結維は眩しかったんじゃないでしょうか。
そして、このお話、第1話の「Girlfriend」ですが、同じタイトルのほぼ同じ内容の話をサイトで原作及びアニメから派生した話をまとめた「Side Stories」に掲載していました。何が違ったかというと、「零くんが葛藤の結果唯ちゃんに『このままここにいてほしい』という返事をする」というところでした。そう、このお話と全く真逆の回答をしています。その結果唯ちゃんはスカウトを断り、残りの学生生活を原作通り過ごして最終回へ進む…という流れへ持って行ってました。こっちのお話でばっさりと切り落とした「もう一つの選択の答え」がこの「ASS Blue Wing -青い鳥を探して-」だったわけです。今はもうサイトを閉鎖してしまったので、実際に零くんがどのように答えたかはサイトを保存してた方しかわからないのですが、また機会があればこそっとPixivにアップしてみたいと思います。

さて、超久々の奇面組二次創作小説旧作のPixivへのアップだったわけですが、今のところおおむね好評をいただいているようなのでほっとしました。表紙イラストはまた余裕のできた時に描いて変更したいと思います。

それでは、また奇面組の旧作アップの時にもお会いしましょう。
まだ結構な数残ってるからね(笑)
スポンサーサイト

新作艦これ二次創作小説「雨が上がるその時に」完結!

2016年07月14日 00:06

関西では梅雨らしい梅雨が続いてますがいかがお過ごしでしょうか。こんばんは、忍恭弥です。

四月末に艦これ二次創作小説の前作「バニラ湾沖の雨と風」が完結したんですが、三ヶ月近く経って、次回作となる「雨が上がるその時に」が完結したので、お知らせがてら宣伝に再び登場です。

「雨が上がるその時に(完全版) 【艦これ 時雨と提督】」/「忍恭弥」の小説 [pixiv] http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=7011785

今回のお話は、前作となる「バニラ湾沖の雨と風」のエンディング時点から二ヶ月後の年末年始となってます。前作の最後で佐々木大佐の代わりに佐世保の司令官となった荻野大佐と、その筆頭秘書艦として指名された時雨のほんの少しだけ甘いラブコメです。ラブコメと言っても、あんまり甘い描写はなくて、時雨がいかにして荻野に惹かれていったかを、白露型がわちゃわちゃしている年末年始と絡めて楽しく書こうという企画でした。すっげー楽しかったよ!(俺得)
「バニラ湾沖の雨と風」のネタばらしもあったりで、前作読んでくださった方向けの表現も多いと思うのですが、読んでなくても行ける…かな? 僕のは基本的に全部同一世界観の続き物なので、「リインカネーション」「第二艦隊の一番長い日」「由良轟沈」「バニラ湾沖の雨と風」「雨が上がるその時に」と読んでもらえると、時系列順になるのでこの世界観の流れがわかるかと思います。第二艦隊以外は全部四万字越えなので、読みごたえもあるかと(^^;)

さて、次回作ですが、既に「マーマレードのそのあとで(仮題)」という時雨と提督の続きの話がほぼ完成してます。時系列は今回の話のほぼ一ヶ月半後になる「礼号作戦」に引っかけたお話になります。他にもまだ書きかけで止まってる「第二次SN作戦」での天龍と熊野の話とか、世界観違う鎮守府での熊野のケッコンカッコカリの話とかもあるんですが、これはまあできたらその内に。

さて、最後に読んでくれてる人にはたぶんどうでもいいと思う近況です。
ようやくAndroid版の抽選に二回目で当たって、ドルフィンブラウザ+Flashプレーヤーでの運用から離脱したんですが、Android版便利すぎてもうPCで全然艦これやってません(笑) 捗るわーって秋雲先生のように唸ってます。あと先日実装された先制爆雷に五十鈴以外にウチの由良さんと夕張も参加可能な対潜値だったので、由良さん三艦引き連れて1-5-1でレベリングしてます(笑) 捗るわー(笑) 随伴艦は赤疲労待ったなしですが、レベル低いままだった潜水艦引き連れて行ってます。由良さん一人キラキラしてるので、実際オリョクルより酷いよ(笑) それ以外にも前回以降だと睦月、如月、隼鷹、足柄、神通、朝潮が改二になりました。朝潮は初期の頃からいて思い入れのある艦の一人だったので結構改二嬉しかったですよ。春イベでも親潮、春風、神風、アイオワも手に入ったし、ローマと沖波が掘れなかったこと除くと大成果でした(丙提督なので装備はしょぼいですが…)。
夏イベももうすぐですねー。資材も溜まってきた(油22万、弾とボーキ20万、鉄カンスト、バケツ1200)ので、そろそろ任務クリアに向けて動こうかなと思ってます。航空戦力の拡充って運営さんが言ってたので、飛龍に烈風作ってもらおうとしてます。前回の基地航空隊では烈風より零戦52型601空のが基地航空隊にはいいと思ったのですけどね…。まだ鶴姉妹もレベル足りてるのに改二になってないし、岩本隊も持ってないし、ゆっくりとこちらも進めていこうと思ってます。次の改二は初霜と那珂チャン狙いです。

それではまた、です。

新作艦これ二次創作小説完結

2016年04月27日 09:59

もう四月も半ばですね。GW商戦の準備に追われてる忍恭弥です。こんばんは、いえ、おはようございます。

二週間前から艦これ二次創作小説をPixivで毎日投稿していたのですが、今朝最終話の第十四回(完全版)を投稿できたので、宣伝がてら久々にブログなど書いてます。

今回のお話は前作「由良轟沈」より一年とちょっと経ち、MI/AL作戦のあと新規開設された「佐世保鎮守府」です。
第二次SN作戦で新規加入した改白露型駆逐艦の「江風」が姉の「時雨」を提督の魔手から救い出そうと奮戦するシリアスなお話です。
というか、僕の艦これ二次創作小説、今までコメディタッチなのなかったんですが、今回もがっつりシリアスです。

「バニラ湾沖の雨と風 【艦これ 江風 時雨 川内】」/「忍恭弥」の小説 [pixiv] http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=6708892

モチーフは15年秋イベの「突入! 海上輸送作戦」のE-5、バニラ湾沖「乗り越えろ!バニラ湾夜戦!」です。

同時進行で書いてるのが同じソロモン海での作戦な「第二次SN作戦」だったので、結構ごっちゃになりながらGoogleMAPで地図を調べつつ、ノット/km/h換算シートを作ったりして実際の時間を計算したりしつつ、書いてみました。

うちの艦娘設定は不老ではあるが不死ではない、対人に関しては普通の少し鍛えた女性並みの力しかないというのがあるので、提督と対決するのは深海棲艦を相手にするより難しくなるという感じです。

とまあ、「由良轟沈」でちょろっと顔見せした佐々木大佐はこれにて退場です。風間少将が「由良轟沈」の改変で生き延びたのとは対照的(笑) 今後は新たに登場した荻野大佐と顔見せ登場の大沢中佐が提督として物語を引っ張っていってくれること…でしょう(笑)

で、前回「由良轟沈」を書いてて由良にころっとやられてしまったわけですが、今回も時雨沼にどっぷりと落ちちゃいました。タニベ艦の沼は深い。基本陽炎型提督なんですが、白露型の一体感も書いてて楽しいので、今後は荻野と時雨の関係を中心に外伝的に佐世保の話も進めていけたらなと思います。江風も動かしやすくて楽しいよ。

さて、どうでもいい近況ですが、艦これは春イベに向けて備蓄&改二駆逐増産に向けてレベリングに励んでます。駆逐の改二は時雨、夕立、江風、暁しかいないので、今睦月と如月をとりあえず改二にして大発要員を増やそうかなと。同時にまったりと隼鷹も改二目指して進んでます。そうそう、やっと特二式内火艇手に入りました。アブゥくらいしか載せられる実戦レベルの艦いないけど。
あとはボカロで艦これ替え歌作って遊んでます。公開できるレベルにないのでまだまだですが、V4Xの使い勝手の良さに今更ながらびっくりしてます。act.2搭載してー!ってV4X出る前に言ってたけど、クロスシンセスで近い状態にはできますね。むしろ滑舌とか考えると明らかにいいです。
次回作も構想とか執筆中とか。第二次SN作戦での天龍と熊野の話、熊野のケッコンカッッコカリの二本が書き出してるお話です。あと構想中がキス島撤退作戦と、荻野と時雨の話数本。いつかお見せできることができたらいいですね。

さて、それではまた、です。


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。