FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新年&艦これ二次創作小説新作他

2016年01月03日 23:38

2016年、明けましておめでとうございます。忍恭弥です。

また半年空いてしまいましたが、転勤で通勤時間が往復4時間になってしまって、色々と時間が取りにくくなってきてしましました(^^;)

創作活動はボチボチですが、見捨てないで見てやってくれれば嬉しいです。


さて、二次創作小説の方ですが、ずーっと宣伝を忘れてたので、宣伝します。

まず、奇面組関連ですが、サイト掲載だった「奇跡を願う夜」「証」「Fraternal twins」の三本と、同人誌として発行した「Tomorrow Made New」「笑顔がいちばん!」の二冊分をアップしていました。「奇跡を願う夜」「証」「笑顔がいちばん!」の三作は表紙絵も新たに描き起こしてるので是非見てやってください。ここまでの投稿で、同人誌として発行したものは全て投稿し終わりました。後はどうしていくか、ゆっくり考えていきたいと思います。

「奇跡を願う夜 【奇面組 零唯】」/「忍恭弥」の小説 [pixiv] http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=3196815

「Tomorrow Made New 【奇面組 零唯】」/「忍恭弥」の小説 [pixiv] http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=3257207

「証 【奇面組 潔→唯】」/「忍恭弥」の小説 [pixiv] http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=3449138

「笑顔がいちばん! 【奇面組 零唯】」/「忍恭弥」の小説 [pixiv] http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=3910244

「Fraternal twins 【奇面組 鳥雄→唯】」/「忍恭弥」の小説 [pixiv] http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=4071282


続いて艦これ関係ですが、去年の四月に、二作目となる「リインカネーション-再会-」を投稿していました。
こちらのお話は、その前に投稿していた「第二艦隊の一番長い日」より時間軸はずっと前で、まだ鎮守府ができてそんなに経ってない頃(イメージでは1-3~1-4、2-1あたり)の響と暁が着任するときの話です。軽巡と駆逐艦しかいない初期の鎮守府でのちょっとシリアス寄りのお話をお楽しみいただければ。表紙はMMDでモデルを配置して、Photoshopで加工するという手を使わせていただいてます。モデルマスターの536さん、本当に素晴らしいモデルをありがとうございました。

「リインカネーション~再会~【艦これ 響 第六駆逐隊】」/「忍恭弥」の小説 [pixiv] http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=5208353


そして、昨日投稿したのが、艦これ第三作目となる「由良轟沈」です。
タイトルの通り、由良が轟沈する話です。
実際にAL作戦で由良を轟沈させてしまってるので、一周忌目処に書き始めてたんですが、なんか年変わってしまって、一年半経ってしまってます(^^;) 冒頭では同じように15年冬イベで轟沈した雪風も沈んでるので、二隻まとめて供養です。タイトル通りかなりシリアスよりの内容なので、アニメの第三話が駄目だった人には辛いかもです(^^;)
時間軸は「第二艦隊の一番長い日」のかなり後になります。
一作目から登場してる女性提督の名前をやっと出せたので、それに伴ってシリーズ名を「木村鎮守府シリーズ」としました。
今後の艦これ二次創作はこの「木村鎮守府シリーズ」(シリアスより)と「パラオ泊地のあれやこれ(仮称)」(プレイ小説・日常系?)とに分けて行こうかと思ってます。漫画描けないので少しでも文字で楽しんでもらえたらなとおもいつつ。

「由良轟沈 【艦これ 由良】」/「忍恭弥」の小説 [pixiv] http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=6239513

艦これと言えばタイトルに使われてる艦影のシルエット(ブラウザ版「長門」、アニメ「大和」、アーケード版「伊勢(航空戦艦改造後)」、vita版「翔鶴と秋月」)なので、今回アメリカ側の資料から長良型の側面図をトレースして艦影シルエット作ってみました。思いっきり縮小する予定だったので結構荒いんですが、やっぱり縮小するとそれなりに見えたり。こういうのも楽しいですね。

「由良轟沈」表紙


それ以外ではようやく鏡音V4Xのインストールが終わったので、色々と歌わせてみたいなと思っていたり。

とにかく少ない時間を上手くやりくりしていきたいと思います。
スポンサーサイト

pixivに新作レンリン小説アップ!

2013年05月21日 22:34

急に気温が上がったので体温調節が上手くいかず、連日脱水と喘息に苦しめられてる忍恭弥です。こんばんは。

昨日、pixivに「箱庭のVOCALOID」シリーズ第三話「未来への扉」をアップしました!
130521_1.jpg
未来への扉 【VOCALOID レン×リン】 | 忍恭弥 http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=2366520

第二話が赤いタグ付きのちょっとあれな内容だったので告知しなかったんですが、その続きのお話です。
春になって学年が本来なら上がるはずなのに、また中学二年生を繰り返すことになったレンくんは…てな内容ですが。
上の絵がタイトルイラストなんで、リンちゃんの左手見ていただいたら、それだけでだいたいの内容理解できるかと(^^;)

物語に伏線張るのが大の苦手な僕ですが、今回既に最終話の原稿が上がってることもあって、何カ所かに伏線張っておきました。全部一応回収できてるはずなんですが、それは最終話ができあがってからのお楽しみってコトで。

イラストも最近はCLIP STUDIO PAINTのおかげでなんとか以前より自画自賛できるものが増えて嬉しい限りなんですが、この絵もちょと首長かったかなとか思ったり色々と修行が足りませんね(^^;)

とにかく、次の第四話鋭意執筆中ですので、来月中くらいにはお目にかかれるかなと思ってます。

…体力が続けばですけどね(^^;)

常磐色に染まる道を追加しました!

2012年02月25日 22:15

弟にDVD-Rでデータを渡そうと思って焼いていったら、弟のPCにはDVDドライブがついてなかった忍恭弥です。

こんばんは。


というわけで、サイトの更新情報ですよ。


青空文庫形式図書館に、「ましろ色シンフォニー二次創作小説の「常磐色に染まる道」を追加しました。

前作の「桜色の未来へ」から2週間ほど後の、桜乃の誕生日周辺の話です。ヌルくイチャイチャしてます。
それだけの話です。次作への前振りも入ってますけど。

で、この作品からzip形式での圧縮ファイルでの公開になってます。
本文以外にも、「まえがき」と「あとがき」がセットになってます。
「まえがき」は作品の前提をつらつらと、「あとがき」はあとがきのようなものがつらつらと書いてあります。

DLして専用ソフトで読んでくださいねー。

ついでに前作もzip形式に変更しました(笑)

さらに、「えー、DLするのめんどいし、専用ソフト入れるのもっとめんどいー!」という方のために、Pixivにも同じもの投稿しました!

Pixiv版はこちら→「常磐色に染まる道」pixiv版

「桜色の未来へ」は、効果を狙ってまだ先でアップするつもりです。
順番変えた方がおもしろそうなんで(笑)

さてさて、二次創作小説、次作も瓜生兄妹のお話になりそうです。
(書きかけのレンリンはもう少しかかりそうですよ(^^;)

創作小説も、「いま、この瞬間から…」の17話ができてるのにアップしてなかったりしてますけど(^^;)

そんな中、「いま、この…」の続編の構想もう考えてたりね。
「いま、この…」もヒロイン4人いるから、それぞれのエンディングをルート分けして書いたら楽しいかな。とか。
既に18話にはもう取りかかってるしね。そろそろ作中時間で2学期も半ば過ぎるし、いよいよ佳境に向かってエンジン回していかないと、な感じになっていくはずだし。

やりたいことはてんこ盛りですが、体調崩した直後なので、他の活動に影響でない程度に頑張ります。

春はもうすぐそこ。

陽気に誘われて妖気になっていきますか。

港坂製作所、再開しました。

2012年02月14日 23:53

2011年1月29日をもって、一旦閉鎖しておりました創作系サイト「港坂製作所」がこの2012年2月14日から再開することになりました。

サイトの作りは基本的に以前とほとんど変わりません。

コンテンツの拡充はのんびりとやっていきたいと思います。


今回の再開の目的は、現在二時創作小説および創作小説を作る際に、必ず作っている「青空文庫対応形式テキストファイル」があるのですが、それを配布してみようという試みのためです。

青空文庫形式というのは、有志の方々が90年代から取り組まれて策定された「著作権の切れた往年の名作をPCでも縦書きで本の読めるようにする」規格のことです。
青空文庫では、日々往年の名作がこの形式でファイルとして作成され、誰でもこの形式が読めるソフトさえあれば読むことができるようになっています。

そんな「縦書きをPCで読む」規格を、「小説は縦書きで読みたい」という僕自身の書いた創作・二次創作小説に当てはめて、主にスマートフォンで電子書籍として持ち歩いていました。

データは元のファイルにタグを埋め込んだだけのテキストファイルなので、ものは軽いし、PCでは「AIR草紙」という素晴らしいソフトもあるので、市販本と同じ様な構成・感覚で読むことができます。

今まではサイトでhtmlでページを書いて閲覧して頂いていたのですが、スマートフォンなんて便利なものもあって、そっちでもそこそここの形式に対応しているアプリもあるので、公開してみようかな、ついでも電子書籍として持ち歩いてもらえたら嬉しいな、ということで始めてみました。


まずは、二次創作小説最新作の「ましろ色シンフォニー *mutsu-no-hana」から「桜色の未来へ」を公開します。
元が原稿用紙100枚分あるので、そこそこ読み応えもあるんじゃないかな…と思いながら。
あ、これはサイトにも書きましたがコンシューマ版桜乃ルートのエンディング(12月26日)より後の話です。コンシューマ版桜乃ルートをクリアしてない方は全く置いてけぼりな内容になっていますのでご注意。PC版桜乃ルートとも設定が違うと思います(あくまでコンシューマ版対応です)。なので、PC版の後話であるドラマCDとも時間軸は近いですが、全く関連してません。アニメもです。コミックもです。そんな感じです。

今後は、この「ましろ色シンフォニー 新桜」が後1本控えていて、過去に出版した同人誌からギロ夏の「Fool On The Planet」、VOCALOIDからレンリンの「Dear…遠くの君へ」をアップする予定でいます。
その後も、主に過去に執筆したものを中心に、縦書きの青空文庫形式に改訂できたものから順次アップしていく予定です。

更新は亀状態になると思いますが、復活した港坂製作所、またよろしくお願いいたします。

「電脳工房港坂」更新終了のお知らせ

2010年08月31日 01:02

こんばんは、志総たかやです。
2003年8月31日からスタートした「奇面組かきちらし」をベースに発展&合併を繰り返してきました「電脳工房港坂」ですが、このたび「港坂製作所」として、再出発することになりました。

この再出発にあたり、今まで長らく「電脳工房港坂」のメインコンテンツでありました「奇面組かきちらし」の更新終了及び、「奇面組かきちらし」とケロロ軍曹ギロ夏二次創作ページ「H.E.D.F.」の分離を行いました。「H.E.D.F.」は既報の通り、時期をみてコンテンツの削除を行います。

また、これを持ちまして、まだ在庫はありますが奇面組の小説同人誌「メビウスの恋人」&「新装版メビウスの恋人」の通信販売を終了いたします。


これからは、インターネット上の本棚として気が向いた時にでも読みに来てくだされば幸いです。


7年間、「奇面組かきちらし」を、短い間ですが「H.E.D.F.」をご愛顧いただき、本当にありがとうございました。


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。