唐突に我が家のメダカの話

2018年05月02日 22:12

超超お久しぶりです、忍恭弥です。こんばんは。

昨年8月に事業所閉鎖のあおりを食って転職してからものごっつ忙しなって創作活動も停滞気味、提督業も停滞気味と仕事漬けの毎日を送りつつ、メダカの世話に勤しんでいます。

去年まで我が家の動物はほぼ金魚オンリーの家だったのですが、昨年のカミさんの誕生日に馴染みのケーキ屋さんからメダカの成体2匹と稚魚(いわゆる針子)2匹をいただいて、メダカの育成も始めました。
成体2匹は東京遠征で家を空けた間に死んでしまい、針子1匹も一月以内に死んでしまったのですが、針子の1匹がしぶとく生き残り、その後黒メダカ3匹を追加し、その追加した雌が卵を産んだことから、本格的にメダカの育成にハマっちゃいました(^^;)

とりあえず今日時点の我が家の水槽の様子です。

メンバーは黒メダカ1匹、小川ブラック2匹、楊貴妃2匹、青メダカ3匹、白メダカ1匹の計9匹です。
で、メンバー紹介など。

黒メダカ(オス)…去年の10月頃にホームセンターのペット売り場からやってきた3匹の内の生き残り。現在育成中の2世の父親であるため「お父さん」と呼ばれている。4月頭に連れ合いの「お母さん」が亡くなってから暴君化し、水槽のヒエラルキーの頂点に立つ。水槽の中で一番大きく、メスかと間違うくらいぽっちゃり体型。だが素早く攻撃的。種類としては日本の川なら昔はどこでもいたと言われる種類。昔の人はメダカというとヒメダカ(よく餌などに使われるペットショプで見かける薄い山吹色した標準的なメダカ)よりこっちの色を連想するみたい。

青メダカ(メス)その1…昨年7月に馴染みのケーキ屋さんから針子の状態でやってきた2匹の内の生き残り。大きくなった今でも「おちび」と呼ばれている。現在毎日のように産卵する次世代メーカーと化している。結構おっとり目の性格。青メダカが追加で来るまでずっと白メダカだと思っていた(^^;) 少し青みががったいかにも川魚っぽい色。尻尾の方にラメがある個体。

小川ブラック(オス)
…3月頃にホームセンターのペット売り場からやってきた待望の真っ黒メダカ。現在水槽のヒエラルキー最下層に位置するかわいそうな子。ペアの小川ブラックメスにほとんど近寄らせてもらえず、餌さえもロクに食べられないくらい「お父さん」に追い回されているだけでなく、新入りの白メダカオスにも青メダカオスにも追い回されてる状態。来た時は秋刀魚のように細かったけどやっと太ってきた。これからに期待。

小川ブラック(メス)
…オスと一緒に3月頃にホームセンターのペット売り場からやってきた子。ペット売り場の水槽で卵を抱えてたので即決。その卵は無精卵で全滅したけど、今は「おちび」に次ぐ次世代メーカー。週に2回くらい産卵してる。オスよりも体色が薄くちょっと黒メダカっぽい。「おちび」よりはちょっと気が強いかも。

楊貴妃(オス)
…4月29日にホームセンターのペット売り場でGW価格になっていたため即決。小川ブラック(オス)よりもさらに細くて秋刀魚っぽく、背びれも胸びれも畳んだまま泳ぐ変わった子というかちょっと心配な子。ヒメダカよりも濃い山吹色してるのが特徴。

楊貴妃(メス)…4月29日にホームセンターのペット売り場でオスと一緒に即決した子。オスよりもちょっと体色が薄く、ぱっと見ヒメダカかと思うくらい。まだ細くて産卵できるほどじゃないので、今は育成中。今後に期待。頭いいのか僕の姿が見えると餌がもらえると思って次の日には寄ってくるようになった。

白メダカ(オス)…今日新在家のペットショップからやってきた子。GW価格で黒メダカより安くなっていた(^^;) 「おちび」が白メダカだと思っていたので、そのお婿さんにと買ってきたら、まさかの「おちび」の種類を間違えていて、結局「お父さん」と同じく同色ペアがいない子に(^^;) 全体的に白に肉の赤みが差してる子。まだ細いのでこれからに期待。

青メダカ(オス)…今日新在家のペットショップからやってきた子。こっちもGW価格で黒メダカより安くなっていた(^^;) すでに小川ブラック(オス)を追い回しに行ってるなかなかしたたかな子。この子もまだ細く、餌食って大きくなれよーと生暖かい目で見ることにする。この子も背中にラメ有り。

青メダカ(メス)その2…今日新在家のペットショップからやってきた子。この子も青めだか(オス)のペアとして買った。しかし「おちび」が青メダカだったために今後区別がつかなくなる可能性も(^^;) まだ細いので今はしっかり見分けがつくし、産卵できる体型じゃないので今後に期待。全部の中で一番ラメが多い子。色も「おちび」よりは暗い体色なので今後も見分けつくかなあ。

ミナミヌマエビ…水槽の掃除屋さん。メダカの卵を食べてるかもという疑惑の主。たまにメダカを攻撃し、メダカに攻撃されてる(^^;)

石巻貝…水槽の壁面の掃除屋さん。2匹いるけど1匹動かなくなった…。

それ以外にも去年11月に「お母さん」が産んだ卵が9個孵って、その内2匹が生き延びて別水槽で育成中。「お父さん」と「お母さん」子供でオスとメス1匹ずつ。産卵された時期は多分2週間くらい違う。メスが「お父さん」の半分くらいの大きさになってきたから、そろそろ大水槽デビューかなと思ってます。

さらに、この4月から「おちび」と小川ブラック(メス)の卵も9匹が孵って別の水槽で育成中。1~2匹は無事に生き延びてほしいなあ。動画の中でも「おちび」は卵抱えたまま泳いでるから、それも採取できればいいんだけど。父親は「お父さん」の可能性が高い。針子の状態でも真っ黒な子と白い子に別れてるからどうなるか楽しみです。

ちなみに採取した卵は水道水を入れた小さなガラスの灰皿で孵るまで放置。水道水は水カビ対策で、ほっとくと塩素抜けるので孵りそうになる前はちゃんと塩素抜きした水を追加して針子対策。灰皿はシャーレの代わりにダイソーで買ったものを未使用のまま洗って使ってます(タバコ吸わないのに灰皿があってメダカの卵入ってる(笑)
孵った針子は2日経ったら計量スプーンですくって針子用の別の水槽に移して育成という感じで今は進行中です。
去年の冬に針子が死にまくって色々対策考えた結果、卵、針子、ちょっと大きくなった子、親たちはそれぞれ別々の水槽で飼育して、卵と針子は水深浅めがいいかなと。針子も3日目からは稚魚用の餌を乳鉢ですりつぶして細かい粉にして与える感じにしてます。現状針子の水槽の水質悪化に旨く対応できてないからそこどうするかが今後の課題ですね。

そんなこんなのメダカ育成でした。

二次創作はホントにボチボチとだけすすんでます。
艦これ二次創作小説時雨着任辺「遠雷の雨音」がやっと半分くらいかけたのかなあ。いつになるかわかりませんが、書き上がったらいつもの通りpixivに上げますね。

ではではー。

奇面組二次創作小説旧作、「ASS Blue Wing -青い鳥を探して-」アップ!

2017年08月04日 23:17

今日は午後から土砂降りの大雨でしたねー。そのあとが蒸し暑くて大変でしたが皆様いかがお過ごしでしょうか。忍恭弥です、こんばんは。

さてさて、昨日の艦これ二次創作小説【時雨と提督】の「飴色の進水日」の記事に続いて、同じ日にもう一個Pixivに投稿した奇面組二次創作小説旧作の「ASS Blue Wing -青い鳥を探して-」について、あとがき的なものを書いてみようと思います。

「ASS Blue Wing-青い鳥を探して-  【奇面組 零唯】」/「忍恭弥」の小説 [pixiv] https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=8489880

この奇面組二次創作小説「ASS Blue Wing -青い鳥を探して-」は、2015年6月1日で完全閉鎖した僕の二次創作サイト、「電脳工房港坂」の奇面組エリアに掲載されていたものです。元々は2003年から2004年にかけて書いたものに、2008年に「ニックネーム」、「ここにいるよ」、「ただいま」、「歩いていこう」の四本を書き足し他話も加筆、外伝として書いていた「夜を照らす光の下で」を本編に編入する形で完成していたものでした。
タイトルの「ASS」もAnother Serial Stories」の省略形で、大幅なif展開をやっているものにはすべてつけていたものです(すでにPixivには投稿済みの「またきみに会うために」と「Fraternal twins」もASSとして展開していたものでした)。そのため、物語は完全に僕の趣味に走ったものになっており、複数のオリキャラが登場するなどしてますが、名前を奇面組の法則に合わせるなどして、なるべく違和感ないように…と思ってました。
この「Blue Wing -青い鳥を探して-」はキャプションにも書きましたが、もし唯ちゃんがVリーグ(現在はバレーボールプレミアムリーグと名前を変えてます)の選手になったら?というifを盛大に展開したものですが、その前に書いていた「Serial Stories」という零唯大河作品でも零くんの修業先に大阪を選んでた(同じ修業先を使ってます(笑)のと、時代を執筆当時に合わせるということをするためにできるだけリアルに知ってるとこを舞台にしようと考えて神戸を使ってます。
唯ちゃんの所属していた「オーサカ・ブルーウィングス」は実在した「ダイエー・オレンジアタッカーズ」をモデルにしていました。オレンジアタッカーズは解散して塩野義製薬のチームに吸収された形になったようなのですが、その辺も最終の解散話のモデルにしています。話を思いついたのはいいのですが、僕はバレーボールに詳しくなくて、同じ関西の西宮を練習拠点にしていた当時の「JTマーヴェラス」の情報を調べまくってブルーウィングスの下地に敷いてました。この時期だけ妙に女子バレーに詳しくなってましたよ。
2008年の加筆の際に、もう少し長くなる予定だったのですが、書き切る余裕がなくなってしまい、三話分くらい少なくなってます。唯ちゃんの用具係時代をもう少し掘り下げたかったのですが、叶わないまま終わってしまいました。合同バレーボール教室のあと、一緒になった男子チームの選手にアプローチを受ける話は書きたかったなーと思いつつ、もう10年近く前なので今回も加筆しないことにしました。

これを書いてる当時の僕はまだ30代で、40代になった今から見ると「ホントにこれで良かったのかなあ…」と思いながらも、この作品がものすごく好きだったと言ってくださった方がいたので、今回完全にサイト閉鎖時そのままの状態で投稿しています。ifであることを理由に、いろいろ読んだ方も思うところはあるだろうけど、まあこんな話があってもいいよね…と思っていただけると幸いです。

さて、最後に裏話をいくつか。
唯ちゃんのライバルとして設定したオリキャラ「麻羽結維」ちゃんですが、これは新沢先生が奇面組を投稿される前に唯ちゃんの名前として考えていた「はがゆい」からヒントを得て名付けてました。キャラの造形は当時僕がめっちゃ好きだった「こみっくパーティ」の猪名川由宇に多大な影響を受けてます。決して名前ほどキラキラした娘ではないですが、雑草の唯ちゃんから見ると、エリートの結維は眩しかったんじゃないでしょうか。
そして、このお話、第1話の「Girlfriend」ですが、同じタイトルのほぼ同じ内容の話をサイトで原作及びアニメから派生した話をまとめた「Side Stories」に掲載していました。何が違ったかというと、「零くんが葛藤の結果唯ちゃんに『このままここにいてほしい』という返事をする」というところでした。そう、このお話と全く真逆の回答をしています。その結果唯ちゃんはスカウトを断り、残りの学生生活を原作通り過ごして最終回へ進む…という流れへ持って行ってました。こっちのお話でばっさりと切り落とした「もう一つの選択の答え」がこの「ASS Blue Wing -青い鳥を探して-」だったわけです。今はもうサイトを閉鎖してしまったので、実際に零くんがどのように答えたかはサイトを保存してた方しかわからないのですが、また機会があればこそっとPixivにアップしてみたいと思います。

さて、超久々の奇面組二次創作小説旧作のPixivへのアップだったわけですが、今のところおおむね好評をいただいているようなのでほっとしました。表紙イラストはまた余裕のできた時に描いて変更したいと思います。

それでは、また奇面組の旧作アップの時にもお会いしましょう。
まだ結構な数残ってるからね(笑)

新作艦これ二次小説「飴色の進水日」完結!他

2017年08月04日 00:22

梅雨が終わってからの方が雨が多い気がする神戸ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか、忍恭弥です、こんばんは。

艦これ二次創作小説で前回のブログから二本ほど投稿したので、あとがき代わりの更新情報など。

まず一本目は第二次SN作戦時の天龍と熊野の物語、「南海の雲と飛べない龍」です。

「南海の雲と飛べない龍 【艦これ 天龍と熊野】」/「忍恭弥」の小説 [pixiv] https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=8071769

ずいぶん前にハーメルンの方へ投稿していたのですが、そこから少し加筆しての投稿となっています。
このお話、以前どなたかのブログかTwitterの投稿で、「最上型は四人ともお嬢様だよねー」と言うのを見かけて激しく同意したあと、「じゃあ天龍とは相性悪くね?」となり、実際に僕が第二次SN作戦のE1でお札対策から天龍と熊野を一緒に出撃させたことから、このお話はできてます。ウチの天龍は駆逐艦には非常に優しい反面、同級や上位艦には悪態つくので、プライドの高い熊野とは絶対ソリが合わんだろうなあ…と思っていたのと、実は天龍と龍田とのコンビネーションが軽巡最強であるというのを書きたかったので書きました。駆逐棲姫をほぼ瞬殺してますが、いくら強化型だったとはいえ、川内改二、最上改、響改、江風改二、夕立改二、時雨改二の艦隊が後に幌筵沖で超苦戦してるので、近接戦闘での天龍龍田の強さは表現できたのかなと思ってたり。悪態はつくけど実は物わかりは良くて、ずっと電旗艦の艦隊を支えてきた駆逐艦のお姉さんにちょっとスポットを当ててみたかったのでした。このお話で仲良くなった天龍と熊野、またどこかでコンビ組ませてやれたらなと思ってます。

そして二本目、時雨の進水日&ケッコンカッコカリ記念に書いた【時雨と提督番外編】「飴色の進水日」です。

「飴色の進水日(完全版) 【艦これ 時雨と提督番外編】」/「忍恭弥」の小説 [pixiv] https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=8489023

こちらは2017年5月18日(時雨の82回目の進水日)に合わせて書いてたんですが、私事がばたばたして結局投稿したのが昨日というぐだぐだぶりです(^^;) その間にゲームの方ではようやく時雨とケッコンカッコカリも済ませ、戦力増強!と言ったところですが、時雨はケッコン後耐久が4nになってしまうので地味に中大破しやすくなってるんですよね…。そんなことで少し遠い目をしながら、ずっと前から考えてた「時雨と提督の温泉デート」を気の向くまま思いの向くまま書きました! 温泉宿に突っ込んで、戦闘もやって、ラブホにも突っ込んだので非常に満足しています(笑) もうこんなはっちゃけた【時雨と提督】はないだろうなあ…と思います。
 今回のお話が番外編なのは、その前の「絆と証」から作品時間がほぼ1年経ってるからです。その間に時雨と提督にとって重要な「キス島撤退作戦」があり、その話を書かないと全部の内容がわからない状態になってるからでした。そうして「キス島撤退作戦」の話を書くには電と時雨の関係も掘り下げとかないと書けないので、次のお話は時雨着任編になる予定です。そうして本編が追いついたら、その時は「番外編」を取ってナンバリングしようかと思います。

今回も「飴色の進水日」はロゴ抜きイラスト投稿してます。内容が内容なので、ちょっときわどい系です(笑)


そして、時雨に続いて響も設定イラスト投稿してました。


設定イラストは描けたらまた投稿していきたいと思います。

さて、ここからはどうでもいい近況です。
春イベは攻略中にドロップした神威以外、泥艦全部取り逃しました(^^;) 海防艦手に入らなかったよー。伊13も伊26もRomaもダメでした…。夏イベではちょっとは挽回したい! なんかいろいろ盛ってくれてるらしいから!
そしてようやく白露型が全員Lv50以上になりました! 次は遠征要員で頑張ってくれてた文月(Lv55)を改二に使用と頑張ってます! 由良と熊野も改二にできました! 由良は使い勝手が難しくなったけど、1-6の旗艦が一番合いそうだし、イベントの輸送作戦旗艦として頑張ってくれそうです。水戦好きだから載るようになって嬉しいな!
それでは、また。

新作艦これ二次創作小説「絆と証」完結!

2017年04月04日 22:28

もう四月なのに裏山に雪が積もったり桜がまたほとんど咲いてなかったりしてる摩耶や熊野の故郷からこんばんは、忍恭弥です。

もはや更新情報しか投稿してないですが、今回も更新情報です(^^;)

少し前になりますが、3月25日に艦これ二次創作小説の木村鎮守府編、時雨と提督シリーズの第五弾、「絆と証」の完全版を投稿しました。このお話をもって、時雨と提督シリーズは第一部完結となります。

「絆と証(完全版) 【艦これ 時雨と提督5】」/「忍恭弥」の小説 [pixiv] http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=7976877

今回のお話はぶっちゃけ「ケッコンカッコカリ」がテーマとなってます。前回の「スノウ・ハレーション」で時雨は限界を超えるために自分の中にある闇の扉を開いてしまったのですが、実は限界を超える方法はもう一つあって、そのために軍も時雨の提督である荻野も動いた…と言う感じになってます。あと、駆逐棲鬼と融合したあと助け出された春雨も、今回キーパーソンとなってます。やっと、時雨は壁の向こうにいた姉妹間のところへ帰っていきます。
雨と陽だまりの故郷」で佐世保弁にチャレンジした関西人の僕ですが、今回浦風を登場させるに当たって、広島弁にチャレンジしてみました。ところが調べていく過程でカミさんの実家でよく使われてる単語がちらほらと出てきて、「ああ、これって広島弁だったんだ…」と驚いた始末です(義母のご両親の出身地は広島なので、広島弁が知らないうちに残ってたようです)。前から一度登場させたかった鹿島も登場させられて満足でした(笑)

さて、次回…というか、次のお話ですが、投稿予定なのは時間軸はかなり戻って、反目する天龍と熊野が第二次SN作戦で同じ艦隊に配属される「南海の雲と飛べない龍」の予定です。第二次SN作戦は江風、海風、鹿島が加入する戦いなので、「バニラ湾沖の雨と風」よりも前のお話になります。すでにハーメルンの方では先行公開していたのですが、一部改変しての投稿になります。表紙絵が描け次第、四話分を一括投稿する予定です。
それと平行しつつ、第一部が終わった時雨と提督のお話ですが、こちらもインターバルとして始まりの頃の「時雨着任編」を書き出してます。この話を挟んで、第二部の開幕となる「キス島撤退作戦編」へとつなげていく予定です。もっとも、最近創作に割ける時間がほぼないのでのんびりと待っていてくださると嬉しいです。

そして、今回も表紙からロゴ類を抜いたものをイラストの方へ投稿してます。


さらに、時雨と提督シリーズも一服したので、木村鎮守府編での時雨の設定イラストも投稿しました。
漫画を意識したグレスケのイラストと解説ですが、こちらもよろしければ。設定イラストは今後も司令含めて投稿していきたいと思います。


ではでは、ここからはどうでもいい近況です。
艦これの冬イベ、伊13の掘りに失敗しました…。仕事の合間に80周E4丙回ったんですが、結局出ずじまいです…。伊26と並んでこちらも後日ですね。油と弾が各10万飛んだので、春イベに向けて目下資材回復に勤しんでいるところです。あと4万ほど。その合間に1-5、2-5、1-6をクリアしつつ、白露型全員Lv50以上目指して残ってる涼風、五月雨、村雨を育ててます。涼風が終わればとりあえず二四駆は完了です。
明日はいよいよ鈴谷の改二来ますね! 水上機大好きなので航巡としてモガミンくらい使えるようになってほしいなと思いながら楽しみで仕方ないです!
それでは、また!

新作艦これ二次創作小説「スノウハレーション」完結!

2017年01月03日 22:41

新年明けましておめでとうございます。早速元日、三日と出勤して年末年始のイベントもこなしながらでちょいと疲労が強い忍恭弥です。こんばんは。今年もよろしくお願いいたします。

さて、毎度おなじみ更新情報ですよ。

12月31日未明にpixivに投稿しています艦これ二次創作小説、木村鎮守府編の「時雨と提督シリーズ」第四弾、「スノウハレーション」が完全版投稿で無事完結しました。

「スノウハレーション(完全版) 【艦これ 時雨と提督】」/「忍恭弥」の小説 [pixiv] http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=7642597

今回のお話は16年冬イベ零号作戦のEO海域だった捷四号作戦が舞台です。
幌筵沖で二度にわたって壊滅する輸送艦隊。輸送作戦を成功させるために大湊へ集まった艦娘の中から、春雨の姿が消えた…。
という感じで、久々の戦闘メインというか、時雨がひたすら苦労してるだけのような気もしますが、このシリーズのターニングポイントとなるお話です。
今回テーマとなってるのは、木村鎮守府編としての一本の流れの中で、響着任編である「リインカネーション-再会-」で時雨が響に問いかけた「艦娘はどこから来てどこへ行くのか?」という問題に、一つの結論が出ます。そして、後半天龍の口から、時雨の強さの秘密が語られます。

さて、次回ですが、今回は結構暗いお話だったのではっちゃけたいところですが、しばらく扱ってるテーマが重いので明るく暖かい内容を含みながらも少々重めになります。
ぶっちゃけると、次回は「ケッコンカッコカリ」がテーマの片翼です。もう片翼は前回と同じです(笑)
前回より少しは明るい白露型の面々を見てもらえればなと思ってます。

そして、今回も表紙からロゴ抜いたものをイラストの方へ投稿してます。
こちらも良かったら見てやってください。


さて、ここからはどうでもいい近況ですよ。
仕事は配置換えになって毎日Androidのスマホと格闘する日々を送ってます。新しいZenfoneほしくなりますね。
艦これの方は秋イベも何とかドロップ艦も確保終わって、白露型コンプリートしました。とりあえず時雨、夕立、江風以外の白露型をLv50で揃えようとレベリングに励んでます。サラトガ、アイオワ、ウォースパイト、イタリア、ザラ、ポーラも育てていってますよ。冬任務の1-2で八回連続逸れてボスに到達しないという逆ミラクルが発生して泣きそうでしたが、何とかバルジもらいました。次は紫雲をもらわないとですね。あと五日ほどで山風の掛け軸ももらえなくなってしまうので、頑張らないとです。
あと、5-3があと1回削れば終わりです。ボス到達率50%なので、まあまあいい方じゃないでしょうか。ここでも時雨は活躍してますよ。
それでは、また。


最近の記事